灰と幻想のグリムガル第11話「生と死の間で」の感想 「ランタに死亡フラグが立っているけど」

感想(ネタバレあり)

冒険ものの作品って

フラグの立て方がかなり重要です。

あからさまなフラグを立てることにより、

ああこのキャラ死ぬなと思って

視聴者は集中して作品を見ることになりますから。

今回で言ったら

ランタが盛大にフラグを立ててます。

本作の場合、

立ったフラグは結構そのまま回収されているので

ランタ危ないかも。

でもその一方でストーリー的に

ランタが退場する勿体ない気がするのですけど。

仲間の成仏させて肩の荷が下りた?

アバンでメリィの過去の話が。

かつての仲間たちとの楽しい時間。

たぶんフラグだろうなと思ったら案の定。

殺された人間を火葬にしないままだと

アンデッドとなって彷徨う。

マナトが亡くなった時に聞いた話でしたけど、

あれもフラグだったのですね。

デッドスポットに殺された

メリィの仲間たち。

サイリン鉱山の中を

アンデッドになって彷徨っていました。

それを魔法で浄化するメリィ。

これでようやくメリィは

過去の一部を克服したことに

なるのでしょうねえ。

でもちょっと淡々と

し過ぎていた感じもします。

ここはもっと感情を表に出した方が

よかったと思いますけど。

でもメリィだから仕方ないか。

あんまり感情を外に出し過ぎると

メリィのクール系乙女のイメージが

崩れてしまいますから。

私は原作読ん出ないので

この後の展開しらないので

憶測で書きますけど、

やっぱりハルヒロとメリィが

魅かれ合う王道展開でいきそうな気がします。

だからメリィの素の表情や感情を出すのは

ハルヒロの前だけ。

だから今回もメリィの態度が

意外と呆気ないのかもしれません。

ランタが自ら囮に

さてこれで一件落着だと思ったら

デッドスポットさんが乱入。

タイミングいいですねw

デッドスポットの相手なんて

まともにできる訳ないので

ハルヒロたちは

一生懸命逃げようとしますけど

デッドスポットの攻撃が執拗に続きます。

このデッドスポットの追撃。

意外な人が大活躍します。

それがランタ。

今までチームワークを乱すだけの

ウザい奴と思っていましたが

今回の出来事で印象が180度変わりました。

囮となって

一人第5階層に取り残されるランタ。

普通ならもうダメですけど、

何かランタって

不思議と死なない感じがします。

ランタのような問題児は

ストーリーを盛り上げるためには

必要不可欠ですからね。

みんなハルヒロみたいな

普通の人タイプのキャラだったら

平凡すぎて詰まらなくなりますから。

果たしてランタの運命は。

次回が待ち遠しいですね。

今回のまとめ三行

・メリィの仲間たちを浄化

・ランタってホントは良い奴

・ハルヒロたちのランタ救出作戦が始まる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする