『干物妹!うまるちゃん第2期放送決定』は塩漬けにされているアニメの2期製作の呼び水になるかも?

スポンサーリンク

 

 

2期が確実視されていた

おそ松さん第2期決定の情報を

見事にスルーした

うちのブログですけど、

さすがにこっちはスルーできません。

 

 

干物妹!うまるちゃん第2期決定です。

 

 

それも放送が今年の秋から。

 

基本アニメって

分割クール放送以外は

だいたい準備に1年掛かると

言われていますから、

去年に秋ごろに2期の企画が

スタートしたのでしょう。

 

2年前にうまるちゃん第1期の感想を書いて、

さらに現在進行形で

うまるちゃんのスピンオフ漫画、

『秋田妹!えびなちゃん』の感想を

毎月書いている私としては

こんなに嬉しいことはありません。

 

気分的には

土曜日のニコ生で

いきなり2期決定を知らされた

声優さんたちと同じく

涙が出るくらい嬉しいです。

 

 

 

 

ただその一方で

言い方悪いですけど

うまるちゃんでも

2期が作られるということは

それだけアニメ化できる原作が

少なくなっているんだなぁとも

思いました。

 

 

スポンサーリンク

うまるちゃんは2期はなぜ決定した?

 

原作付アニメの場合、

2期をやるかどうか重要視される

指標として

原作の売り上げが挙げられます。

 

BDの売り上げがかなり低くても

原作が売れれば、

製作委員会に参加している原作の出版社が

主導して2期を作ることがあるのです。

 

さらなる売り上げ増加が

見込めるなら

そんなチャンスを放り出す訳ありません。

 

この点、

うまるちゃんの場合は

とあるサイトの情報によると

アニメ放送後、原作の売れ上げが

4倍強になったらしいので

十二分にアニメ化の効果があったと思いますが、

更なる効果を見込むなら

2年も間を空けることはないのではないかと

個人的には思います。

 

 

原作の売り上げと共に

2期を製作する

大事な指標となってくるのが

BD(DVD)の売り上げです。

 

私自身は売り上げ至上主義ではありませんが

こればっかりは否定できない事実です。

 

うまるちゃんの場合、

ニコ生などでの盛り上がりに比べて

売り上げが伸びませんでした。

詳しくは

『BD 売り上げ』で

ググってみてください。

 

その売り上げで考えると

うまるちゃんは赤字ではないけど、

2期をやるか微妙なラインです。

 

ちょっと昔の話ですが

3000本売れて黒字になり、

5000本売れてようやく2期を考えることが

できると言われていましたので。

 

それなのに

なぜうまるちゃんの2期製作が決まったのか?

個人的には

アニメ化できる原作が枯渇したことが

大きく影響していると

考えています。

 

 

まあ、うまるちゃんに関しては

実際に作るスタッフやアニメ製作会社の

スケジュールがいっぱいだったという

可能性もありますけどね。

本数増えたおかげで

ただでさえ人手不足の業界なのに

さらに酷いことになっているので。

 

 

2期が作られず塩漬け状態の作品にも可能性が・・・

 

 

アニメって

基本製作会社側が

原作サイドに企画書を出して

それが通った場合に

アニメ化されます。

これは原作付ドラマと

手順は一緒。

 

だからアニメ化が

成功しそうな原作には

いろいろな伝手をつかって

アニメ化の企画書がたくさん

持ち込まれるのです。

 

ただ昨今、

当たる可能性の高い原作って

ほとんど刈り尽くされた感が強いです。

 

そりゃあ、

週60本以上アニメが

放送されるようになっていますので、

たくさんあった原作だって

使い切ってしまいますよ。

 

さらにBDの売り上げも

年々下降の一途を辿っており、

数年前なら3000本売れなければ

失敗作の烙印押されていたのに

ここ1年3000本以上売り上げた作品が

どれだけあるか。

 

だからアニメの製作側も

数年前に1度アニメ化されて

3000本から5000本程度BDが売れたけど、

そのまま2期が作られていない作品に

目を向けるようになるのではないでしょうか?

 

この説が正しいなら

これからどんどん塩漬け中のアニメの

第2期製作って話が出てくると思います。

 

ちなみに3000本から5000本ぐらい

BDが売れて第2期が作られていない作品は、

 

さくら荘とか、

俺修羅とか、

サーバント×サービスとか、

魔弾の王と戦姫とか

があります。

 

個人的には

まおゆうの続編作って欲しいけど、

別の問題あるので絶望的かなぁ。

 

 

 

終わりに

 

 

原作のストックがあり、

それなり売れる可能性のある

2期やってない作品って

探して見れば結構あります。

 

そのうち、

塩漬けされていたアニメの

2期の製作ブームが来て、

うまるちゃんがその火付け役だったと

言われるようになるかもしれませんね。