無彩限のファントム・ワールド第10話「小さいルルの大きな夢」の感想

感想(ネタバレあり)

今回はルルのメイン回。
話自体はルルが魔法ファントムの力で
大きくなって、
晴彦たちの学校に転校。
いつもと違う日常を過ごすという
テンプレアニメや小説で良くある設定です。
そして最後は仲間を守るために
自分の正体を晒すというのもお約束。

お約束なので安心して視聴できるのがメリットですけど、
先のストーリーがすぐわかってしまうのが難点です。

今回よかったのは小糸さんの扱いでしょうか。
いつもはクールのなのに、
ルルが付いた嘘の話に感動して
一番騙されていましたね。
小糸さんの素直な一面が見れてよかったです。
あと普通に晴彦たちと行動を共にしていますね。
少しは心境の変化があったのでしょうか。

本作も残りわずか。
果たしてどうやって終わらせるのか
たいへん楽しみです。

今回のまとめ三行

・今日は花火大会
・ルルが大きくなって晴彦たちの学校へ転校
・ルルが元の姿に戻りみんなを守る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする