銀河英雄伝説【旧OVA版】第6話「薔薇の騎士」の感想 「第13艦隊、イゼルローン攻略のために出撃す」

この記事は約5分で読めます。

xx4

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は同盟側のお話。

第13艦隊の司令官に任命されたヤンが艦隊幕僚人事と艦隊編成を終えて、イゼルローン要塞攻略へ。

寄せ集めの半個艦隊による難攻不落の要塞攻略が今始まります。

 

第5話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

銀河英雄伝説【旧OVA版】第5話「カストロプ動乱」の感想 「キルヒアイスやっぱり優秀だった」

 

 

スポンサーリンク

ヤンを支える第13艦隊の幕僚達が揃い踏み

 

 

第3話で新設される第13艦隊の司令官に内定していたヤン。

その艦隊結成式が開催されますが、ヤンは寝坊してしまいます。

 

ヤン自身、結成式をそれほど重要視してなかったのでしょうね。

所詮こういう式典って偉い人がスピーチで自分をアピールするために開催するものなので。

 

艦隊司令ということでヤンもスピーチしますが、その内容が問題。

初スピーチで「みんな死なないように戦い抜こう」は無いでしょ。

軍のお偉方仰天していますよ。言っていることはその通りですが。

 

ヤンみたいな人間、普通なら出世しないはずなんですけど、やっぱり戦争という非常事態の中ですからね。

 

 

新設の第13艦隊。

アスターテ会戦でボロボロになった第4艦隊と第6艦隊に新兵を加えて再編成した寄せ集めの半個艦隊です。

 

こんな艦隊、安維持ぐらいにしか使えないと思いますけど、初任務は難攻不落と言われた帝国のイゼルローン要塞の攻略。

普通なら玉砕して終わりです。

 

しかしヤンは死ぬつもり有りません。

いろんなところから人材を集めてきます。

 

アニメ版ではフレデリカとシェーンコップ以外のところが端折られていますが、小説版ではフィッシャー、ムライ、そしてパトリチョフについてもどうして艦隊幕僚に招いたか一応言及していあります。

アニメ版しか知らない方は原作小説を読んでみることをお勧めします。

 

それか新版の第6話を見てみるのも良いと思いますわ。

『銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE』第6話「イゼルローン攻略(前編)」の感想 「難攻不落の要塞に対する攻略戦が始まる」

 

不良中年シェーンコップがカッコ良く登場

 

さて、Aパート一番の見せ場はやはりシェーンコップの登場シーンでしょう。

やっぱり何をやってもカッコいいですわ。

 

ウエイトレスにコーヒーこぼされて激怒している士官にさらにコーヒーをひっかけるなんて、普通の人ならできません。

 

脅してくる士官に対して正論で論破する不良中年カッコいい。

中学生の頃はこんな大人になりたいと思っていましたが、今でも全然なれません。

やっぱり性格が太々しくないといけないのでしょうね。

 

シェ―ンコップたちの一連のやり取りを見ていたヤン。

シェーンコップたち薔薇の騎士連隊を自分の艦隊に所属させるようキャゼルヌに頼みます。

こんな一癖も二癖もあるような奴らを自分の第13艦隊に所属させようとするとは。

ヤンは本当に変わり者です。

 

あとフレデリカもヤンの副官として第13艦隊所属になります。

本来ならヤンの副官なんぞやる人では無いのですけど、キャゼルヌとグリーンヒル総参謀長の差し金で副官に。

まあ、このおかげで後にヤンは結婚できるのですけどね。

 

さて、イゼルローン要塞攻略に向けて出発した第13艦隊。

艦隊の幕僚たちにヤンは自分の作戦案を説明します。

でも幕僚たちの反応はイマイチ。

 

反応がイマイチな理由。それは作戦の成否が「薔薇の騎士連隊の働きに左右されるから」のようです。

実はこの薔薇の騎士連隊、連隊長、つまりシェ―ンコップが今度の出兵で裏切るかもしれないという噂が流れているので。

 

しかし噂が広まっている理由の1つが「シェーンコップが第13代目の連隊長だか」らっていうのには笑いました。

確かに昔から13と言う数字は不吉と言われていますけど、あんたらの艦隊ナンバーはいくつなんだよと言いたいです。

 

まあ何やかんやで幕僚達を納得させたヤン。

ヤンは副官のフレデリカにも意見を聞いてみますが、何と彼女は絶対成功すると確信しています。

 

実は彼女、エルファシルでヤンに助けられていたのです。

その記憶がヤンへの絶対的な信頼の由来となっているみたい。

一度助けられたら何度でも信頼してしまいますよね。

 

一方イゼルローン要塞。

通信電波の攪乱で同盟軍の接近を探知します。

ここで駐留艦隊司令と要塞指令との間に齟齬が生じ、駐留艦隊は敵を求めて要塞を出払います。

 

それを狙いすましていたかのように第13艦隊はイゼルローン要塞へ。

今回はここで終了。

特殊エンディングが次回への期待感を高めていきます。

次回はイゼルローン攻略。ってネタバレかよ。

 

第7話の感想記事はこちらからどうぞ。

銀河英雄伝説【旧OVA版】第7話「イゼルローン攻略」の感想 「7度目にして同盟が要塞を奪取」

 

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

  • 第13艦隊結成
  • 不良中年シェーンコップが初登場
  • 第13艦隊はイゼルローン要塞攻略へ