「さおつぐ」(松岡禎丞さんと大西沙織さん)のじゃれ合う姿を見たいならエロマンガ先生ニコ生特番第9回を見ればいいじゃない

先月放送された

エロマンガ先生のニコ生特番第9回。

ゲストは

松岡禎丞さんと大西沙織さんの

アイムの声優さんコンビ。

ホントは2月に大西さんが

ゲスト出演する予定でしたが

丁度体調不良で欠席。

そのため、

今回大西さんの先輩である松岡さんと

一緒にゲスト出演することと

なりましたが、

ホントこの二人が一緒だと

番組の面白さが増しますし、

「さおつぐ」のじゃれ合う姿

見ることができます。

番組は現在(2017年4月12日)でも

タイムシフトで視聴可能です。

アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第9回

松岡さんと言えば、

「かやつぐ」

思い浮かべる人が多いですけど、

さおつぐも

負けてはいませんよ。

スポンサーリンク

「無に帰ろう」

まずは松岡さんと大西さんの

登場シーン。

これまでは

アニプレックスの柏田さんと

ゲストが一緒のシーンで始まるのが

定番でしたが(木戸ちゃんがゲストの回を除く)、

今回は松岡さんと大西さんが

一緒に登場します。

まあ登場しますと言っても、

松岡さんは

白目むいて椅子にダラッと

座り、

大西さんは椅子に体育座り。

アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第9回より引用

http://live.nicovideo.jp/watch/lv291457384

そしてなぜか二人とも

「さあ、無に帰えろう」

という謎のセリフを吐きます。

最初見た時、

何か意味あるの?

と思ってましたが

KOFのオロチという

キャラクターのセリフだという

説が有力らしいです。

ホントかどうかわかりませんが。

それが本当なら

ゲーム好きの松岡さんが

このセリフ考えたのでしょうかねぇ。

この登場シーンですが

アイム贔屓の私から見ても

完全に滑ってました。

まあ滑り芸に定評がある

大西さんのために

わざと松岡さんが

設定したんだ・・・と思っておきます。

ただこの2人が

ここで終わる訳ありません。

この後、

松岡さんは

藤田さんの助け船に乗ろうとした

大西さんの発言を潰し、

さらに自己紹介を促した後、

「これがアイムエンタープライズ」

で〆るパターンに強引に持ち込みます。

そしてそれに合わせて

「ヤ~」と掛け声を出す大西さんも

松岡さんと息ピッタリ。

まるで台本通りやってるみたい(そんな訳ない)。

アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第9回より引用

こういう追い込まれたときに

松岡さんが喋ると確実に

面白くなります。

今回はさらに大西さんという

松岡さんの面白さを引き出すのが上手い

直系の後輩がいますから

もう無敵ですわw

後輩を裏切る

松岡さんが通称柏田ロードを

パレードして席に着席した後、

すぐに小芝居スタート。

大西さんが紗霧ちゃんのセリフを

言って、

それに松岡さんが正宗ヴォイスで

答えるという段取りだったみたいですが、

松岡さんがセリフを

言わないというハプニング。

すかさず藤田さんが

「先輩にまた裏切られた」

言って大西さんにさらなるリアクションを

促すのは上手いと思いましたね。

アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第9回より引用

それを聞いて

ちょっとにやけた感じの

松岡さん。

これ単に忘れたのではなくて

松岡さんが

大西さんがどんなリアクションをするか

試したという可能性があるかもしれませんね。

他の女性声優さん相手だと

松岡さんはこんなことしませんけど、

大西さんに対しては

時々悪戯というか

リアクションを試すようなことしますので。

それだけ大西さんに親しみを感じていて

悪戯したくなっちゃうのでしょうね。

AJで松岡さんが司会進行をした話

番組が進み、

AJで松岡さんがステージのMCをした

話に。

最初は藤田さんが話を振って

それに松岡さんが感想を言う形でしたが

いつの間にか

合いの手を入れていた

大西さんと松岡さんがAJのことを

話す形に。

アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第9回より引用

しっかりと先輩を持ちあげるように

話を持っていく大西さん。

そして松岡さんも

大西さん相手ですので

敬語からタメ語にw

最後はたかみなのモノマネまで

飛び出し話終了。

美味しいところは大西さんが

持っていった形になりました。

そういえばこの時、

何気に松岡さん、

藤田さんの方に顔向けてましたね。

カメラが藤田さんを

映していなかったので

目まで見ていたかは不明ですが

藤田さんもだいぶん松岡さんと

打ち解けているのがわかりましたわ。

お兄ちゃんのお水美味しい(意味深)

この番組のクライマックス。

『藤田茜清純化計画』。

これは藤田さんとゲストが

大喜利風の即興劇をしなければいけない

コーナーです。

時間的にかなり押していたようですが

当然大西さんも松岡さんも

逃れることができません。

この手のことが苦手と宣う

大西さんに対して松岡さんは、

「大丈夫、大西は

脈々とアイムの血族を

担って・・・」

と大西さんのハードルを上げていきます。

もちろん松岡さんが純粋に

大西さんに期待しているから

こんなことを言ったという可能性も

ありますが

今回はこの言葉に

大西さんが面白い返答してくれると

期待して言ったように思えます。

この辺は主観ですけどね。

大西さんって、

日笠→松岡→大西という

アイム芸人声優系日笠ルートの王道を

進んでいるので、

周りもリアクションに期待している節が

あります。

大西さんなら

アイムの別ルート(正統派声優系はやみんルートとか

アイドル声優系内田姉ルート)でも

十分やっていけるでしょうけど、

このルートに一番マッチしてますからねえ。

さてお題は二つあり、

今回は二つ目の方の感想を書いていきます。

お題は、

「お兄ちゃんから水を手渡されたときに言う一言」

このお題に対する大西さんの答えは、

「ありがとう。お兄ちゃんのお水美味しい」

うん、いろいろ考えさせる一言ですわ。

考えようによっては完全に下ネタですしw

これには松岡さん大爆笑。

あれだけ爆笑する松岡さんって

かなりレアです。

さらに「さおつぐ」ファンとしては

即興劇の中で

松岡さんが大西さんのことを

「沙織」

と呼んだことに反応したことでしょう。

アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第9回より引用

だって松岡さんが

大西さんのことを呼ぶときは

「大西」という呼びすて。

今まで下の名前で呼ぶなんて

聞いたことありません。

その後、

清純の見本が見たいという流れで

松岡さんも即興劇をします(させられます)が

勘違いして別の役を演じてしまう松岡さん。

松岡さんが間違った役をやったことを

懇切丁寧に大西さんが説明するときや

もう一度正しい役で即興劇をしようとする

松岡さんを止めようとして

松岡さんを掴もうとするしぐさを

咄嗟に大西さんがやってました。

アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作ります 第9回より引用

http://live.nicovideo.jp/watch/lv291457384

まあ実際に掴んだら

松岡さんがびっくりするかもしれないので

敢えて掴まなかったのでしょうね。

松岡さんのことをよく理解している

大西さんだからできる心遣いだと思います。

去年12月のダンまちのニコ生特番のラストで

大西さんが松岡さんの腕を引っ張るシーンがありましたが

そこで松岡さんがびっくりしていたようなので

大西さんがそれを思い出したのかも。

終わりに

さらっと、

「さおつぐ」コンビのじゃれ合うシーンを

ピックアップして簡単な感想を

書いてみました。

これからも「さおつぐ」コンビが

じゃれ合うシーンたくさん見たいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする