サクラクエスト 第1話『魔の山へ』の感想 「由乃ちゃんがチュパカブラ王国国王になるのは運命だった?」

感想(ネタバレあり)

『花咲くいろは』、

『SHIROBAKO』

に続くPAワークス製作、

働く女の子シリーズ最新作、

それが本作サクラクエストです。

なまじ前作の『SHIROBAKO』が

大ヒットしてしまったために

かなりハードルが高くなってしまった本作。

で、ようやく放送が開始したのですが

手堅い作りで十分期待できる

内容だったと思います。

スポンサーリンク

田舎が嫌いなのに田舎で仕事

本作の主人公木春由乃ちゃんは

東京の短大2年生。

ずっと就職活動しているけど、

結果はお祈りメールばかり。

自分は誰にも必要とされていないの

ではないか?

そんなことが頭に浮かび始めた頃、

バイトで登録していたモデル事務所から

仕事の依頼が。

地方の町おこしイベントに

由乃ちゃんが指名されたそうです。

でもまあ、普通ここで

おかしいと思わなければ

いけませんよねえ。

だって1回しか仕事してないのに

指名なんてまず来る訳ありませんから。

ただ今回の場合、

タイミングが悪かった。

もし手元に潤沢な

就活資金があったならば

こんな依頼撥ねつけたかも

しれません。

しかし預金はたった980円しかなく

就活にお金が掛かることを

考えたら・・・。

結局この仕事を受けることにして

指定された場所、

間野山に向かいます。

田舎が嫌で東京に出てきて

東京で就職するつもりが

なんの因果か

田舎で仕事。

運命ってわかりませんわ。

国王になるのは運命だった?

真野山駅についた

由乃ちゃんは大歓迎されますが

何と由乃ちゃんへ依頼自体が

観光協会の手違いだったことが判明。

やっぱりここでも

必要とされていない。

そんな想いが頭をよぎりますが

ここで由乃ちゃんの一発奮起。

あることを喋り始めます。

その言動を気に入った会長は

このまま由乃ちゃんに仕事を

依頼することを決めて

さっそくお仕事開始です。

たぶん就活の時も

こんな風に喋れば

面接も進んで

内定貰えたのかもしれないのに。

でも今回の経験を

次に生かせば

由乃ちゃん内定ゲット

できるかもしれませんね。

次の機会があればですけどw

さて由乃ちゃんの初めての

お仕事は国王即位式。

由乃ちゃんに依頼された仕事とは

チュパカブラ王国の国王となって

間野山をアピールすること。

要は町おこしの一環なのです。

そしてその契約期間は1年w

仕事は1日で終わると思っていた

由乃ちゃん呆然。

でも1年ってしっかり契約書に

書いてあるし、

さすがに民法上の

錯誤も詐欺も成立しませんわw

夜、

一人脱走を企てる由乃ちゃん。

それを知った会長が取った策は・・・。

会長の策自体は

不発に終わりますが、

しおりちゃんの言葉が

加わり効果てき面。

日本人ってこういうのに

弱いですからねえ。

由乃ちゃん、

ちょろそうだしw

そして、

さらにダメ押しがこの後に。

寮に入れなくなった

由乃ちゃんは

寒さをしのぐため

仕方無くチュパカブラ王国の

宮殿へ。

そこで見つけた1枚の写真。

それはチュパカブラ王国10万人目の

来場者を祝う写真であり、

それに映っていたのは

誰であろう幼き日の由乃ちゃんだったのです

国王になるのは

運命づけられていた?

由乃ちゃんがそう思ったかどうかは

わかりませんが、

最後の就活も失敗に終わり、

行くあての無い由乃ちゃんは

国王業に勤しむことに。

今回はここで終了です。

テンポよく進み、

登場人物や間野山の現状を

サラッと紹介したのは見事でした。

説明台詞が最低限にして

あとは絵で認識すて貰う手法って

意外と難しいのですよね。

やっぱりPAワークスの

オリジナル作品には外れ無しですわ。

さすがに今期の覇権は

無理ですけど(進撃あるから)、

十分2番手争いができる作品だと

思います。

次回以降が楽しみです。

今回のまとめ三行

・就活資金のためにバイト

・バイトは国王になること

・過去と現在が繋がった?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする