鬼斬第2話の感想 「最後のオチが前回と同じかよ」

xx3

感想(ネタバレあり)

短いのでまた見てしまいました。

前回垢バンされたと思った義経と静御前は
どうやら復帰できたようで
そのまま九州を北上して筑豊へ。

そこで茨木童子と再会。
そして茨木童子がやっている飲み屋で
一人の少女と出会います。

この少女、
銘菓「ぴーよこ」の職人さん。
ぴーよこは元々筑豊が発祥だったのに
いつのまにか江戸名物になっていて
このままだと筑豊のぴーよこが衰退してしまうと
お嘆きの様子。

まあこれ完全に「ひよこ」ですよね。
ほんとは福岡名物だったのに
いつのまにか東京土産の定番になっているしw
私は白あんがそこまで好きではないので、
福岡のだろうが、
東京のだろうが、
どっちでもいいですけど。

さて問題なのはこの少女、
義経たちに協力させようと
あざとく女の涙を使っていること。
あからさま過ぎるわ。

でもそれに引っかかる静御前と茨木童子。
結局義経も協力することになり、
みんなでぴーよこの原材料の採集へ。
そしてその原料は・・・

原料の採集で調子に乗った茨木童子。
何かやらかすだろうと
思っていましたが、
予想通りやらかして、
前回のオチと同じことにw

何か次回も同じオチになりそうな気がします。

今回のまとめ三行

・昼間から飲み屋に入り浸るな
・ぴーよこの原料って生き物かよ
・前回と同じオチ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする