信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~第34話の感想 「忍びなのにまた名前を名乗ってる」

感想(ネタバレあり)

前回、

南伊勢の北畠家討伐を始めた

織田軍。

しかし北畠軍は堅城と呼ばれる

大河内城に籠城。

さらに前当主北畠具教が

自ら少数の兵を率いて

強襲を続けており、

降伏する気ナッシング。

さすがの織田軍も打つ手なしの

状態です。

そこで大河内城の裏側から

奇襲を仕掛け、

一気に城を落とそうとしますが。

鬼に全部筒抜け

滝川一益指揮の下、

大河内城の裏側から奇襲を

仕掛けますが、

それを察知した北畠具教は

滝川一益の軍勢に少数精鋭で

襲い掛かります。

当然一益の軍勢すべてを

壊滅させるのは無理。

そこで具教の目的は

大将の一益の首。

一益さえ倒せば

後の軍勢は烏合の衆となり

逃げ失せることでしょう。

それを警戒して一益の周りは

守りを固めなければいけませんが

やすやすと一益の近くまでやってくる

具教。

そして一太刀。

肩を切られ一益絶対絶命ですが

ここで一益に助太刀する少女が

現れます。

現れたのはもちろん我らが主人公の

千鳥(+助蔵)。

でも忍び嫌いの一益って

忍びが近くにいると蕁麻疹出るんじゃ?

と思ったら

やっぱり出てました蕁麻疹w

さて千鳥と剣を重ねた具教。

千鳥の強さに気付き、

ようやく強敵に出会えたと大喜び。

戦に勝つより、

強敵と戦う方に魅かれるなんて。

これだから剣豪は(以下略)。

あと千鳥さん。

あなた忍びなのだから

名乗っては駄目でしょw

忍びは影として

人知れず行動しなければいけないのに。

具教はあの剣聖の弟子

同じころ、

京の都で細川藤孝とお喋りしている

15代将軍足利義昭。

話題は今信長が戦っている

北畠具教のこと。

実は具教と藤孝と

義昭の兄である足利義輝は

全員剣聖と呼ばれた塚原卜伝の

弟子であり、

具教はその中でも一番強かったのです。

そりゃあ一益が簡単に負けますわ。

でもそうすると千鳥って

剣聖の直弟子と同等の腕を持っていることに

なりますね。

主人公補正はあるでしょうけど、

どんだけ強いんだよ。

千鳥のやる気満々

大河内城を攻めあぐねた

信長は兵糧攻めに

きり変えることを

考え始めました。

7万もの大軍を集めたのに

と思いますけど

いたずらに兵を失うよりは

マシでしょうね。

その一方、

千鳥は具教との再戦する気満々です。

その証拠に

具教に果たし状を出すため、

助蔵に漢字を教えてもらっていましたし。

忍びが剣豪に果たし状を出すなんて

前代未聞ですが

松永久秀が言っていた通り、

剣と剣を交えて力の差を見せつけないと

この戦い終わりそうにないですからね。

果たして一騎打ちが実現して

この戦いが終わるのでしょうか?

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・一益負傷

・忍びなのに名乗る千鳥

・果たし状を作成

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする