サクラクエスト 第6話「田園のマスカレード」の感想 「覚悟の差が今の差に」 

感想(ネタバレあり)

前回までで早苗さんメイン回が終わり、

今回はからは真希ちゃんのメイン回に。

でもしおりちゃんも

メインになりそうな気配ですねえ。

しおりちゃんは

ある空き家が映画撮影(燃やすこと)

に使われるのに

かなり抵抗があるようですけど

あの空き家に何か思入れが

あるのでしょうか?

映画撮影の裏方仕事も観光協会の仕事

間野山が映画のロケ地に選ばれて

観光協会がそのバックアップをすることに。

当然由乃ちゃんも観光協会に属しているので

映画撮影の裏方として動員されます。

ロケ地の決定、

撮影許可、

弁当の手配、

警察への道路使用許可の申請、

助監督がする仕事を

手伝うことになり

てんてこ舞いの由乃ちゃんたち。

でもその中に

真希ちゃんだけいません。

真希ちゃんは映画のキャストの名前を

聞いてなぜか

仕事をボイコットしたのです。

観光協会の寮に住んでいるくせに

ボイコットするなんて。

しかし丑松会長、

よく文句言いませんねぇ。

手伝えって口を酸っぱくして

言ってきそうなのに。

そんな会長はエキストラ出演するということで

やる気満々。

やっぱり出たがり目立ちたがりなんですねえ。

そうじゃないと観光協会の会長なんて

やらないか。

しおりちゃんが変

夕方、

ようやく監督が間野山に。

そしたらいきなり駄目だし。

由乃ちゃんたちが用意した空き家が

お気に目さない様子。

そして

なぜかその隣にあった

朽ち果てた空き家を気に入り、

そこをロケで使いたいと言いだします。

さらに最後のシーンで

思いっきり燃やすつもりだと。

その言葉を聞いて

様子がおかしくなるしおりちゃん。

何かこの空き家に思い入れが

あるのでしょうか?

ま、まあね、

いくら監督が駄々をこねても

持ち主がノーと言えば

撮影に使えないし、

当然燃やすこともできません。

でも持ち主は空き家の興味がない様子で

簡単に撮影と燃やして壊すことに

同意してしまいます。

しかしこのことを

由乃ちゃんに伝えず、

なぜか持ち主が許可しなかったと

しおりちゃんは嘘をつきます。

いつものしおりちゃんらしく

ありませんねえ。

様子が全然違うのだから

ここで由乃ちゃんには気付いて欲しかったですが。

覚悟の差が現在の差となって現れる

キャストも間野山入りして

撮影開始。

でもなぜか映画の内容が

ゾンビものにw

まあゾンビものでも

映画の舞台になったら

聖地巡礼者で溢れるかも

しれませんからねえ。

もちろん映画が当たればの

話ですけど。

撮影は順調に進むかと思ったら

女優さんの一人が出演できなくなり

由乃ちゃんは良かれと思って

真希ちゃんを推薦。

それを真希ちゃんに話したら

真希ちゃん大激怒で

去っていきます。

あら、地雷踏んじゃったみたいですね。

さらにその態度に今度は

早苗さんが激怒。

おいおい、前回まで

真希ちゃんと同じように

引っ掻き回してのあんただろw

橋のところに佇む真希ちゃん。

そこにやってきたのは

映画のヒロインを演じる

澤野萌ちゃん。

実はこの萌ちゃんは真希ちゃんの

劇団の後輩。

ここでようやく

真希ちゃんが映画に協力しない

理由がわかったような気がします。

要は後輩がメイン張っている

映画に協力できないと。

別に萌ちゃんが嫌いなわけでは無い。

ただ自分と萌ちゃんの差を

見たくないだけなんでしょうね。

演技のため、

売れるためには

揚げたセミさえ躊躇なく食べてしまう

萌ちゃんに対して

食べることができなかった

真希ちゃん。

たぶんそこで何でもやるという

萌ちゃんの覚悟に圧倒され、

自分が惨めになったのでしょう。

そして映画の撮影に協力すれば

それが再び思い出される。

別に人は人と思えば

楽なんでしょうけど、

それができなかった真希ちゃん。

面倒な性格ですねえ。

今回はここで終了。

案外真希ちゃんの方は

吹っ切れればすぐに解決しそうですけど、

しおりちゃんの方はどうなるのでしょうか?

どういう結末になるか、

次回が楽しみです。

もちろん次回で全部解決するかどうかは

知りませんけどね。

今回のまとめ三行

・間野山で映画撮影

・真希ちゃんボイコット

・空き家を守ろうと嘘をつくしおりちゃん

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする