【アニメ】グラブル11話「ルリアの想い」の感想 「ルリア復活してポンメルンにお仕置きだべ」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

前回ポンメルンの精神攻撃により、

眠りから冷めなくなってしまった

ルリア。

 

ルリアを目覚めさせるために

グランたちは前回知り合った

ロゼッタに導かれて次の島へ。

 

果たしてルリアを

目覚めさせることができるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ルリアの中へ

 

ロゼッタの言に従い、

ルーマシ―にやってきたグラン一行。

 

洞窟のような通路を通って、

島の中心にある大樹のところまで

やってきます。

 

そこでロゼッタの呼びかけで

出て来たのは星晶獣ユドラシル。

 

他の星晶獣と比べて

可愛らしさが前面に出ていて

人気が出そうなビジュアルですわ。

 

 

おまけにロゼッタと嬉しそうに

抱き合った姿で百合好きなお友達も

高評価なことでしょう。

 

さて、

このユグドラシルの力を

使ってルリアの意思気の中に

グランを飛ばして

グランがルリアを説得するというのが

ロゼッタが考えた作戦の内容。

 

つまり成功するかどうかは

グラン次第ということ。

 

他の手段が無い以上、

腹を括るグラン。

 

そんなグランに

イオちゃんは

ビィ君と一緒に修復した

あの髪飾りをグランに渡します。

 

グランの意識だけを飛ばすのだから

髪飾りは持っていけないだろうと

思いましたが

ご都合主義で何とかなるのでしょうね。

 

さて予定通り、

ルリアの意識の中に潜りこんだ

グラン。

 

そこは本棚が並ぶ

海中って感じでしょうか。

そんな中、

すぐにルリアを発見しますが

ルリアはグランの方を向きません。

 

それどころか

今までの悪いことは

すべて自分が原因だと

勝手に思いこんで手に負えません。

 

ポンメルンのおっさんの

精神攻撃がここまで効果があるとは。

ゲームでも変な機械に固執せず、

精神攻撃でグランたちを苦しめた方が

よっぽど効果ありそうですわ。

 

グランは何とかルリアを

説得しようしますが、

ルリアは聞く耳を持たず、

 

そればかりか

現在グランとシェアしている命を

すべてグランに渡して

自分はこのまま消えると

言いだしてしまいます。

 

ルリアの決意の前に

グランはどうしようもできず、

どんどんルリアの元から

離されていきます。

 

説得失敗。

そう思ったとき、

グランが持っていた髪飾りが

ルリアの元へ。

 

それを手に取ったルリア。

なぜかグランもルリアの

近くまで寄ることができるように。

 

おいおい、

 

グランの説得<髪飾り

 

かよw

 

その後はトントン拍子。

グランの

「ルリアは何も壊してなんていない」

「君が作ってくれたんだ僕たちの繋がりを」

 

の言葉で

ルリアさん一気に陥落です。

 

 

ノコノコお仕置きされるために奴がやってきた

 

 

意識が戻った

グランとルリア。

 

ルリアはさっさと

ユグドラシルを吸収して

さらにパワーアップ。

 

これで今回は終わりかと思ったら

ルリアを捕らえるために

ポンメルンさんたちが

ノコノコとルーマシ―にやってきます。

 

当然グランたちと戦闘になりますが

モンスターと帝国軍の兵士ぐらいでは

グランたちを止めるのは無理。

 

精神攻撃されたお返しとばかりに

ルリアはティヤマト召喚して

ポンメルンにお仕置き終了。

 

さあ、次はアウギュステに

戻ってリヴァイアサンの怒りを

鎮めなければいけません。

 

グランたちもいろいろ忙しいですね。

 

最後のシーン。

いつの間にか

グランたちの目の前から消えた

ロゼッタさんがある事実を

つぶやきます。

 

何とロゼッタさんは

グランの親父さんと知り合いで

一緒に行こうと

誘われていたのです(過去に)。

 

うん、ここで

それを明らかにされても

あと1話か2話で回収するのは無理や。

 

もしかして続編作ることが

決まっているのかしら?

まあBDは十分売れているので

続編作るのに反対する人はいないでしょうけど。

 

今回の新キャラ

・ユグドラシル:ロゼッタの知り合いの星晶獣。グランたちを手助けした後ルリアに吸収される。