楽しい日々の舞台は九番地へ(今回で最終回だけどね)『うらら迷路帖』第12話の感想

感想(ネタバレあり)

本作も今回で最終回。

ストーリー的な進展はほぼなし、

つ~か、

前回までで区切りがいいし。

そういう訳で今回は

OVAとかでよくありそうな

サービス回仕様となっております。

いつもより肌色率高い上に

年長組(ニナさん、佐久さん)

のあんな姿が・・・。

酒ってホント怖いわ。

ご褒美で温泉に

棗屋の生徒が九番占になったので

そのお祝代わりに

みんなでスーパー占湯に

やってきます。

ホントうらら町って

何でもあるのですね。

でも浮かれているのは

いつもの4人組よりも

ニナさん。

いきなりの

お風呂にする?

ご飯にする?

それとも?

ってどこの若妻だよw

でもお風呂の入ったからも

ニナさんの暴走は止まりません。

お風呂の中で酒を飲むわ、

音泉音頭歌いながら

素っ裸で顔出しパネルで

遊び始めるし。

いつもならそれを止める

佐久さんもお酒でべろんべろん。

もう嫌だこの大人たちw

まあもちろん4人組も

ある程度はしゃいでいますよ。

だって試験という重圧から

ようやく解放されたのですから。

今回はお風呂に入る前に

着物取り変えっこしてました。

着物変えただけで

ホント雰囲気かわりますわ。

特に千矢とノノちゃん。

千矢はいつもの野生児ファッションが

一番似合っていると思ってましたが

ノノちゃんの着物きたら

見違えましたわ。

ここまで似合っているとわ。

あとノノちゃんは小梅ちゃんの

洋服をきたのですけど、

こっちは金髪の髪に

洋服が映えるのなんの。

どこからどうみても

魔女っ子にしか見えません。

こりゃあ小梅ちゃんが嫉妬するのも

分かりますわ。

それとノノちゃんに合わせて

マツコさんも魔女バージョンに

こっちも恐ろしいぐらいに

似合っているというw

魔女っ子バージョンの

ノノちゃん&マツコさんのグッズとか出たら

意外と売れるかもしれませんね。

そういえば紺ちゃんは

千矢の着物きたのですけど、

マタがすーすーすると

言ってました。

まあ、紺ちゃんはいつも

長い袴なので

余計にそんなふうに感じるのでしょうけど、

足出した紺ちゃんもなかなかw

小梅ちゃんは紺ちゃんの

着物きたのですけど、

うん、なんか雰囲気が紺ちゃんにクリソツ。

小梅ちゃんと紺ちゃんって

意外と容姿似ていたのですね。

楽しい日々は続く

風呂からあがった後、

ちょっとしたハプニングというか

うっかりというか

4人が大慌てになることが

ありましたが

それが解決した後、

ある事実が話されます。

4人は九番占となったので

棗屋を出て九番地にある学校に

通わなければいけないのです

つまり棗屋を卒業しなければ

いけないということ。

可愛い生徒たちの旅立ち。

嬉しいけど悲しい、

ニナさんの表情がそれを

物語っています。

その一方4人は

九番地での新しい生活が

楽しみなようでw

まあ、九番地と十番地は

行き来できるでしょうから

会いたくなれば

十番地に行けばいいのですからね。

最後の場面、

お母さんと再会することを夢見る

千矢。

そして我慢できなくなった千矢は・・・。

本作はここで終了。

見事なまでの

「私たちの戦いはこれからだ」

エンドですね。

まだこの先、

4人にどんな運命が待っているか

見たいですけど、

いつのことになるやら。

まあ知りたいなら原作買えば

いいのですけどね。

萌え系としては珍しい

和風テイスト溢れる作品で

結構楽しめたと思います。

スタッフのみなさん、

楽しい作品をありがとうございました。

今回のまとめ三行

・みんなでお風呂

・ニナさん暴走

・私たちの戦いの舞台は九番地へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする