この素晴らしい世界に祝福を!第10話「この理不尽な要塞に終焔を!」の感想 「まさかのバッドエンドからの2期制作発表かよ」

xx5


あらすじ&感想(ネタバレあり)

今期覇権候補筆頭の今作も
今回で最終回。
どうして10話しかないんだよ。
原作まだいっぱい余裕あるのに・・・
と思っていたら今回の最後で
2期制作発表。
素直にうれしいです。

では今回の話を振り返りましょう。

カズマ達の街にデストロイヤー警報が発令されます。
何とカズマ達がフラグを立てまくっていた
機動要塞デストロイヤーが接近してきたのです。
まあね、雪精の回の時、
あれだけ何度もデストロイヤーって言ってたから
こうなるのは予想できましたけど。

デストロイヤーの前に
駄女神さまや
中の人が声優アワードで新人賞取っためぐみん
はさっさと逃げ支度。

でもカズマだけは逃げるのを渋ります。
だってせっかく手に入れた屋敷を失いたくないから。
馬小屋暮らしに戻るのが嫌なカズマさん、
デストロイヤーと張り合うつもりです。

さて結界が張られたデストロイヤーに死角はなく、
万事休すかと思ったら、
我らが駄女神さま、
結界を取り除くことができるようです。

あとは強力なダメージを与えられる魔法さえあれば・・・
魔法?
はい、いました、
強力な魔法を打てる頭のおかしい子がw
という訳でめぐみんがトドメを刺す役に。

でもさすがのめぐみんも一人だけでは
仕留める自信がなさそう。
そして丁度現れたのがウィズ。
どうやら凄腕アークウイザードとして名をはせてたようです。
今は貧乏天使の二つ名を持つアンデッドのリッチーですけどw

さあ、役者は揃いました。
緊急クエスト
「機動要塞デストロイヤーから街を守れ」
開始です。

1話でカズマとアクアがバイトしていた
土建屋のおっちゃんたちが迎撃の場所の整備をしている頃、
ダグネスは最前線に立っています。
そこにやってきたカズマ。

ダグネスはここで本当の正体をカズマに話します。
実はダグネスのホントの名前はララティーナ。
ここら辺を治める領主の娘。
つまりお嬢様だったのです。
そのためこの街の住民を守らなければならない。
そうカズマに話します。

カズマとダグネス、
良い雰囲気です。
あ、ちなみにカッコつけてるダグネスさん、
今回ロクな働きしませんので。
たぶん前回視聴者にサービスし過ぎたので
自重したのでしょうね(そんな訳ない)。

そしてとうとう街から見えるところまでやってきた
デストロイヤー。
見た目は鉄の巨大クモ。

その見た目に
駄女神とめぐみんは怖気づきます。
めぐみんなんかは、
「だいじょうび」と
ダグネス並にちゃんとした発言が
できないくらいの状態です。

しかし二人ともやるときはやる子たち。
OPがここで流れてきて
ボルテージは最高潮。

駄女神が結界を破ったら、
めぐみんとウィズが爆裂魔法を発射。
うん、これって中の人達的には
日曜朝のアニメですわw

ともかくこのダブル爆裂魔法で
デストロイヤーは活動を停止。

まあOPが掛かった時点で
勝つのは約束されていましたけどね。

だがここで問題発生。
モブたちが死亡フラグを立てはじめたのですw
あかん、このアニメでフラグはあかんw
そしてトドメに駄女神までフラグを立てやがった。

当然フラグ立った以上、
カズマ達には危機が訪れます。
デストロイヤーの自爆スイッチが入っていしまったのです。

ここでクエスト変更、
超緊急クエスト
「機動要塞デストロイヤーの自爆を阻止せよ」
が発令されました。
ホントこの街のギルド、
緊急クエスト多すぎですわ。

さすがに冒険者たちも逃げ出しますけど、
ダグネスだけは持ち場から離れません。

街をも消滅させるデストロイヤーの前に
身を晒しているという興奮に
歓喜しているだけだったですけどw

そしてそれだけでは飽き足らず、
デストロイヤーに向かって突進していきます。
「行ってくりゅ」と
いつもの舌足らずの言葉を残して。

その姿を見た冒険者たち。
街を守るためにダグネスが
デストロイヤーの破壊を決意したと極解w
各々いろいろな思惑でデストロイヤー破壊を決意します。

・・・まあ男性冒険者のほとんどは
サキュバスの店のことを思い浮かべながら
決意したみたいですけど。

うん、エロの力は偉大ですw

冒険者たちの尽力で
デストロイヤーの内部に侵入したカズマたち。
そのデストロイヤーの中で発見したのは、
デストロイヤー開発者の哀れな姿。
近くにあったこの開発者の日記を
アクアが読んでみると・・・

まあ、無理にデストロイヤーを作らされたあげく、
デストロイヤーが暴走して故国が滅亡。
自分もデストロイヤーから逃げ出せなくなったので
この中で余生をおくったみたいですw
全然哀れじゃね~よw

さてこの日記から
このデストロイヤーの動力がコロナタイトであるとわかります。
そして現在このコロナタイトが暴走中。
自爆を止めるためにはコロナタイトをどうにかしなければいけません。
そこでウイズは転移魔法でどこかに飛ばすことを提案しますけど、
ウイズには転移魔法を使うだけの魔力の余力がありません。

ここでウイズはカズマの前に。
見つめ合う二人。
カズマのあごに手を添えて
ウイズは一言、
「吸わせて」と。

もうカズマでなくても
イチコロですわw
羨ましいぞカズマ。

「喜んで」
と返すカズマ。
何を吸うの?なんて野暮なことは聞きません。

でも残念でした。
このアニメ、
ギャグアニメなんですよ、カズマさんw

あごに添えた手から
カズマの魔力を吸いだすウィズ。
うん、予想通り。

アクアさえもビックリするくらい
魔力を吸われて干からびたカズマさんw
次のシーンでは元に戻っていましたけどw

さあ、また準備は整いましたけど、
転移魔法は転移場所に制限があるらしく、
ランダムテレポートでないとすぐには使えないと。
もう時間がありません。
カズマは全責任は取ると言って、
ランダムテレポートを使わさせます。
まあ、これがカズマの運命を決めることになるとは・・・

カズマ自身は運が高いのですけど、
ランダムテ
レポートを実際に使うのは
ウィズですからねえw

これでデストロイヤーの自爆もなくなるだろうと思ったら、
ダグネスの香ばしい嗅覚が何かを嗅ぎ取った様子w
ってそれがフラグだろうに。

今度はデストロイヤーの温度が急上昇。
また街が危機に。
ここで街が消滅すれば借金も消えるのではないかと
考え始めた駄女神。
その駄女神の魔力をウイズに補給して
爆裂魔法で一輝に問題解決しようと
カズマは思いつきますけど、
駄女神に魔力をアンデッドであるウィズが吸収したら、
聖のパワーでウイズが消えてしまうそう。

万事休す。
でもこれはアニメ。
危機の回避にはご都合主義でw

カズマ達のところに
機織り職人の荒くれ者さんにおんぶされて
めぐみんが到着w
ホントご都合主義です。

カズマのセクハラドレインタッチを媒介に
アクアの魔力がめぐみんに送られ、
めぐみん復活。

そして最後の爆裂魔法が
デストロイヤーに直撃。
デストロイヤーは消滅しました。

エピローグ

デストロイヤーを破壊し
日常が戻ってきました。
チュートリアルもこれで終わり。

そんなカズマ達のところに
王都からの使者が。

報酬が貰えると思ったら、
転移したコロナタイトが
大領主の屋敷のところに転移して
屋敷が吹き飛んだそうです。
だから言ったのにw
転移させるのはウィズだから
カズマの運は関係無いってw

この一件で国家転覆罪の容疑をかけられたカズマさん。
あえなく王都から来た眼鏡っこの使者と
王都へ召喚ですw

そしてここでED。
まさかのバッドエンドかよw

って思ったらED後、
2期制作発表。
やったぜ。

でも2期っていつ放映になるのでしょうか。
通常なら1年は製作期間取りますから、
早くて2017年の冬期でしょうか。
ともかく今から楽しみに待ちましょう。

今回のまとめ三行

・みんなでデストロイヤー破壊クエスト
・ダグネスはお嬢様だった
・まさかのバッドエンドからの2期制作発表

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする