機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第24話「未来の報酬」の感想 「次々と倒れていく鉄華団!キャラが死に過ぎです」

感想(ネタバレあり)

アーブラウの代表選が開かれる

エドモントンに到着した

クーデリア蒔苗氏、

それと護衛役の鉄華団。

でも鉄華団は満身創痍。

既に3日間ギャラルホルンと

戦闘継続中のようです。

全く戦意が衰えないのは

やはりオルガのカリスマ

なんでしょうか?

蒔苗氏はいらついていますけど、

それを正論で諭すクーデリア。

何かいきなり極限状態です。

残り2話になって積めこみ過ぎな

感じもします。

未来のために家族の命さえも賭ける

一方のギャラルホルン。

ギャラルホルンの方も一枚岩ではなく、

この戦闘の意義に疑問を抱く指揮官も。

もうアーブラウの代表選まで

時間がありません。

オルガも仕掛けるみたいです。

オルガは三日月だけに

自分の弱さを吐露します。

それだけ三日月を

信用しているのでしょう。

そしてオルガを自分の言葉で元気づける

三日月。

オルガは負傷者を

メルビットさんに預け、

残りの鉄華団をおとりに

一気に勝負を掛けます。

鉄華団の命を

未来のためのチップと宣い、

それで鉄華団の士気を高めるオルガ。

鉄華団は一つの家族。

言いたいことはわかりますけど、

納得したくない。

そんな感じがします。

家族だったら

死地に送りこめるはずが

ありませんから。

そしてこの戦いに

クーデリアだけでなくアトラも参戦、

もう総力戦です。

マシーン化したアインが止まらない

三日月たちが奇襲をかけて

戦闘が再開されます。

三日月を迎撃するガエリオ。

ガエリオのセリフから

カルタさんはやっぱり前回

戦死したようです。

ちょっと残念ですね。

突貫をかける鉄華団。

もう死ぬことを恐れていません。

次々と戦死者を出す鉄華団。

でもギャラルホルンの防衛網を

崩せません。

万事休す。

そこに現れたのは

宇宙に残っていたはずの

鉄華団の別動隊。

ブルワーズの残党から

鉄華団に加入した者たちも参戦し

クーデリアと蒔苗氏とオルガは

市街地への侵入を果たします。

そのころ、

タービンズのラフタとアジーは

巨大なモビルスーツと交戦。

その巨大モビルスーツの前に

アジー、ラフタ機が撃破され、

たぶん二人とも・・・

あらら、こんなに呆気なく( ;∀;)

名瀬タービンが悲しむだろうな。

下手するとオルガと名瀬の関係にも・・・

二人を戦死させた

巨大モビルスーツを操っているのは

アラヤシキシステムを装着したアイン。

シノのモビルスーツもギタギタにして

もう完全に悪役です。

その戦闘中、

アインはクーデリア抹殺命令を思い出し、

エドモントン市街地へ。

市街地にモビルスーツが入ると

街の機能が停止するため、

鉄華団さえモビルスーツではなく

モビルワーカーを使っていたのに。

アラヤシキシステムの弊害か

アイン滅茶苦茶です。

あと一歩で代表選が行われる

議事堂に着こうという時に

アインがクーデリアの前に。

アインがクーデリアを

抹殺しようというところに

現れたのはやっぱり主人公。

三日月カッコ良すぎですね。

その一方ガエリオと対峙する

マクギリス。

もう仮面をつける必要もない様子。

一体どうするつもりなんでしょう。

今回が戦闘メインで

見ごたえがありました。

キャラが死に過ぎな

感じもしますけど。

果たして次回どうなるのか、

早く続きが見たいです。

今回のまとめ三行

・エドモントン市街地に侵入できない鉄華団。

・鉄華団の団員が次々に倒れていく

・クーデリアの危機に三日月が到着

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする