機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第50話(最終話)『彼等の居場所』の感想 『鉄華団の犠牲が火星に最良の結果をもたらした?そしてきっちり敵討ち成功』

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

前回、

ラスタル討伐に失敗し、

命を失ったマクギリス。

 

これでラスタルを止めるものは

誰もいません。

 

ラスタルにとって

残る仕事は

鉄華団を葬り去り、

ギャラルホルンの権威を

復活させるだけ。

 

一方鉄華団は

オルガの意思を継ぎ、

生きて地球にたどり着くため

抗戦を続けます。

 

果たして三日月は

鉄華団の団員たちは

生きて地球に逃れることが

できるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

三日月が最期に思い浮かべたのは?

 

地下のトンネルを

開通させた頃、

地上では時間を稼ぐために

鉄華団のモビルスーツ隊は

奮闘中。

 

 

三日月は脱出を成功させるために

副団長であるユージンを

退避させます。

脱出行を指揮するには

ユージンを失う訳にはいきませんから。

 

ユージンの指揮の下、

基地を爆破して目くらましを

しようとする一方、

 

三日月と昭弘は

2機のモビルスーツだけで

ギャラルホルンを翻弄。

 

 

これに対してギャラルホルンは

消極的な対処に終始します。

 

そりゃあ昭弘が言う通り

もう勝ちが確定している戦いで

命を賭ける人間はいません。

 

でもそれでも大義のために

そんなの関係ねえと

イオク君だけは出撃しようとします。

 

それを止めるジュリエッタ。

 

まともに三日月と戦っても

被害が増えるだけ。

 

犠牲を抑えるため、

ラスタルはなんと

火星の表面にダインスレイブを

撃ち込んだのです。

 

さすがの三日月も

瀕死の重傷。

 

血だらけとなった三日月は

オルガとの過去の記憶が

走馬灯のように流れます。

 

三日月死ぬの?

 

否、三日月はこれぐらいでは

死にません。

ついでに昭弘も

まだ生きてます。

 

死にぞこないにトドメを刺すため

イオク君は昭弘に突撃。

 

肉体も

バルバトスも

ボロボロ。

でも三日月は

戦いを止めません。

 

昭弘には

イオク君が張り付きますが、

イオク君の名前を聞いた途端、

昭弘のリミッター解除。

 

そりゃあイオク君は

タービンズの潰した仇ですからね。

 

昭弘の最期の攻撃で

イオク君をモビルスーツごと

潰すのに成功。

まさかイオク君圧死するとは。

最後まで生き残りそうだったのに。

 

一方、

三日月はジュリエッタと交戦中。

ただでさえボロボロなバルバトスは

さらにボロボロとなって・・・。

 

ジュリエッタの攻撃で

意識が朦朧とする三日月。

 

三日月が最期に思い浮かべたのは

アトラとクーデリア。

そして三日月は・・・。

 

ジュリエッタの

悪魔を討ち取ったという

宣言で戦いは終了。

 

かくて鉄華団は

ギャラㇽホルンに討伐されたのでした。

表向きは。

 

スポンサーリンク

火星には一番良い結果となった?

 

 

マクギリスが起こした

騒乱が終わり、

ギャラルホルンの権威が復活。

 

ラスタルがギャラルホルンを掌握し、

ギャラルホルンの火星支部を縮小した結果、

地球の経済圏による火星の統治も

消滅。

結果、火星は事実上独立し、

その代表にクーデリアが就任した。

 

結局火星には一番良い結果となった。

そんな感じですね。

 

 

 

ラスタルとヒューマンデブリ廃止条約を

締結するため

地球を訪問するクーデリア。

 

そして

ラスタルにあるヒューマンデブリの

話をするクーデリア。

 

おそらくラスタルも

誰のことを言ったのか

わかっていたのでしょうね。

 

悪魔の首をとった

凛々しき女騎士、

そんな二つ名を得たジュリエッタは

今頃になって

鉄華団をことを理解したようです。

 

ジュリエッタの意図を理解した

ガエリオ。

 

そんなガエリオは

理解できなかった親友のことを

思い浮かべます。

 

何かこの二人くっつきそうですわ。

 

 

 

火星に帰ってきたクーデリア。

その周りにいるのは

旧鉄華団の人間たち。

 

でもすべての人間が

今の状態を納得している訳ではありません。

 

 

オルガを実質的に暗殺した

ノブリス。

オルガを守れなかったライドは

しっかりと落とし前を付けます。

 

良いことではありませんが

ライド良くやった。

 

 

最期のシーン。

 

久しぶりに家に帰るクーデリア。

そこで待っているのは

アトラの息子アカツキ。

父親は当然三日月です。

 

最後はアカツキが

父親である三日月を写真を

見るところでエンド。

 

 

これでオルフェンズ終了です。

 

オルガとマッキーの扱いに

ちょっとイラッとしましたが

最終回は良かったと思います。

 

三日月には生きてアカツキの子育てを

して欲しかったですが。

 

第1期と合わせて4クール

全50話。

十分楽しめましたと思います。

 

スタッフのみなさん

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・イオク君戦死

・三日月の最期はアトラとクーデリアを思いながら・・・

・クーデリアとアトラは三日月の残した息子と