信長の忍び 第25話「城とったどー!!」の感想 「甲賀が大活躍・・・する前に終わってしもうた」

感想(ネタバレあり)

今回は六角家討伐がメイン。

6万の大軍を擁する信長が

負けるとは思いませんけど、

六角家には甲賀忍軍が助勢しています。

果たして無事六角家を

潰すことができるのでしょうか?

敵の裏をかく

絶対的な兵力差がある以上、

正面から堂々と戦っても

信長が負けることはまずないでしょう。

でもその代わり、

六角家の居城、

堅城と言われた観音寺城に籠城されると

落とすのに時間が掛かります。

それに犠牲も増えますし。

では時間をかけず、

また犠牲を少なくするために

どうすればいいのか?

一番良い手は

六角家の戦意を喪失させること。

つまり相手に織田家の怖さを植え付けて

戦う気力を失わさせればいいのです。

そこで信長は

六角家が守りを固めているであろう

最前線の和田山城はスルーして

その後方にある

箕作城を奪取することにします。

そして信長はその大将に

秀吉を指名したのです。

てっきりパシリを命じられると

思っていたのに

戦で一番重要な先陣を任されるとは。

信長の秀吉への期待が現れていますね。

まあ秀吉は大役任されて

内心大慌てでしょうけどw

甲賀は大活躍することなく終了です

和田山城で抵抗して

信長軍に六角家の恐ろしさを味合わせる。

たぶんそれが六角家の基本姿勢だったと

思います。

そのために和田山城には

甲賀忍者100人を配置しているのですから。

まあ明らかに

日本人じゃね~だろと思われる奴も

いましたけど

気にしない気にしない。

おそらく信長が馬鹿正直に

和田山城を攻めていたら

かなり手こずったことでしょう。

ただ信長にも誤算がありました。

それは秀吉に攻めさせた箕作城は

思いの外守りが固かったということ。

まあそれに加えて

秀吉があんまり考えず

攻めたということもあるでしょうけど。

さすがに大将が真っ先に

攻め掛かるのはいかんやろ。

すぐに蜂須賀小六に止められて

事なきを得ましたけど、

ホントに攻め掛かっていれば

集中的に狙われていたかも。

戦闘はいったん中断。

どうするか秀吉が迷っていると

軍師である竹中半兵衛が夜襲を提案します。

敵もまさか夜襲を仕掛けてくるとは

考えていないでしょうという理由で。

まあ確かに箕作城の兵も

あれだけ激戦を繰り広げたのですから

織田軍がまたすぐに攻めてくるとは

思わないでしょう。

秀吉はこの案を採用。

小六に夜襲を仕掛けさせます。

この夜襲で

小六は命よりも大事な

リーゼントを切り落とされて

気落ちしますが、

戦自体は大勝利。

見事に箕作城を落とすことに成功しました。

その知らせに

六角承禎は戦意喪失。

居城の観音寺城を

捨てて逃亡してしまいました。

これにより

織田家相手に大暴れするつもりだった

甲賀忍軍も梯子を外され万事休す。

何もすることができないままジエンドと

なりましたとさ。

基本忍者は大名に雇われてなんぼ。

その雇い主が逃げじゃったのですから

もうどうしようもありません。

これにて信長は

南近江もその版図に加えます。

さあ京の都に行く障害はなくなりました。

次回はいよいよ上洛達成でしょうか?

次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・六角家の裏をかく

・千鳥の出番は小六を慰めるところだけ

・甲賀忍軍残念でした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする