【ラノベ】エロマンガ先生第3巻の感想(ネタバレあり) 「プロポーズ要求?告白?南の島で何でもあり状態」

感想(ネタバレあり)

エロマンガ先生第3巻の感想です。

第2巻では新キャラ

ムラマサちゃんが登場して

新刊の発行権を賭けて

勝負をすることに。

そして晴れて勝った?正宗は

紗霧ちゃんとの夢を叶えるために

走り続けます。

第3巻はこの続きからです。

スポンサーリンク

ムラマサちゃんはまだ正宗を諦めず

ムラマサちゃんから告白を受け、

それをあっさり断った正宗。

紗霧ちゃんに振られたのだから

ムラマサちゃんに乗り換えればいいのに

と思いますけど、

好きな気持ちって簡単に消えるものでは

ないそうです。

実際好きになって

振られたからと言って

確かに気持ちは

すぐには変わりません。

もちろん、

酷い振られ方をした場合は

例外ですけどね。

でも振られても

すぐに気持ちがかわらないのは

ムラマサちゃんも同じ。

これ波乱要因になりそうですね。

まあ実際なるのですけどw

さてラノベ天下一武闘会に参加した

獅童国光という人から

打ち上げのお誘いが

エルフを通して正宗の元に。

そしてトントン拍子に、

というか

もう骨格は正宗が知らないうちに

固まっており、

和泉家で打ち上げが

開催されることになります。

たぶんエルフが

そうなるようにお膳立てした

可能性大ですが。

ラノベ天下一武闘会には

ムラマサちゃんもエントリーしてたので

当然ながら

ムラマサちゃんも打ち上げに参加します。

ムラマサちゃんはエルフと一緒に

やってきますが、

エルフはムラマサちゃんの操縦術を

マスターしたらしく、

前巻ではラスボス感漂っていた

ムラマサちゃんは

エルフにしてやられるチョロインに

なってしまいましたw

まあチョロいほうが

魅力が増したので

これはこれでアリだと思いますわ。

さて今回初登場した獅童国光。

正宗からはシドー君という

某RPGのラスボスみたいな

名前を付けられますけど、

性格は至って温厚。

分別のある大学生で

この様子だと正宗ハーレムに

チョッカイ出す可能性はほぼなさそう。

見た目はチャラい系の大学生で

酒飲むと大変そうですけど

お菓子が大好きな良い奴キャラです。

アニメ版のCVを

島崎信長さんにしたのは

かなり良いチョイスだったかも

しれませんわ。

紗霧の想いは・・・

さてそんなシドー君を含めて

みんなで取材旅行に行くことを

提案するエルフ。

また何か企んでいるのは確実。

紗霧ちゃんのことが心配な

正宗は難色を示しますけど、

紗霧ちゃんの説得で

参加することに。

この参加するまでのシーンで

なぜ正宗が

紗霧ちゃんが引きこもっていたのに

強硬手段に出なかったのか?

その理由の一端が明らかになります。

そして紗霧ちゃんの気持ちも。

「私は兄さんを家族だなんて

思ってなかったし・・・・・。

兄さんの妹になんてなりたくない

(中略)

「でも、しょうがないから、

ちょっとだけ妹のふりをしてあげる」

エロマンガ先生第3巻第1章終盤より引用

南の島で恋する乙女の暴走が続く

エルフの別荘がある南の島に

やってきた正宗たち。

ただエルフだけでは心配ということで

エルフの兄である

クリスさんも

同行することになります。

このクリスさん、

エルフの担当編集でもあり、

怒ると怖そうな感じが。

つ~か、クリスさんの

長髪パツキンを見ると

SAOアニメ1期後半に出てきた

某キャラを思い出します。

アスナにエロいことした奴ですw

同じようなことを思った人は

結構多いようで、

ネットではぜひクリスさんのCVは

子安武人さんでお願いという

書き込みをよく目にします。

確かに子安さんなら

きっちり演じてくれそうですけど、

クリスさん自体そこまで年齢高くなさそうなので

別の声優さんが演じることになると

思いますけど。

さて今回の取材旅行、

当然提案したエルフにはある目的は

あります。

それは告白・・・

ではなくプロポーズ要求!!

プロポーズなら分かりますけど

プロポーズするように強要するなんて

前代未聞w

まあエルフらしいと言えば

らしいですけどね。

どうしてこうなったのかは

自分で購入して読んでくださいね。

エロマンガ先生(3) 妹と妖精の島<エロマンガ先生> (電撃文庫)

たぶんこのプロポーズ要求が

第3巻のメインでしょうけど、

ムラマサちゃんも負けてはいません。

第2巻では凛々しいというか

ちょっと刺々しいイメージが

強かったムラマサちゃん。

しかしこの第3巻では

チョロインに加えて

年相応のはしゃぐ姿も

見ることができます。

さらに正宗が

プレゼントしたあるものに

大喜びのムラマサちゃん。

もうメインヒロインは

ムラマサちゃんでいいよと

個人的には思ってしまいます。

しっかり水着姿の見ることもできるし

(巻頭のミニポスターで)。

さて南の島での取材旅行(断じてバカンスではない)

を楽しむムラマサちゃんは

自分の夢がある程度適ったため、

小説書くのを止めると宣言します。

しかしそれに

事実上待ったをかける正宗。

正宗の話を聞いてムラマサちゃんは

前言を撤回することになりますが、

ここのシーンは

是非読んで欲しいところです。

個人的には

エルフのプロポーズ要求のところより

こっちの方が良いと思いました。

ちなみにこのシーンで

ムラマサちゃんが昔から

正宗の熱狂的なファンであったこと

わかりますけど、

同時にムラマサちゃんと同等かそれ以上に

正宗を支えたファンがいること

改めて明らかになります。

そのファンとは誰なのか?

だいたい予想は付きますが・・・。

分からない方は

第3巻第1章を読み返してみましょう。

時間が経って、

正宗の新作「世界で一番可愛い妹」

も無事発売されて

順風満帆に進んでいたのですけど、

最後の最後でトンデモナイ展開に。

え?エロマンガ先生の偽者?

次巻が楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする