アイム最強の師弟コンビ「さおつぐ」(松岡禎丞さんと大西沙織さん)の軌跡をまとめてみた(2017年8月14日追加あり)

現在アイム最強の声優コンビは

松岡禎丞さんと大西沙織さんの

「さおつぐ」だと思います。

現状、「かやつぐ」には

まだ敵いませんが

長期的に見たら

かやつぐを人気で超える日が

来るしれません(永遠に来ない可能性も大きいですが)。

アイムの営業的には

他の事務所所属である

茅野さんとのコンビより

自分たちの事務所所属の

大西さんとのコンビが

より人気になった方が

プラスでしょうからね。

そこで

さおつぐがかやつぐを超える日に

備えて(何のために備えるか知らんが)

さおつぐコンビの記録みたいな

記事を作ることにします。

基本は

さおつぐコンビが共演した

イベントの感想から

さおつぐに関する部分だけを

抜粋する形ですので

過度の期待はしないでください。

あとこの記事は

私の主観で書いております。

そこはご理解の上お読みください。

更新記録

6月8日:Blu-ray BOX&OVA 発売直前!「ダンまち」ニコ生スペシャル!!を追加

6月8日:【AJ2015】『ダンまち』放送直前スペシャルステージを追加

6月13日:超豪華声優登場!ダンまち~メモリア・フレーゼ~ リリース直前生放送!を追加

6月28日:エロマンガ先生ニコ生特番第12回を追加

7月4日:ダンまち第8話オーディオコメンタリーを追加

【AJ2015】『ダンまち』放送直前スペシャルステージ

アニメジャパン2015のステージイベントして

開催されたものです。

このイベントには

松岡さんと大西さんに加えて

水瀬さんと内田真礼さんも出演。

司会の中山Pが

上手く松岡さんを追い込んでくれたので(褒め言葉)、

たいへん面白いイベントでした。

さてこのイベント中、

松岡さんはかなり緊張していたと思います。

この頃はまだ水瀬さんとそこまで打ち解けて

なかったようですので、

その水瀬さんが横にいたから

緊張したのかもしれませんし、

またAJというデカいステージだったから

緊張していたのかもしれません。

その一方、

そんな松岡さんを尻目に

大西さんは平常運転。

松岡さんが第1話の感想を言った後、

松岡さんが控室でも緊張しており、

ゴリラみたいな

ストレッチしていたことをバラします。

それも大げさなジェスチャーをつけて。

もちろんこれは

先輩である松岡さんの緊張を

少しでも解そうと考えて

大西さんはやったのだと

思います。

この大西さんの姿を見て

少し緊張がほぐれたのでしょう。

松岡さんは大西さんに

「ゴリラ言うな」

とツッコむ余裕が出てきてました。

先輩を弄ることで

緊張を解してあげた大西さん、

喋るの夢中で

顎のマイクを

ぶつけてしまいます。

【AJ2015】『ダンまち』放送直前スペシャルステージより引用

大西さんは

この前の年のAJでも

マイクをぶつけているらしく

まさかの2年連続マイクを

ぶつけたことに。

そそっかしいという

イメージそのままですわ。

話はアイズのセリフが

少ないので、

最終話までにアイズのセリフ数が

何ワードになるか松岡さんと賭けを

しているということに。

どうやら150ワード以上セリフが

あったら松岡さんが大西さんに

焼き肉を奢るという約束みたいですね。

まあ、この賭けは

アイズのセリフが規定数より少なかったので

松岡さんの方の勝ちに。

ただ松岡さん、

大西さんが負けたにも関わらず

頑張ったご褒美に

焼き肉を奢ってあげたそうです。

ついでに水瀬さんにも。

良い先輩ですね。

さて、イベントは

松岡さんがアフレコ時に

端っこに座ってしまうという話で

盛り上がります。

主人公を演じるうえで

端っこに座るのはどうなのよ

という話になって

次のアフレコ時には

松岡さんが真ん中の席に座ることが

松岡さんの反対空しく

決まってしまうことに。

それだけなら

まだ問題なかったのですけど、

ここで悪魔の後輩が本領発揮。

大西さん、

このイベント中に試しで

席替えしましょうと提案し、

半ば強引に松岡さんを

真ん中の席へ。

この時に松岡さん、

マジで嫌そうでした。

イベント終わった後、

大西さん平謝りしていたかもしれませんね。

この後インフォメーションのコーナーが

あってイベント終了です。

今回は大西さん大活躍だったと思います。

あそこまで松岡さんを弄れる後輩、

アイムにはいないでしょうね。

他の事務所だったいるかもしれませんが。

食戟のソーマ特別篇 秋の選抜直前スペシャル

アニメ1期の14話と15話の間に放送された

特別番組です。

ネットでは

松岡さんが大西さんの方ばかり見て、

種田さんとたかみなさんの方に

顔を全然向けなかったと

言われてましたね。

確かに見てみると

種田さんが喋っている時も

種田さんの方に顔を向けず、

前の方ばかり見ていた感じがします。

その一方大西さんの方には

わりかし顔を向けていましたが

顔を向けてない時もありましたわ。

さて松岡さんと大西さんに注目すると

最初から松岡さんが

大西さんを弄ります。

どうして自分がMC?と聞いてきた

大西さんに

大西さんが演じている緋沙子は

えりなの秘書だから

MCも上手いはず

真顔で返す松岡さん。

これにたかみなさんが

松岡さんからのプレッシャーだよと

いらんことを言ったので

大西さんまで真顔に。

大西さんが真顔になったのを見て

松岡さんが何か喋ろうとしますが

それを遮ってえりなボイスで言葉を

発する種田さんw

松岡さん何を言おうとしたのでしょうかね?

たぶんさらに煽るようなことではなく、

大西さんをフォローするような言葉だったと

思いますが。

その後、アニメの話やBDの話を挟んで

実際に食戟するなら

相手は誰がいいか?という話に。

そこで松岡さんは

大西さんと即答します。

理由はこの段階で

お食事処まつおかに大西さんだけ

出演してなかったからみたいです。

ただ大西さんは

全く料理をしないことを

ここで自白。

さらに卵料理勝負だったら

何を作る?と種田さんに尋ねられて

「卵かけごはん」と真面目に答えて

しまいます。

後にこの卵かけご飯を作る姿が

動画になるとはさすがに

大西さんも思わなかったでしょうね。

その後のアフレコの

おもしろエピソードのコーナーでは

松岡さんの振りで

たかみなさんのモノマネをして

松岡さんと種田さんを

爆笑させる大西さん。

食戟のソーマ特別篇 秋の選抜直前スペシャルより引用

このネタも後にいろいろなところでやる

鉄板ネタに・・・。

大西さん、

この番組のおかげで

いろいろなネタを得ることが

できたような気がします。

このアフレコのおもしろエピソードの

コーナーでは松岡さんが鼻歌みたいな

オリジナルソングを歌うことの話も

話題にのぼっていましたね。

あれは基本作詞作曲松岡さんだから

印税入ってくるんじゃ?と種田さんが

言ってましたが、

実際には松岡さんが困って

丸井役の小林裕介さんに

助言をもらったそうです。

だから厳密に言うと

作曲小林裕介、

作詞松岡禎丞となるみたいですね。

後にリゼロで共演し、

禎丞と裕介呼びになる松岡さんと小林さんですが

この時点ではそれほど親しくなのが

わかりますわ。

そして最後に視聴者に対する

メッセージを言うことになりますが

なぜか「どんどんどんどん」を

何度も使ったしまう松岡さん。

やっぱり緊張していたのでしょうか?

ダンまち第8話オーディオコメンタリー

第3話に続き、

第8話のオーディオコメンタリーも

大西さんが相方です。

最初から笑いながら

コメンタリーをやっているお二人。

まさかいきなり高等ギャグ、

「そんなバナナ」をぶっこんでくるとはw

さらに獣耳と木の皿談義で

話が弾みます。

ホント、

松岡さんの声のトーンから

ものすごく楽しんでいるのが

分かりますね。

その後はステータスとスキルの話に。

お二人とも

原作をしっかりと読んでいるらしく

原作を読ん出ないと知らないことを

バンバンぶっこんでいくスタイルに。

そして第8話のミノたんとの決戦のシーンへ。

ここはアフレコ時に

絵が付いてなかったらしく、

苦労したと松岡さんが言ってましたが

その話をどんどん引き出したのは

大西さんの上手い誘導の

おかげだと思います。

この当時から大西さん、

松岡さんを乗せる技術は

超一流だったようです。

最後のヘスティアとのシーン、

ここは良いシーンだったのに

松岡さんがこのシーンを酎ハイ飲みながら

視聴していたことを話した途端、

夢壊れたと宣う大西さんw

後半演技論の話に傾きすぎたので

この松岡さんの話を

方向転換に使ったのでしょうね。

この辺はホント上手いですわ。

そして最後は松岡さんが

大西さんを弄って終了。

笑いあり、

原作の話あり、

松岡さんのモノマネあり、

アフレコ時の苦労話あり、

そして松岡さんのおおに死さん弄りあり、

とオーディオコメンタリーとしては

至極の出来だったと思いますわ。

おあがりよ!まつおかさん第4回

食戟のソーマに出演する女性声優さんたちが

松岡さんを手料理でもてなすこの番組。

4回目からは

種田・たかみなコンビに代わり

大西・石上コンビの登場です。

種田・たかみなコンビも

設定を作ってましたが

大西・石上コンビも勝手に設定を

でっち上げて、

なぜか大西さんと石上さんが

同棲生活という設定を

作り出していましたね。

それだけならまだわかりますけど、

大西さんはさらに悪乗りして

松岡さんを松子という

女性(?)キャラにするという

暴挙に。

普通なら事務所の先輩に

こんな無茶ぶりしませんけど、

大西さんならこれぐらい当たり前。

苦笑しながらも

その設定に乗ってあげる松岡さん、

ホント優しいです。

でもちょっとやり取りしただけで

満足した大西さんは

勝手にこの設定を

終わらせてしまいましたw

まあ次回にはまたこの設定復活

しているのですけどね。

その後はトークしながら

大西さんと石上さんが料理を作り、

それを松岡さんに振る舞うのですけど、

車のおもちゃで遊ぶ松岡さんを

お母さんのような声で止めさせるのは

いいとして、

松岡さんが8話の見どころを

大西さんに聞いたのに

自分は出演していないと言って、

なぜか松岡さんに振り返したり、

明らかにおかしい量の醤油を

ピーナツバターにまぜて

味を凄まじいものにしたり

大西さんやりたい放題。

料理に関して

石上さんが何とか立て直そうとしても

全然ダメな状態。

まあ、砂糖やチョコで

相殺しようとした石上さんの

考え方も十分おかしいのですけどね。

そして出来上がった料理(?)。

味見した石上さんが

一瞬にして悶絶したところを見ると、

普通に檄マズだとわかります。

こんなもん先輩に食べさせては

いけないと思いますけど、

松岡さんは

嫌がりながらも食べることに。

ここで松岡さんが

「マズい」

と言ったら

大西さんも反省したかもしれませんが

なまじ松岡さんが優しいから

何とか良い点を見つけだして

褒めてしまいます。

松岡さん、

大西さんに優しすぎです。

ただ松岡さんが

この回で残した名言、

「心の奥底から黒い龍が

鼻孔を突きに抜けてきた」。

これって考えようによっては

美味しくないと言っているとも

取ることができます。

黒い龍というのは

邪悪なもの。

それが鼻孔に突き抜けてきた

ということは、

マズさが鼻まで上がってきて

苦しいとも解釈できます。

だいたい松岡さんは

甘いもの苦手なのに

味を中和するためとは言え、

あれだけチョコや砂糖を入れたら・・・。

まあこれに関しては

悪いのは大西さんではなく、

石上さんの方ですけどね。

その後

流れで大西さんも

自分で作った料理を

食べることになりますが、

なぜか美味しいと宣います。

大西さん、

料理ができないだけでなく、

味覚が常人と

ちょっと違う人でした。

だから醤油をあれだけ入れても

平気な顔していたのですね。

おあがりよ!まつおかさん第5回

前回終わったはずの松子のネタを

強いられる松岡さん。

それも今回は石上さんからw

その後はアニメにしばらく出ていなかった

大西さんが演じる秘書子が

アニメに出ていない間になにをやっていた

大西さんが勝手に設定作って話し始めます。

それによると秘書子は

秋の選抜本選で葉山に敗北した後、

滝修行をしていたと

驚きの設定を

自分で作ってしまいます。

滝修行と言えば、

ノゲラジの中で

茅野愛衣さんが滝行をやりたいと

発言して

松岡さんを一緒にやろうよと

誘ったやつですよね。

もしかして、

大西さんはそれを意識して

滝修行なんて言ったのでしょうか?

ちなみにツイッター情報だと

2017年5月のアニワラの中で

松岡さんがやりたいこととして

スカイダイビングと共に

滝行を挙げたらしいです。

さて今回のメインは

石上さんが料理を作っている間に

大西さんが理想のメニューを松岡さんに

プレゼンすること。

果たして大西さんはどんなプレゼンを

するかかなり気になってましたが

大西さんのプレゼンは

松岡さんの地元、

北海道シフトのプレゼン。

メイン料理のスッポンバーガー以外は

すべて北海道産を使うという

露骨な松岡さん対策ですw

これには松岡さんも苦笑い。

ちなみにソーマのトークCD第2弾で

この大西さんが考えた

理想のメニューに関して

茅野さんがダメだししています。

まあ茅野さんが言う通り、

デザート後にスープカレーは

駄目ですわ。

さてこの大西さんが考えた

理想のメニューに関して

大西さんが説明していくのですけど、

松岡さん相手にいきなりタメ語に

なったり、

松岡さんの心が汚れているとも

取れるようなこと言ったり、

松岡さんが言ったことを信じなかったり、

後輩の言動ではありませんわw

そして大西さんの説明は

メイン料理のスッポンバーガーへ。

大西さん曰く、

最近松岡さんが疲れているという情報を

どこからか聞いたらしく、

それならスッポンを使った料理で

元気になってもらおうと考えて

このスッポンバーガーを

メニューに加えたらしいです。

さらに大西さんは

松岡さんが萎れたら

アニメ業界が廃れてしまうとまで

言いだします。

それに対して自分の代わりは

たくさんいると宣う松岡さんに

「チャ~ン」と

意味不明の言葉を返す大西さん。

たぶん大西さんは

松岡さんの代わりなんていないと

言いたかっただけど、

思わず出てきた言葉が

チャーンだったのでしょうね。

大西さん、

これどこまで本気だったのでしょうね?

さてその後は石上さんの料理を

みんなで食べて今回は終了ですけど、

話相手が大西さんだけだと

本当に松岡さん会話が自然体ですね。

ノゲラジ最盛期の茅野さん相手の会話と

並ぶくらい流暢だったと思います。

それだけ心を開くことができる

後輩なんでしょうね。

おあがりよ!まつおかさん第6回

今回も松子を演じさせられる松岡さん。

第5回で疲れていると

大西さんに暴露されたのに

その大西さんに松子ネタを振られるって・・・

さて今回は大西さんが

松岡さんをもてなす料理を作ることに。

第4回で極度のバカ舌であることが

発覚し大西さんだけに

ものすごく心配です。

大西さんが調理をしている最中、

松岡さんは石上さんが選んだ

もてなすメニューで歓談。

大西さんの時とは違い、

石上さんには敬語で話す松岡さん。

石上さんとはソーマ以外でも

ダンまちなど結構共演しているはずですが

まだまだタメ口では無理なようですね。

一方調理に集中していた大西さんですが

一段落ついたところで

松岡さんと石上さんの歓談に

参加していきます。

無難に会話をこなしていたので

大西さんが参加する必要性は

全く無かったのですけど、

先輩がスムーズに歓談できるように

一肌脱ごうと考えたのかもしれません。

まあ大方、

暇になったので会話に

参加したのでしょうけどw

そして大西さんの作った料理を

松岡さんが実食する時間が来ました。

大西さんが作ったのは、

かんたん薬膳粥&アイスジャスミン茶。

大西さんが演じる秘書子の十八番、

薬膳の料理です。

この薬膳粥は美肌と疲労回復に

効果があるらしく、

疲れているらしい松岡さんには

モッテコイの料理。

そんな松岡さん、

食べる前に

「俺の肩こりも治るのかなぁ?」

とちょっとズレたことを言いだします。

大西さんと石上さんの返答のあと、

松岡さんが「マジレス?」

と言っているで

たぶんこの肩こり云々は

松岡さんなりの

ボケだったのでしょうね。

おそらく大西さんなら

上手くツッコんでくれると

考えてボケた可能性大です。

さて肝心の料理の味の方ですが

松岡さんは「美味しい」と

素直な感想を口に出します。

これには大西さんも大喜び。

自分が調理したことを盛んに

アピールです。

まあレシピ通り作ったと

言っていたので、

たぶんフードコーディネーターさんか

何かが用意したレシピに沿って

作ったのでしょうけど、

レシピ通り再現できるだけでも

大したものですね。

松岡さんは

「こんな優しい味がするもの

最近食べてなかった」

と割とガチな発言まで言ってしまうくらい

この料理が気に入ったようです。

これで大西さんは

卵かけご飯した作れない女

という二つ名と決別できそうですね。

Blu-ray BOX&OVA 発売直前!「ダンまち」ニコ生スペシャル!!(2016年12月6日)

ダンまちのBDボックスとOVAが

発売されるのを記念して

放送された番組です。

MCは松岡さん、大西さん、そして水瀬さん。

最初は松岡さんと大西さんしか

アナウンスされてなかったので

おお、ついにさおつぐだけの番組かと

思ったら、

後から水瀬さん追加。

まあこれは水瀬さんが忙しくて

スケジュール押さえることができるか

わからなかったので

発表しなかったのでしょうね、たぶん。

さてこの三人の座組は

ダンまちではお馴染み。

松岡さんも全く緊張していません。

確か水瀬さんとは

カオスチャイルドの現場でも

お喋りしていたとインタビューに

載っていたので、

松岡さんからすると

水瀬さんも

大西さんやたかみなさんみたいな

緊張しない女性のカテゴリーに

入っているのでしょうね。

芸歴は水瀬さんの方が長いので

相変わらず敬語口調ですが。

さてこの番組での松岡さんと大西さんですが

互いにボケてツッコむという

水瀬さんがいなかったら

収拾がつかない状態一歩前だったと

思います。

まずは番組冒頭。

大西さんが

「いのり(水瀬さん)とは仲が良いんで」

と言ったことに

水瀬さんがツッコんだのを見逃さず、

そのまま乗っかり

いじけた様な振りして

大西さんを攻めます。

さらに中盤で

水瀬さんから

ヘスティアにときめきました?と

聞かれて、

松岡さんが

「それはもう」と肯定的な発言をすると、

大西さんはすかさず

「口だけ~」

松岡さんを揶揄する暴言を

投げつけます。

それには松岡さんも

すぐにツッコミを入れて、

さらに大西さんが

ボケる。

そして最後は水瀬さんが上手く〆るという

まさに息の合った名人芸を見ることが

できました。

水瀬さんも含めて

フレームがしっかりできている感じですね。

あまりにも上手すぎるので

台本あるのでは?とまで

思ってしまいましたわ。

この番組の最後、

水瀬さんの誕生日を祝った

松岡さんと大西さん。

以前松岡さんの誕生日を

ダンまちの特番で祝ったことを

思い出した大西さんは

松岡さんと水瀬さんに

自分の誕生日も

祝うようにお願いします。

それに対して

松岡さんと水瀬さんの反応が

鈍かったので、

松岡さんの肩を叩く(揺する?)という

暴挙をやらかしますw

Blu-ray BOX&OVA 発売直前!「ダンまち」ニコ生スペシャル!!より引用

松岡さんも

ちょっとだけビクッとしますが

あんまりダメージはない様子。

やっぱり叩いたのが

大西さんだったので

ダメージなかったのでしょうね。

他の女性声優さんなら

恐縮してしまい、

そのダメージから

しばらく回復できなかったかも。

この番組が放送された当時、

松岡さんが大西さんの方ばかり

見ていたという呟きが

結構ツイッターに上がっていましたが

やっぱり大西さんとは先輩後輩としての

つき合いが長いですからね。

大西さんの方ばかり見ていても仕方ありませんわ。

アニメジャパン 冴えカノ放送直前スペシャルステージ(2017年3月25日)

冴えカノの放送前にあった

アニメジャパンのステージイベントです。

茅野さんのニットの服に安野さんと一緒に

指を突っ込む大西さん。

最初から全力で飛ばしていく

スタイルのようです。

こりゃあ松岡さんにも

何かやるかと思ったら

松岡さんに対しては

サポートに徹していましたね。

最初の挨拶で

松岡さんが安野さん、大西さん、茅野さんを

まとめて「この方々」と評したのに対して、

自分の挨拶のところで

「この方々1号です」と言って

松岡さんの話を繋げる

ナイスアシストしたかと思えば、

松岡さんが言ったことの意味を

茅野さんより早く理解して

相槌を打ったりしてました。

もともと機転が利く方と思ってましたが

さらに磨きがかかった感じですね。

あとこのイベントの次の日に

行われたエロマンガ先生の

ステージイベントでは

テンションMax状態で司会をした

松岡さんに乗っかり、

かなりハイテンションで

たかみなさんのモノマネをしたらしいですし、

また松岡さんがテンパったらすぐに

口の近くにマイクを持ってきて

フォローする姿勢をしていたらしいです

(ファンの方がツイッターで呟いていました)。

またエロマンガ先生のイベントと言えば、

このイベントの半月前、

電撃文庫春の祭典でも

エロマンガ先生のイベントがあったのですが、

このイベントでも大西さんが

松岡さんをナイスなサポートしたそうです。

松岡さんが紙のようなものを

手に持ったまま立ってたらしく、

それに気付いた大西さんが

松岡さんの手からその紙を取って

机に置いたとか。

これ、

松岡さんに意識を向けていなければ

気付きませんし

仲良くなければ

ここまでしませんよ。

もうね、ホント

松岡さん専属の

盛り上げ役兼介護役ですわ。

それとこのことで

驚いたことがもう一つ。

こんなのほんの数秒の

出来事でしょうけど、

複数のファンの方が

しっかりとチェックして

ツイッターなどで呟いていたのです。

松岡さんファンの方たちも凄いわ。

エロマンガ先生ニコ生特番第9回(2017年3月30日)

本来の予定ならば

2月の特番に出演する予定だった

大西さんでしたが

まさかの出演NG(インフル説が濃厚)。

その代わりに松岡さんと一緒に

この3月のニコ生特番に

出演することになりました。

番組はさおつぐのやりたい放題。

最初の出番から

先輩後輩感丸出しのアイム芸を

見せたと思ったら、

それからは他の出演者(藤田茜さんとアニプレックスの柏田P)

が半ば呆れるくらい

弄り合いの応酬w

さらに極め付けは

藤田茜清純声優化への道のコーナー。

出されたお題の1つが

「お兄ちゃんから水を手渡されたときに言う一言」

というもの。

このお題に対して

大西さんはお兄ちゃんに甘えるように

「ありがとう。お兄ちゃんのお水美味しい」

アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第9回より引用

と言ったもんだから

松岡さんが大爆笑。

後輩だから贔屓しているのではなく、

ガチでツボだったのでしょうねえ。

ここまで松岡さんが大爆笑するの

レアですよ。

またこのお題の前振りのために

松岡さんが大西さんのことを

「沙織」と名前で呼んだのですが

一瞬だけ驚いた風な顔に

なった気がします。

松岡さんが大西さんを呼ぶ場合は

「大西」がデフォですので

「沙織」って呼ばれたこと

なかったのでしょうね。

そういう点でも

この番組は見る価値があると思います。

あと最後に

松岡さんが勘違いで

予定されていたキャラと違うものを

即興劇でやってしまったことに気付き、

慌ててもう一度松岡さんが

即興劇をやりに行きそうになった時、

松岡さんを掴んで止めようとしてました。

実際には掴みませんでしたが

去年12月のダンまちの特番で

大西さんが松岡さんの肩を叩いて

松岡さんがビクッとしたのを

思い出したのかもしれません。

かやのみ 第23回前編(2017年4月29日)

かやのみと冴えカノとのコラボ回です。

しっかりと松岡さんのとなりを

キープする大西さん。

お酒が弱いのに好奇心で

一舐めして

先輩である松岡さんに心配されます。

そしたら今度は

松岡先輩に

お酒の感想をプリーズ。

こういう受け返しがホント上手いです。

松岡さんも大西さん相手なら

全然緊張しませんので

流れがスムーズに見えますね。

さて大西さんは番組中盤で

また松岡さんにおねだり(無茶ぶり)を

します。

それは冴えカノ12巻の表紙がプリントされた

クリアファイルを使っての即興アフレコ。

かやのみ第23回前編より引用

無茶ぶりにもほどがあるだろうと

思いましたが、

直の後輩の頼み、

もちろん松岡さんはその無茶ぶりに

全身で答えます。

なぜか百合百合したアフレコに

なってしまいましたけど。

今回は久しぶりの

かやつぐの共演ということで

かやつぐの二人の反応に注目していた

ファンの方が多かったと思います。

その期待どおり、

かやつぐのお二人が目を合わせる場面が

ちょこちょこあったような気がしますが、

ただしそれ以上に

大西さんが松岡さんの方に

顔を向けていたシーンが

多かったような気がしますね。

松岡さんの隣に座ったので、

松岡さんにも気を配らなければ

いけないと思ったのでしょうか?

お酒が飲めない分、

番組のため、

先輩のために

一生懸命やっているな

と思いました。

かやのみ 第23回後編(2017年5月13日)

かやのみの冴えカノコラボ後編です。

前編最後に収録されていた松岡さんと茅野さんが

隣同士になる映像でかやつぐファンが

騒然としましたが、

あれを仕組んだのは大西さんでした。

さすがニコ生視聴を

趣味と言いきる大西さん。

視聴者が何を求めるか

わかっています。

と言いたいところですが、

視聴者はかやつぐのイチャイチャを見たいのに

まさか自分が茅野さんとの仲良しアピールをし、

さらには告白までw

その一方、

松岡さんのサポートも大西さんが

しっかりとやっていました。

今までは茅野さんがいる時は

大西さんが一歩引いていた感じだったので

ちょっと意外に感じましたね。

そしてこの番組最大の見せ場は

やはり大西さんによるポニテビンタ

なぜか話の流れで大西さんが

松岡さんにポニテビンタする流れとなり、

大西さんのポニーテールが

松岡さんの顔面にヒット。

かやのみ第23回後編より引用

安野さんが言っていた通り、

松岡さんの許可がなかったのに。

ちなみに茅野さんの許可は

貰ってましたw

叩かれるのは松岡さんなのに

なぜ茅野さんがゴーサイン出すか謎ですが。

しかし

よく大西さんは松岡さんの顔に

自分の髪を当てましたね。

普通の女性って

自分の髪が他人の顔に

当たるの嫌がるはずなのに。

いろいろ考えさせられる

場面だったと思います。

冴えラジ♭第4回(2017年5月25日)

今回もゲスト無しの通常回。

大西さんの演じるえりりメイン回(第6話)の

放送後だったので、

そのアフレコの話に。

この時のアフレコは

松岡さんと大西さんの二人だけで

AパートとBパート前半を行ったらしく、

その時に様子について茅野さんと安野さんが

追及する形に。

大西さん曰く、

記憶があんまりないそうですw

後でいつも通りだったと言ってますが。

これに対して茅野さん。

なぜかさおつぐコンビに対して

兄妹感が強いとここで宣います。

そしてその発言をスルーする大西さん。

たまたまタイミングを外して

取り上げることが

できなかっただけですよね。

そう思いたい。

Bパート前半は

松岡さん演じる倫也と

大西さんが演じるえりりが

寄り添ってゲームをするシーン。

このシーンを撮るとき、

大西さんは気恥ずかしかったそうです。

またこのシーンでは

音響監督さんがもっと甘くしてと

リクエストしてきたそうで

何回か撮り直したとか。

う~ん、

この時アフレコ風景撮影して

BDのおまけとして

付けて欲しかったです。

付けたくれたら

少々高くなっても買うのに。

消滅都市 3rd Anniversary Fes(2017年5月27日)

このイベントには

さおつぐの他にあやねるが出演。

【5/27(土)14時~】消滅都市 3rd Anniversary Fes. @ラフォーレミュージアム原宿 消滅都市史上最長の≪6時間≫生中継スペシャル!より引用

https://www.youtube.com/watch?v=31FvKas42gQ

某ガンガンGAチャンネルで

松岡さんとは無の関係にあると

宣ったあやねるですが

このイベントでは

がんがん絡んでいきました。

もうね、

あんたら絶対に仲いいだろ。

そうじゃないと

あそこまで弄り倒すことできませんよ。

「お前ろくな奴やったら承知しないからな」

ってセリフには

思わず吹きだして

しまいましたわ。

さすがアイム同期コンビ。

その一方アクシデントで

松岡さんがゲームのプレー中に

ゲーム音が出なくなった時に

大西さんに促して

大西モールス信号やらせていたし。

ネットで言われているのと違って

あやねる気配りができる

女性だと思います。

次は大西さんのことについて。

前述したように

音が出ないピンチで

松岡さんをアシストしたと思えば、

使いなれていないスマホの扱い方を

聞いてきた松岡さんに

使い方を教えようとして

何とかフォローしようとしてました。

その一方、

水をたくさん飲んだ松岡さんを

弄るような芸当も披露。

いつもは自分がたくさん水を飲んで

弄られているのに。

とっさに水で弄ることを考えたついたのは

やはり芸人声優の系統に

属しているからでしょうね。

あと最初の自己紹介で

松岡さんのあまりの大声で

ちょっとビクッとなってました。

超豪華声優登場!ダンまち~メモリア・フレーゼ~ リリース直前生放送!(2017年6月12日放送)

ダンまちのソーシャルゲームの宣伝番組に

松岡さんと大西さんが出演しました。

ただ今回は演者が全部で5人という

大人数だったのに加えて

大西さんはMCとして

番組を回さなければならず、

松岡さんだけに

構っている訳に行かなかったので

いつもよりもコンビネーションが

ちぐはぐだった感じがします。

例えば松岡さん渾身の最初のボケ

(アイズと合図を掛けたやつ)

に最初気付いていませんでしたから。

まあそこは

松岡さんの扱い方を良く知っている

たかみなさんと水瀬さんが

すぐにツッコんで

笑いに変えることができたので

良かったですけどね。

ここだけでなく、

松岡さんに今回

ツッコむ役目は

ほぼたかみなさんで、

フォローするのが

水瀬さんのパターンが

多かったことを考えると

最初から役割分担が決まっていたのかも。

さおつぐの弄り合いを期待していた人には

ちょっと残念でしたが

ゲームを紹介する番組としては

満点だったと思います。

私もこの番組見て

事前登録してしまいました。

エロマンガ先生ニコ生特番第12回(2017年6月27日放送)

エロマンガ先生のメインキャスト全員が揃う

ニコ生特番。

正宗役の松岡さんとムラマサ役の大西さんは

揃って出演です。

いつものように和気藹々の番組になると思ったら

いきなりいつもと雰囲気が違うw

もう茶番の臭いがぷんぷんです。

MCの呼び込みでキャストが

登場しますけど、

松岡さん登場したら

大西さんはこんな表情、

エロマンガ先生ニコ生特番第12回より引用

完全に笑いを堪えていますw

そして松岡さんは着席しますが、

エロマンガ先生ニコ生特番第12回より引用

え?

大西さんの隣( ゚Д゚)

順番通りなら

木戸さんの隣に座らんといかんだろ。

そんなに大西さんの隣がいいんかいw

と思ったら、

どうやらMCの方の手違いで

先に呼び込む予定だったたかみなさんを

忘れていたようです。

だから本当なら

たかみなさんを呼びこみ、

たかみなさんが木戸さんの隣に

座った後に

松岡さんが登場する予定だったという訳。

順番がおかしくなったので

大西さんも笑いを堪えていたのでしょうね。

まあ、その後も

大西さん、

なぜかずっとニヤけてましたけどw

エロマンガ先生ニコ生特番第12回より引用

あと松岡さんに

しっかりボディタッチも。

エロマンガ先生ニコ生特番第12回より引用

そして後半戦。

見どころはやっぱり

ダミーヘッドマイクを使っての

パフォーマンスです。

松岡さんが各女性声優さんの

アドリブを聞いて

優勝者を決めるというルール。

大西さんは本編のムラマサのセリフを

アレンジしてチャレンジ。

あれは個人的に良かったです。

松岡さんも気に入ったようですけど、

松岡さんは面白いものより

マジな方を評価し、

優勝は石川さんに。

ただその後のご褒美は

駄目でしたね。

松岡さんやり過ぎです。

ファンの私も引きましたわ。

松岡さんなりに面白くしようと

頑張った結果なんでしょうけど、

石川さん怖がってましたし。

松岡さん、

たぶん後で自己嫌悪に

陥っていそうな気がします。

まあ、ああいう状態でも

大西さんだけは大受けでしたけどね

あと最後に、

木戸さんのツイートですけど、

藤田さんと松岡さんと大西さんとは

写真を取れず。

藤田さんはチャンネル会員限定放送が

あったので撮れなかったの当たり前ですけど、

松岡さんと大西さんは

帰ってしまったのでしょうねぇ。

たぶんアイムのマネージャーさんと3人で。

今回の放送はいろいろ残念でしたね。

変な空気感が漂ってましたし、

松岡さんも何とかしなくちゃという

気持ちが空回りしたのかもしれません。

たぶん次回以降は

しっかり修正してくれるでしょうから

次回以降に期待しましょう。

みゃらむぅ研究所公開イベント(2017年8月13日)

8月13日に開催された

みゃらむぅ研究所研究報告会という公開イベント。

我らが大西さんも参加されていましたが

このイベントで大西さんが

松岡さんの名前を出したということで、

ファン方たちの中ではちょっとした話題

になったようです。

複数のファン方のツイッター情報に

よると、

みゃらむぅ研究所の3人が

生まれ変われるなら男性が良いと

答えたそうです。

これに対して

3人とも男になったら、

今この会場にいるお客さんが

誰も来なくなってしまうと

稲川さんが話すと、

すかさず大西さんが、

「男性にも好かれる、松岡さんのような

声優になればいいのだよ」

と言ったらしいのです。

言った言葉に関しては

ファンの方の呟きで

ちょっとづつ違うので

これが正確かどうかは

わかりませんが、

ニュアンス的には

こんな感じです。

このみゃらむぅ研究所に

松岡さんは全く絡んでないので

まさか松岡さんの名前を

出してくるとはファンの方も

全然考えてなかったと思います。

関係無いところで名前出すのは

それだけ親しく信頼している証拠のはず。

また大西さんの中では

松岡さん=男性ファンにも大人気という

イメージなんでしょうね。

さすが趣味が

ニコ動鑑賞の声優大西さんですわ。

ちなみに同じ日、

松岡さんはコープスパーティーの

イベントに参加して、

杉田さんと中村さんに

弄られてたそうですw

終わりに

さおつぐだけの感想を

書いてもかなりの文字数に

なってしまいました。

しかしこのさおつぐ、

かやつぐとはまた違う

魅力がありますね。

かやつぐでは

茅野さんの方が

松岡さんより強い関係性なので

基本松岡さんが

弄られる形が多いのですが、

さおつぐの場合は

松岡さんが大西さんの先輩なため、

松岡さんが大西さんを

弄る形が多いです。

しかし松岡さんの人柄がそうさせるのか

大西さんの性格のせいなのかは

わかりませんが

大西さんも隙があれば

松岡さんを弄ろうと虎視眈々と

狙っており、

実際にかなり弄り返しています。

これって茅野さんが

冴えラジで言っていたように

兄妹というワードが

ピッタリな気がしますね。

温厚で茶目っ気がある兄と

お兄ちゃんを弄るのが

大好きな妹。

ホントそんな感じです。

これからも

さおつぐコンビの出演する

番組や動画については

どんどん感想をこの記事に

書き足していく予定です。

時々覗きに来て頂ければ

幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする