ダンまち外伝ソード・オラトリア 第1話『剣姫と妖精』の感想 「アイズ視点で描かれるベル君との出会い」

感想(ネタバレあり)

さあ始まりました

ダンまち外伝ソード・オラトリア。

今回は基本顔見せ回。

メインキャラたちが

どんな立ち位置なのか

視聴者に示すことが

メインだったようです。

ただそれだけに留まりません。

第1話から派手な戦闘やって

そして本編第1話冒頭の

あの場面とのリンクが描かれるなんて。

2年前に放送された本編視聴された方は

懐かしく思ったかもしれませんね。

スポンサーリンク

ヒヨッコ魔導師でもレベル3です

ダンジョン攻略を進めるロキ・ファミリア。

団長であるフィンの指揮の元、

ティオネ、

ティオナ、

ベート、

リヴェリアなど

レベル5以上の猛者たちが

モンスターたちを狩っていきます。

そんな中、

レベル3のヒヨッコ魔導師レフィーヤが

魔法の詠唱中、

前衛を突破したモンスターに突進されて

レフィーヤ大ピンチ!!

その大ピンチを救ったのが

ロキ・ファミリアのエース、

剣姫という2つ名を持つアイズ。

ソード・オラトリア第1話より引用

アイズのおかげで

何とか助かったレフィーヤ。

でも課題は残りました。

もともとロキ・ファミリアの精鋭ばかりを

集めた今回の遠征、

レフィーヤのようなヒヨッコが

メンバーに選ばれること自体

異例だったのですが

実はレフィーヤは未完の大器。

その潜在能力を花開かせるために

今回のメンバーに選ばれたのです。

しかし当の本人が今回のことで

しょげてしまい・・・

ソード・オラトリア第1話より引用

ヒヨッコと言っても

レフィーヤはレベル3。

本編第8話でミノタウロスと死闘を繰り広げた

ベル君よりはるかに強いのですけどね。

さて、

ロキ・ファミリアの首脳部では

アイズの行動も問題視されます。

確かにレフィーヤの危機を救ったので

結果オーライですが

あれは明白なスタンドプレー。

各自好き勝手やるようになれば

連携が取れなくなり、

ロキ・ファミリア自体の戦闘力が

落ちてしまいます。

団長のフィンから

それを注意されるアイズ。

エース相手でも

言うべきことは言う。

こういうことを徹底しているので

ロキ・ファミリアは

強いのでしょうね。

イモ虫襲来

ロキ・ファミリアは

ダンジョン第50階層にキャンプを張り、

第51階層以降の攻略準備を

行っています。

たぶん50階層って

18階層みたいにアンダーリゾートとなっていて

モンスターがポップしないのでしょうね。

だからロキ・ファミリアの面々も

どこかゆったりしている様子ですが、

なんと51階層からイモ虫の大群が

50階層に殴り込みをかけてきたのです。

いきなりの攻撃で

ラウルが負傷しますが

すぐに戦闘に入るロキ・ファミリア。

しかしイモ虫を物理攻撃すると

消化液が噴出し、

何もかも溶かしてしまうので

魔法で一掃するしかありません。

そこでリヴェリアは

フィンと相談し、

魔法で一掃する役に

レフィーヤを抜擢します。

レフィーヤに足りないのは

自信。

そう確信している

リヴェリアからの進言に

フィンもすぐに同意。

物資になどにかなりの被害が出ている以上、

今回の遠征を続けるのはまず無理。

だったらレフィーヤに自信をつけさせて、

次回以降の遠征で戦力となってもらう。

回り見るとかなりピンチに見えますが

リヴェリアもフィンも余裕がありますね。

でもこの配慮結局

寸でのところでレフィーヤが

ヘタレて失敗。

あ~あ、

って感じですけど、

いきなりこんな大役任されて

すぐに結果出せる訳ありませんよ。

結局リヴェリアが魔法でイモ虫たちを

一掃して一件落着。

ソード・オラトリア第1話より引用

レフィーヤ以外のメンバーの

強さ(凶暴さ)だけが

際立つ戦闘となりました。

特にティオネヤバいですわ。

キレたからって、

消化液を体に浴びて

全身やけどしているのにも関わらず、

イモ虫を肉弾攻撃するその姿は

恐怖ですw

ソード・オラトリア第1話より引用

遠征を諦め

帰途につくロキ・ファミリア。

しかしなぜイモ虫たちは

50階層に攻め寄せて来たのでしょうか?

何かヤバそうなおっさんたち

のシーンがあったので

誰かがロキ・ファミリアの邪魔をしたの

確実ですが。

ダンジョンで出会ってしまった二人

ダンジョンからの帰り道、

第17階層でミノタウロスの大群の

襲撃を受けるロキ・ファミリア。

でもロキ・ファミリアの精鋭たちの

敵ではなく、

すぐに殲滅戦を開始。

しかしロキ・ファミリアの強さを

目の当たりにしたミノタウロスたちは

自分達が襲いかかったの忘れて

上の階層に逃亡します。

上の階層にはまだ半人前の冒険者たちが

たくさんいる。

他の冒険者に迷惑をかける訳には

いかないので

ミノタウロスを追撃する

アイズとベート。

そして残りは1匹。

男の子の悲鳴を聞いたアイズが

急行すると

今にもミノタウロスに殺されそうな

男の子が。

すぐにミノタウロスを血祭りに

あげるアイズ。

そしてアイズはその男の子に

声をかけますが、

その白髪の男の子は

悲鳴ような雄叫び声を

あげて逃げ去っていきます。

顔はミノタウロスの返り血浴びて

真っ赤な状態で。

それを偶然見たベートは

その男の子をトマト野郎と

バカにしますが、

アイズは何か別の感情を抱いたようです。

・・・

はいこれって

本編第1話冒頭の

アイズとベル君との出会いですね。

本編ではベル君視点で

描かれていましたが

今回はアイズの視点から描かれました。

ソード・オラトリア第1話より引用

絵は新しいものですけど

本編見ていた自分としては

懐かしく思えてきます。

今回はここで終了。

アイズとベル君の出会いあり、

さらにレフィーヤのヘタレ具合と

ロキ・ファミリアの強さ

十二分に描かれていて

第1話としては大満足だったと思います。

今後どんな展開をしていくのか?

次回以降も楽しみです。

今回のまとめ三行

・レフィーヤの危機を救うアイズ

・イモ虫の大群との死闘

・ベル君とアイズの出会いがアイズ視点で

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする