【第39回】ファンタジア文庫放送局 冴えない彼女のハマりかた♭の陣の感想 「勝ったなと某Pが言ったらしい」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

富士見ファンファンタジア文庫の

新刊情報などをメインに扱うこの番組。

 

まあ最近はアニメ化された作品に

出演している声優さんたち呼ぶのが

多くなっている感じですが。

 

そして昨日(6月16日)に放送された

番組は冴えカノ♭の特集。

 

加藤恵を演じる安野希世乃さんと

冴えカノ原作のイラストを手掛ける

深崎暮人先生が

ゲストとして出演されてました。

 

今回はその感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

掴みはガトー恵?

 

番組開始から30分。

ファンタジア文庫の新刊の

紹介コーナーが終わり、

宣伝挟んでいよいよ冴えカノ♭特集です。

 

司会はファンタジア文庫の森井さん。

どっかで見たことあると思ったら、

グランクエスト戦記のニコ生に

柏田Pと一緒に出ていたファンタジア文庫の

お偉いさんだったわ。

 

冴えカノの応援隊長もやっていたのですね。

SAOにおける鷲崎さん的位置付けなのかしら。

 

それはともかく、

早速ゲストの呼び込みが始まりますが

まさか影ナレをここでもするとは。

 

「ニコ生よ、私は帰ってきた」

「って言えば、

これ見ている人達喜ぶって聞いたけど、

あってるのかなぁ」

 

おいおい、

まさかのガンダムネタツッコんできやがった。

 

私が帰ってきたというセリフだけで

ガトーのオマージュだとすぐわかる

ニコ生の視聴者って・・・。

 

ガンダム0083って

F91の公開と同じくらいの年に

発売されたやつやろ。

第1巻にF91の前売り券付いてやつ

買ったような気がする。

あの時は既に現役のアニメオタクだったなぁ。

 

 

リアルタイムでは視聴できない

 

それはいいとして、

影ナレ終えて安野さんが画面に登場。

それに続いて

ぬっ~と、深崎先生も登場です。

そして深崎先生が登場したのと同時に

ニコ生のコメントに松岡さんという書き込みが。

 

確かノゲラジのゲストとして

深崎先生が来て

番組用の写真が公開されたとき、

深崎先生の容貌が松岡さんに似ていると

一時話題になりましたねえ。

 

コメント見て、

深崎先生も

茅野さんにラジオ内で

松岡さんに似ていると言われたと発言。

 

確かそれも聞いたような気がしますわ。

 

声も似てればいいのに

とさらに畳みかける深崎先生ですが、

声似ていたら

松岡さんの商売敵になるじゃん

と見ていて思いました。

 

その後は

司会の森井さんが

冴えカノ2期の感想を

ゲストの2人に振りますが、

 

深崎先生は忙しすぎて

リアルタイムで見れない。

 

安野さんは1人暮らしを始めて

まだテレビを買ってないらしく、

リアルタイムではツイッターの

実況を見ているとか。

 

二人とも

正直ですねぇ。

こんな時は嘘でも

見ていると言う人多いのに。

 

でもここから

Amazonプライムの宣伝に繋げる

安野さん凄いですわ。

 

その後は安野さんが

簡単に冴えカノの内容をご紹介。

でもその原稿の中に書いてあった

ラブコメという言葉に反応する

安野さん。

どうやら安野さん、

冴えカノ≠ラブコメと思っていたようです。

 

最近のシリアスが続く中では

コメディとは思えませんよね。

 

それが終わったところで

市場調査。

ニコ生のアンケート機能を使って

冴えカノの認知度を調べることに。

 

そして結果がこちら。

 

【第39回】ファンタジア文庫放送局 冴えない彼女のハマりかた♭の陣より引用

 

 

ご覧の通り、

初めて知った人が

わずか1.6%。

 

同じような市場調査を毎回やってる

木戸ちゃんが司会の

エロマンガ先生のニコ生では

これの10倍くらいエロマンガ先生を

知らない人がいるのに。

 

やっぱり冴えカノは

アニメで2期やったので

それだけ認知度が高いのでしょうかねえ。

 

この結果の感想を聞かれて

安野さん、

スムーズにGirlsSideに話を持っていき、

宣伝トークを始めます。

安野さんホント上手いですわ。

 

「勝ったな」byアニプレックスの大物プロデューサー

 

そしていよいよ今回のメインコンテンツ。

これまで放送されたエピソードの振り返りです。

 

ここで深崎先生、

コメンタリーのネタがなくなるので

あんまり話したくない様子。

 

どうやら深崎先生と原作の丸戸先生、

♭でも全部のコメンタリーに

出演するみたいです。

第1期の時と同じく。

 

コメンタリーって普通は

声優さんメインで作られますが

 

冴えカノ1期のコメンタリーは

司会に声優さん1人、

ゲストとして声優さん1人、

そしてなぜか深崎先生と

丸戸先生が必ずいるという

編成でしたね。

メインの声優陣が全部呼ばれた12話以外は。

 

そういえば深崎先生は

1期6話のコメンタリーで

松岡さんと茅野さんが

二人きりでアフレコした時の

感想を聞くという

神業を披露していましたね。

 

ファンが知りたかったことを

聞いてくれる深崎先生凄いと

コメンタリー聴いて思ったの

思い出しましたわ。

 

今回も深崎先生、

よろしくお願いします。

 

あとどうして深崎先生と

丸戸先生が毎回コメンタリーに

出るのか

その理由を

深崎先生が言ってました。

 

なんでも

「声優さんと話したいだけ」

「あれに出ると声優さんがちやほやしてくれる」

だそうです。

 

深崎先生、

正直です。

 

さて振り返りの話ですが

やはり話が弾んだのが第8話。

 

まさに神回と呼ぶべきお話でしたね。

深崎先生もあの回のアフレコを

見学していたらしく、

その時のエピソードを話していました。

 

深崎先生はアニプレックスの

エラい某プロデューサーと同じところで

見ていたそうです。

 

そして加藤の泣きの演技を

見た後、

そのエラいプロデューサーが一言、

 

「勝ったな」と。

 

まあこのPの気持もわかりますわ。

あれ聞いたら確かに

勝つの確信しますわw

 

ちなみのこのP、

森井さん曰く、

某キツネのプロデューサーで

深崎先生曰く、

黒い人らしいです。

 

この二つのヒントから

該当する人物考えれば

一人しかいませんよね。

 

今期もう一つ

松岡さんが主人公を演じる

覇権候補の番組を担当し、

そのニコ生に出まくっている

あの人ですよ。

 

あと深崎先生、

8話のアフレコ前に

松岡さんと話して

松岡さんは余裕綽々だったらしいですが、

終わった時は擦り切れたみたいです。

 

さらに

冴えカノの打ち上げで会った時、

松岡さんはあの8話のアフレコが

一番きつかったと言っていたそう。

 

そりゃあ声優さん二人で5時間も

アフレコしたら疲れますよ。

 

 

その後は波乱もなく

終わるかと思ったら、

第10話の振り返りで

安野さん、

まさかのネタバレw

 

安心した時が一番危ないですねぇ。

どんなネタバレだったかは

タイムシフトで見てください。

 

 

終わりに

 

最後は冴えカノ関連商品の宣伝。

来週はいよいよGirlsSide第3巻の発売です。

 

12巻と13巻の間を埋める大事なものの

ようなので

原作ファンは

是非買って読むべきでしょうね。

 

冴えない彼女の育てかた Girls Side 3 (富士見ファンタジア文庫)

これ以外にも加藤の髪型が変わる理由の話とか

抱き枕のデザインの話とか

冴えカノファンなら見逃せない話がいっぱい。

 

ニコ生のプレミアム会員の方は是非

タイムシフトで視聴することをお勧めします。

 

そうでない方で

是非視聴したい方は

プレミアム会員になってください。




まあぶっちゃけ、

これだけなら

無理して会員ならんでも

いいと思いますが。