冴えカノ♭ 第1話「冴えない竜虎の相見えかた」の感想 『詩羽先輩とえりりの出会い!!誰かさんがいなければ・・・」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

さあ地上波でも

ようやく始まった

冴えカノ第2期。

 

でもAmazonでは

地上波より先に配信されております。

てっきり0話だけ

先行配信だと思っていたのに。

(アニメ版のサイトで確認したら

2話以降はフジテレビの放送後に

配信するみたいです)。

 

さてこの第1話のメインは

詩羽先輩とえりりの出会いの話。

 

アニメ第1期の時点で

既に知り合いだったこの二人。

今回のお話は

どうやって二人が知り合い、

どうして仲が悪いのか?

というにフォーカスしたもの。

 

原作でいうと

GirlsSide第1巻前半のお話となります。

原作と微妙に変わっているところが

あるので、

まだGirlsSide読んだことない方は

今から読んで比べてみるのも

いいかもしれませんね。

 

ああ、GirlsSide1巻の

後半は読まない方がいいですよ。

たぶんアニメ第2期のクライマックスの

ネタバレになってしまうので。

 

 

スポンサーリンク

二人が仲悪いのは?

 

霞ヶ丘詩羽、

そして沢村スペンサー英梨々。

 

今日も二人で仲良く喧嘩中。

相手をえぐる様な言動に

余念がありません。

 

そんな二人を

遠巻きに眺めている

倫也と加藤。

 

 

アニプレックスチャンネル TVアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』#1「冴えない竜虎の相見えかた」予告映像より引用

YouTube

 

 

仲裁してもロクなことに

ならないことをよく知っているために

介入しようとしません。

 

まあ仲裁したら

今度は不倶戴天の敵同士が

手を組んで、

仲裁してきた人物を

メッタメタに攻撃してくるの

確実でしょうから。

 

二人の喧嘩を見ながら

二人はどうして仲が悪いのだろう?

二人はどうして知り合ったのだろう?

そんなことを考えだす倫也。

 

このセリフに

さすがの加藤も飽きれて

ラノベの一節を

倫也に読ませます。

 

「え?何だって?

よく聞こえなかったのだけど」

 

さらに追い打ちとして

倫也のことを

 

「難聴最低鈍感主人公」

 

と呼ぶ加藤。

 

サラッとしているので

流してしまいそうになりますが

凄い毒舌です。

あのフラットだった加藤が

どんどん黒くなっていく・・・。

 

 

スポンサーリンク

きっかけはやっぱり倫也

 

1年前、

図書館で自分の書いた小説、

『恋するメトロノーム』を見つけて苦笑する

詩羽先輩。

 

苦笑したのは

これを図書館に入れるように

頑張った

ある下級生のことを知っているから。

 

下級生の名前は安芸倫也。

霞ヶ丘詩羽ことラノベ作家霞詩子の

熱狂的なファンにして

詩羽先輩の想い人。

 

恋するメトロノームを

手に取って、

図書カードを見てみる詩羽先輩。

 

今までどんな人間が借りたのか

確かめるために。

 

一番最初に借りていたのは

案の定、倫也。

でも次に借りたのは・・・。

 

放課後、

金髪ツインテールの下級生、

沢村スペンサー英梨々に

呼び止められた詩羽先輩。

 

アニプレックスチャンネル TVアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』#1「冴えない竜虎の相見えかた」予告映像より引用

 

詩羽先輩はえりりのことを

知っているようです。

えりりの姿をみて

すぐに名前を言ったので。

 

まあ二人とも豊ヶ崎2大美女と

呼ばれる人間ですので、

名前ぐらい知っていたのでしょうね。

 

しかしえりりは詩羽先輩に

なぜか喧嘩腰。

 

そして詩羽先輩に

冴えないオタクと親しくしているのは

マズいのでは?

またオタクと付き合うとしても

倫也だけは止めておいた方がよいと

ありがたい忠告をしてあげます。

 

初対面の相手なのに

ここまで言うなんて。

 

やっぱりえりりとしては

このままだと倫也を詩羽先輩に

持っていかれるという危機感が

あったのでしょうね。

 

だからヘタレの癖に

勇気を振り絞って

こんなことを言ったのでしょう。

 

勇気を振り絞るのだったら

さっさと倫也と仲直りすればいいのに。

 

 

ただ相手が悪かった。

えりりがちょっと忠告したくらいで

引っ込む相手ではありませんので。

 

自分に対する悪態は

どうでもいいけど、

倫也に対する悪口は許さない。

 

さらに悪態をつくえりりに

向かって壁ドンならぬ

窓ドンをする詩羽先輩。

 

そして何も知らないえりりに

教えてあげます。

 

自分のペンネームが

霞詩子。

恋するメトロノームの作者であることを。

 

 

スポンサーリンク

二人とも相手の実力を評価しているのに

 

小学校の時喧嘩別れした

倫也とえりり。

でも高校に入学して以降は

少しだけ雪解けして

倫也がえりりのために

お勧めの作品を教える仲に

なってました。

 

そして倫也が推薦した作品が

恋するメトロノーム。

半信半疑で読み始めたえりりでしたが

すぐに泣くくらいハマってしまいます。

 

それから恋するメトロノームのことを

ネットで検索することに。

 

当然恋するメトロノームなら

まずは熱狂的なファンのサイト

「TAKIのHP」は外せません。

 

まあすでに検索結果のTAKIのHPの

色が青色から紫色に変わっていたので

恋するメトロノームを知る以前に

えりりも何度か訪問していたのが

わかります。

えりりもTAKI=倫也と

知っていたのかも。

 

恋するメトロノームに

ハマりにハマりまくったえりり。

 

居ても立ってもいられず、

自分が読んだ感想を伝えるために

倫也がいるであろう校舎の屋上へ。

 

でもそこで倫也の隣にいたのは

霞ヶ丘詩羽。

 

こういうことがあったので

初対面で詩羽先輩に喧嘩腰だったのです。

 

 

さて、一方の詩羽先輩。

えりりがなぜ自分に喧嘩を売ってきたのか

確かめるために

倫也をファミレスに呼び出します。

 

最初えりりのことを

知らないと言っていた倫也ですが

詩羽先輩の単純な誘導に引っかかり、

えりりとの仲を

すべてバラしてしまいます。

 

当然やきもち焼きの詩羽先輩は

暗黒面を前面に出して貧乏ゆすり開始w

 

この後倫也は・・・。

絶対大変な目にあったことでしょうw

 

 

別の日、

詩羽先輩はえりりが

アトリエ代わりに独占している

美術準備室へ。

えりりの同級生を止めるのを無視して

中に入りますが

そこで詩羽先輩が見たのは

可愛い萌え絵の数々。

それに目を奪われた詩羽先輩は・・・。

 

アニメ版ではカットされましたが

この後えりりの絵が気に入った詩羽先輩が

ネットで公開してあるえりりの絵を残さず閲覧して、

さらにえりりが絵がいたあれに手を出すシーンが

あります。

具体的に何に手を出したか知りたい方は

是非GirlsSide1巻の前半を読みましょう。

 

 

スポンサーリンク

倫也がいるから素直になれない

 

えりりを屋上の呼び出す詩羽先輩。

 

詩羽先輩としてはたぶん昨日見た

えりりの絵の感想を

話すつもりだったのでしょう。

あれだけドハマリしたのですから

素直にその気持ちを

伝えるつもりだったのかと。

 

しかし呼び出しの理由を

自分への脅迫と考えたえりりは

一人妄想を語りだします。

 

その言動は

このすばのダグネスを彷彿とさせますw

たぶんこれは声優さんネタなんでしょうね。

 

それでも何とか

踏みとどまり

えりりと会話する詩羽先輩。

 

脱線しかかったのですけど

良い雰囲気になってます。

このまま進めば・・・

と思った矢先、

えりりが倫也の話をした瞬間、

良い雰囲気が吹っ飛び、

悪態をつく最悪の雰囲気にw

 

 

スポンサーリンク

再び現在の時間軸に

 

場面は現在の時間軸に。

喧嘩してクタクタになる

詩羽先輩とえりり。

 

それを見計らったかのように

寄せ書きを書いてくれるように

詩羽先輩とえりりに頼む倫也。

 

アニプレックスチャンネル TVアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』#1「冴えない竜虎の相見えかた」予告映像より引用

 

この2人が仲悪くなった元凶なのにw

でも加藤がさらにお願いしたことで

ちょっとだけ雪解けした感じに。

 

 

今回はここで終了です。

詩羽先輩とえりりが知り合った訳、

そして仲が悪い理由がよくわかる話でしたね。

テンポもよくアッという間に

時間が過ぎた感じです。

 

そういえば

OPの絵が第0話と

入れ替わってましたね。

 

歌とマッチングしているOPだと

思いますが

OPのキャラデザは本編のものと

微妙に違っており、

かなり評価が分かれると思います。

そこは力入れなくてもいいのに。

 

あとEDですが

今回は第0話の

振り返りのようになっており、

思った以上に良い出来だったと

思います。

EDの歌も合ってましたし。

 

今回は外伝の話を持ってきましたが

次回は原作本編第5巻の話になるのでしょうか。

次回も楽しみです。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・やっぱり仲が悪い詩羽先輩とえりり

・詩羽先輩とえりりが仲悪い理由

・相手の実力評価しているのに