機動戦士ガンダムUC RE:0096 第4話を視聴して

xx11

感想(ネタバレあり)

今回ようやく本作の敵役フルフロンタルが出てきましたね。

・赤いモビルスーツ、
・他のモビルスーツの3倍の速さ、
・顔にマスクをしている、
・声が池田秀一さん、

こんだけ揃えば
誰だってフルフロンタル=シャアだと思いますわw
でもこのあとの話でわかりますけど、
フルフロンタルにはシャアが持っていた
人を安心させるような力が無い感じなのですよね。

さてバナージたちは連邦の戦艦に収容されましたけど
その戦艦はなんとネェル・アーガマ。
ダブルゼータの主人公ジュドーたちの母艦だった戦艦です。
逆襲のシャアでは全く出てこなかったので
とっくに解体されているものと思っていましたけど、
しっかりロンドベルが再利用していました。
あの当時アナハイムが総力を挙げて新造した戦艦ですから
再利用するのは当たり前といえば当たり前ですけど。

でもさすがにフルフロンタル相手だと
いくらネェル・アーガマがあっても抵抗できません。
追い詰められた連邦の軍人たちは
オードリーを人質としてフルフロンタルと交渉することに。
まあ、オードリー=ミネバザビですので
十分交渉の材料になりますもんね。

こういうことするとは
連邦って情けないと思う感情もありますけど
生き残るためなら仕方ないという気持ちもあります。
命あってのものだねですから。

今回もいいところで終了。
人質となったオードリーがどういうことをするのか
次週が楽しみです。

今回のまとめ三行

・ネェル・アーガマに収容される
・フルフロンタルはやっぱり強い
・オードリーの身柄でフルフロンタルと交渉

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする