この素晴らしい世界に祝福を!第9話「この素晴らしい店に祝福を!」の感想 「仲間同士が争う展開!!どうしてこうなった・・・全部カズマが悪い」

xx5


あらすじ&感想(ネタバレあり)

前回デッカイお屋敷をゲットしたカズマたち。
暖炉の前であくびをする。
馬小屋でまつげが凍っていた生活から
登りつめましたねえ、
まあ、全部ウィズに便宜を図ってもらったおかげですけど。

余裕があるのか、
駄女神の知力のステータスが
もう一生上がることが無いことを知って、
同情して涙を流しますw

さてカズマが街を歩いていると
いつの間にか知りあったキースとダストが
こそこそしています。
前回のウィズといい、
エピソード端折り過ぎだろ(-_-メ)

さて、2人になぜこそこそしていたか
理由を聞いてみれば
サキュバスが経営している
男性冒険者に良い夢を見せてくれる店に
入ろうとしていたようです。

サキュバスとは
イヤラシイ夢を見させてくれるモンスターで、
精気をちょっとだけ提供する代わりに
男性冒険者に臨むままの夢をみさせてくるらしいです。

うん、ここで確信、
今回エロいサービス回だとw

これはカズマでなくても
男なら嬉しいですわw
夢だから某条例も関係無いしw

あとサキュバスの声やっているの
三石琴乃さんだから余計エロく感じました。
だって私みたいに
エヴァ見ていた世代だったら
みんなミサトさんにメロメロだったはずですから。
ああ、断じてのび太のママとは思ってはいけませんからw

それとみんな大好き、
荒くれ者さんもサキュバスの店に来ていましたね。
職業欄に冒険者では無く、
機織り職人と書いていたところには笑いましたが。

さてサキュバスの店で準備を済ましたカズマは
お屋敷に帰宅します。
サキュバスからは熟睡しないために
お酒を控えるように言われて。

でもそんなときに限って邪魔が入るのがお約束。
ダグネスの実家から高級カニと日本酒が送られてきて
カニパーティーです。

カニをそのまま食べるのもいいですけど、
大人だったら当然甲羅酒ですね。
性格がおっさんと変わらない駄女神さまが
率先して甲羅酒を飲んでます。

当然カズマも甲羅酒を飲もうとしますが、
サキュバスから言われたことを思い出して
飲むのを躊躇します。

そんなカズマにカニと酒を勧めるダグネス。
性欲と仲間との楽しい一時、
カズマはどっちを選ぶのか?

・・・当然カズマは性欲を選びますw
ギャグアニメだから当たり前です。
仮に某アニメのハルヒロだったら
仲間との一時を選ぶでしょうけどw

さてベッドに入ったカズマですけど
なかなか寝付けません。
仕方が無いのでお風呂に入りますけど、
そのままお風呂で寝てしまいます。

そしてお風呂に入ってくる一人の女性。
なんと素っ裸のダグネスがお風呂に入ってきたのです。

カズマがいるのに気付いて慌てるダグネス。
一方カズマは
これがサキュバスが作りだした夢だと誤認。
夢だからと割り切り、
ダグネスにいろいろ命令を出し始めます。

最初はそれを拒否していたダグネスでしたが、
カズマの迷いの無い態度に押されて渋々いろいろなことをやります。

そしてとうとう最後はダグネスの身体そのもので
カズマの背中を洗おうとした時、
駄女神の声がw
くそう、駄女神ホント空気読めん奴だわw

どうやら駄女神とめぐみんが
屋敷に侵入しようとした
小さいサキュバスを捕えたのです。

これでダグネスとのことが
夢ではないと気づいたカズマ。

サキュバスに操られてカズマがおかしくなったと
ダグネスが勘違いしたため、
それにそのまま乗っかり、
サキュバスを逃がして
自分に火の粉が掛かるのを避けようと瞬時に判断。
サキュバスを退治しようとする
駄女神・めぐみん・ダグネスの前に立ちはだかります。

仲間同士が戦う熱い展開、
どうしてこうなった?

・・・全部カズマのせいですけどw

カズマは明らかに南斗〇鳥拳のレイみたいな声を上げて
3人に襲い掛かりますけど、
袋叩きになってジエンド。
でもサキュバスが逃げる時間を稼いだおかげで
サキュバスは逃亡に成功します。

カズマは戦術的には敗北しましたが、
戦略的には勝利したというところでしょうか。
否、サキュバスの夢が見れなかったので戦略的にも負けかw

さて翌日、
突っかかってくるダグネスを揶揄いながら
庭の掃除をするカズマ。
そこに鳴り響く警報。
なんとデストロイヤーがカズマ達の街に接近中らしいのです。
まあ前々回からフラグ立てまくりでしたから
来るのは分かっていましたけど。
何かいっきに話がシリアスになってきました。
果たして次回どうなるのでしょうか

・・・まあギャグで終わるでしょうけどね。

今回のまとめ三行

・また唐突に新キャラが
・サキュバスの夢見てみたい
・ダグネスとのお風呂w

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする