坂本ですが?第2話の感想

感想(ネタバレあり)

今回もクールでスタイリッシュな坂本を堪能できました。

まずは前半のお話。
石田彰さんが声を当てる久保田は
同級生からカツアゲされており、
それを目撃する坂本。
普通のヒーローならすぐに助けるところですけど
坂本は見ているだけ。
カツアゲの後、
久保田から助けを求められた坂本が
久保田を連れていったのは某ファーストフード店。

そしてなぜかそこでバイトを始める久保田と坂本。
バイトを続けることによって自分の誇りを取り戻した久保田。
坂本が狙っていたのは久保田の根性を直すことだったようです。

カツアゲから助けるだけなら
簡単です。
でも久保田がこのままだと
また別の人物からカツアゲされるのは
時間の問題。
だから坂本は久保田の根性を直すという
時間が掛かることをやったのでしょうね。

その結果、
またカツアゲに合うも
坂本と一緒に返り討ちにした久保田。

ここまで考えて行動する坂本、
本当にクールです。

後半は坂本のクラスメートのあいかが
坂本にモーションをかけるけどすべて失敗するお話。
あいかの声を演じたのが堀江由衣さんだから
余計あざとさが増していますw

そしてひょんなことから坂本を助けるために、
あいかとあいかを嫌っていた同級生がタッグを組んで奮闘。
結果あいかは嫌われていた同級生と仲良くなってエンド。

まあすべて坂本が本に載っていたつり橋効果を実証するために
仕組んだことでしたけど、
あいかは友人ができたのでめでたしめでたしといったところでしょうか。

うん、いいですね。
そこら辺の主人公と違う坂本。
次回もどういう行動を取るのか楽しみです。

今回のまとめ三行

・久保田と一緒にバイト
・久保田が自分の力でカツアゲ野郎を撃退
・あいかのモーションをすべて退ける坂本

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする