機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第22話「まだ還れない」の感想 「オルガを復活させたのはやっぱり主人公でした」

感想(ネタバレあり)

前回の続き。

ビスケットを失ってしまった鉄華団。

言っちゃいけませんことですが

パイロットは替えはいますけど

オルガを抑えることができる参謀役は

ビスケット以外鉄華団に存在しません。

ビスケットの喪失は痛すぎます。

また感情的にも。

あの三日月がカルタを討てず、

ビスケットの死に慟哭するくらいですから。

友人の心さえも利用する

Aパート。

遺体袋に入れられているビスケット。

鉄華団は重苦しい雰囲気になり、

オルガは腑抜けに・・・

その一方マクギリスは

カルタの生存を知り、

暴言を吐きます。

あれ?

幼馴染だったんじゃね~の?

そのマクギリスはガエリオの元へ。

ガエリオは

アインをサイボーグ化するかで

悩んでいます。

そのガエリオに

鉄華団を見失ったことを言う

マクギリス。

それだけでなく

ギャラルホルンに内通者がいることを

臭わせます。

まあ、内通者はアンタ(マクギリス)

ですけどね。

そしてガエリオの鉄華団に対する

敵がい心を煽って

アインに

アラヤシキシステムを埋め込ませるように

暗に勧める。

改革のためには犠牲を厭わない

マクギリスの姿勢が現れてきましたね。

オルガ復活!そしてギャラルホルン殲滅宣言

Bパート。

オルガが引きこもってしまったので

鉄華団の中も

おかしい雰囲気になっています。

それだけビスケットの喪失は

大きいのです。

その中で冷静なのは、

年長者のおやっさんと

メリビットさんだけ。

このおかしい雰囲気を

変えるには

団長であるオルガが出てきて

引き締める必要がありますけど、

果たして出てこれるのでしょうか?

その頃クーデリアは

蒔苗氏と会談し

この後の算段をつけます。

さらにクーデリアは

アラスカのアンカレッジで

鉄道でエドモントンに

向かうつもりのようです。

ずっと船を使うと思いこんでいる

ギャラルホルンを出し抜ける

可能性がありますけど、

果たして?

同時にクーデリアは

アーブラウの代表選で

蒔苗氏を勝たせるために

いろいろ手を打つように

仕向けます。

クーデリア、

ホント強く賢くなりましたね。

甘ちゃんだった

お嬢様の面影はもうありません。

さてメルビットさんは

タービンズのラフタたちに

オルガのことを相談しますが、

そっけない態度を取られます。

まあタービンズは部外者だから

口出すとややこしくなりますからね。

そんな中、

オルガの元を訪れる三日月。

三日月はオルガに指示を求めます。

そしてわざとオルガを怒らせて

オルガを復活させる三日月。

オルガ復活。

ちょっと安易すぎる感じがしますけど、

まあ結果的にはこれでいいかも。

復活したオルガは

ビスケットたちの敵討ちのために

邪魔をするやつらを全部潰す、

つまり実質ギャラルホルンを

潰すことを宣言。

かなり無茶のような気もしますけど、

少年たちが多い鉄華団では

わかりやすい目的を作るのが

良いかもしれません。

鉄華団とクーデリアたちは

アンカレッジで鉄道に乗り換え、

一路アーブラウの代表選が行われる

エドモントンへ。

おそらくギャラルホルンの

妨害があるでしょうけど、

それを潜り抜け蒔苗氏を

代表選に出すことができるでしょうか?

次回も目が離せませんね。

今回のまとめ三行

・オルガが腑抜けに

・マクギリスが暗躍

・エドモントンへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする