だがしかし第9話「わたパチとうんチョコと… 」「さくら大根とたまごアイスと…」の感想

感想(ネタバレあり)

Aパート。
ココノツ不在のシカダ駄菓子。
サヤ師が一人でいると
ほたるさんがやってきますが、
なぜかほっぺが赤い。
どうやら口内炎が原因。
でも口内炎でこの表現方法は
安直すぎる感じがしますね。
まあわかりやすくはありますけど。

口内炎で何か食べると
もの凄く痛いのに
食べ続けるほたるさん。
なぜそこまで駄菓子を食べ続けるのか
私のような凡人には理解しがたいです。

さてそんないつもと同じのほたるさんに対し、
サヤ師は動物のパッケージの
可愛いチョコに目が行きます。
そう何か今小学生のに人気らしい
うんチョコという駄菓子です。

人気の理由はパッケージだけではなく、
チョコが動物のお尻から出てくるという・・・
うん、小学生こんなの好きですもんね。

それを知ってサヤ師は少し引いてますけど、
ほたるさんはどこ吹く風。

午後のティータイムのように
優雅に駄菓子を食べます。
いつもと作画のタッチを変えて
スタッフも本気ですw

そしてオチは・・・
オチはご自身でご視聴くださいw
ベタですから。

Bパート。
シカダ駄菓子に戻ってきたココノツ。
そしてそこには
ごはん山盛りのお茶椀を持ったほたるさん。
ここでほたるさん、
自分は関西出身だとカミングアウト。
さかんに自称関西弁を披露しますが、
それさんミュージックのお笑いコンビの
ギャグでないか~いw

まあお茶椀持っていた理由は
漬物の駄菓子、
さくら大根を紹介するためだったのですけど、
東日本では駄菓子屋に漬物置いているのですね。
西日本にしか住んだこと無い私から見たら
カルチャーショックです。

そして最後は関西出身ってあれは嘘だと
告白して出ていくほたるさん。
意味わからん。

と思ったら今度はアイス持って帰還w
そのアイスの愛称を巡って
ココノツと論争に。

爆弾アイスとおっぱいアイスなら
やっぱり後者でしょうねえ。

そして最後はアイスを温めすぎて破裂。
アイスがほたるさんの身体中に飛び散って・・・

うんエロい。
最後の最後で来ました。

個人的にはサヤ師派ですけど、
こんなシーンみたら
ほたるさん派に
くら替えしたくなりますw

今回のまとめ三行

・ほたるさんは口内炎
・駄菓子屋で漬物
・ほたるさんエロい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする