銀河英雄伝説第7話「イゼルローン攻略」の感想 「7度目にして同盟が要塞を奪取」

xx4

感想(ネタバレあり)

さあいよいよ始まりましたヤンによるイゼルローン要塞攻略戦。

さすがに寄せ集めの半個艦隊で攻めても落とせる訳ありません。

落とすどころか要塞主砲トゥールハンマーで一掃されるのがオチ。

だから内部に潜入して中から落とすようです。

しかしまあ、帝国側の警備が杜撰すぎますね。

たぶんイゼルローン要塞に内部に侵入されるなんて思っていなかったのでしょうけど。

難攻不落という言葉に胡坐をかいていたとしか思えません。

ただ帝国軍の警護主任が一瞬のスキをついて

要塞の機能をすべてロックアウトしたのだけは見事です。

ここのところは原作にはないオリジナルですけど。

でも結局はシェーンコップ、リンツ、そしてブルームハルトの活躍の場を増やしただけ。

普通なら下っ端にやらせることをローゼンリッターは幹部が率先してやりますw

だからこそ部下が付いてくるのでしょうねぇ。

最終的には帝国側の死者が増えただけでロックアウトを解除。

そして要塞は陥落。

イゼルローン要塞の所有者が同盟になりました。

7度目の正直でようやく要塞奪取成功です。

しかしあきらめの悪い人間も当然おります。

それがイゼルローン駐留艦隊司令のゼークト大将。

このまま帝国に逃げ帰ってもたぶんスケープゴートにされるだけと分かっているので、

無理とわかっていても要塞に特攻をかけます。

ホント巻き込まれた部下がかわいそうです。

みんなオーベルシュタインみたいにさっさと逃げ出したかったでしょうに。

案の定ゼークトの旗艦が要塞主砲の餌食になって終了。

ゼークトの最後って何だかドラゴンボールのナッパの最後と重なるのは私だけでしょうか。

まあ、ゼークトとナッパは確か声優さん同じ人だったから余計そう思うのでしょうけど。

イゼルローン奪取後、

ヤンは首都星ハイネセンに帰還します。

そしてさっさと年金生活者になるために退役願いをシトレ元帥に出しますが、

あえなく却下。

まあ、当然ですね。

イゼルローン落とした英雄に隠遁生活認めるほど

同盟に余裕がある訳ではありませんので。

あと何やかんやでシェーンコップもヤンの第13艦隊に残留するようです。

でも陸戦隊が艦隊に属して活躍する場があるのでしょうか?

今回みたいな白兵戦って艦隊ではそれほど起こらないように思いますけど。

結局無駄飯食いが増えただけではw

そんなことをこの時は考えていました。

今回のイゼルローン要塞陥落がどう未来に影響するのでしょうか。

次回以降も見逃せませんね(棒読み)。

今回のまとめ三行

・外から落とせないなら内から落とす

・ローゼンリッター(の幹部3人)大活躍

・ヤン退役できず

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする