教えて!ギャル子ちゃん第12話「一生の友達って本当ですか?」の感想

感想(ネタバレあり)

今回はギャル子たちのグループが
できる前の話。

2年生になって1週間、
そろそろクラスの中でグループが出来上がるころ、
どのグループにも属さないオタ子。

流石に小学校とかでは
グループに属さないときついですけど、
もう自我がだいぶん出来上がっている
高校だったら、
無理してグループに入ることがありません。

そしてギャル子。
ギャル子もどのグループに属していない感じ。
そんなギャル子とオタ子。
少なくともオタ子はギャル子を
だいぶん偏見の目で見ているようです。

それが変わったのが
オタ子が生理がきて苦しくなった時、
ギャル子のテキパキとした対応で
助けられるオタ子。

そこになぜかお嬢まで加わって
いつものグループが誕生。

ギャル子だったら
別に人達のグループに入ることができたのに
なぜオタ子たちとグループを組んだのか
いまいち分かりにくかったですけど、
やっぱり波長が合ったということですかねぇ。
普通はほぼ初対面なのにあれだけ
失礼なことを言われたら
口もきかなくなると思いますけど。

今回のタイトルは、
一生の友達って本当ですか?

高校の時の友達って
結構長続きするもの。
願わくばギャル子たちも
その友情を長く続けて欲しいものです。

あとできれば
続編を期待したいですね。

今回のまとめ三行

・過去のお話
・ギャル子の対するオタ子の偏見
・お嬢も加わってグループ誕生

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする