アルスラーン戦記第16話「落日悲歌」の感想 「ラジェンドラ勝利と思ったら予想外の方向へ」

 

感想(ネタバレあり)

 

とうとうラジェンドラと

ガーデーヴィが激突です。

数の上と地の利で優勢を誇るガーデーヴィですが

数なんてどうにでもなりますからねえ。

 

だってパルス軍には

天才軍略家がいますから。

 

スポンサーリンク

すべてはナルサスの予想の範疇

 

ガーデーヴィの戦略は

別働隊でパルス軍を抑えているうちに、

パルス軍とラジェンドラの軍勢を

各個撃破しようとするもの。

 

ですが城にガーデーヴィの別働隊を

引き付けている間に

パルス軍は戦場でラジェンドラの軍勢と合流。

 

おまけに戦場を蹂躙していた戦象部隊を

槍が飛び出す兵器が無力化。

 

パルス軍ホントにチートです。

パルス軍がやることなすこと、

どっかの諸葛亮孔明のパクリに見えるのは

私だけでしょうか。

 

そういえば前回

アルスラーンに命を助けられたジャスワントは、

明らかにガーデーヴィと反りが合いません。

 

いますよね生理的に合わない人って。

ジャスワントがいなければ

今頃ダリューンに

首を取られていたかもしれませんのに。

臣下は辛いです。

 

勝負は神前決闘で

 

さて敗北したガーデーヴィは、

王都に立てこもって戦うつもりでしたが、

何とシンドゥラの現国王、

ラジェンドラとガーデーヴィの父親が

目を覚まします。

 

つ~か生きていたのかよ。

あんたがさっさと後継者決めていれば

問題無かったのに。

 

そしてあろうことか、

神前決闘で後継者を決めることにします。

 

決闘ですから

強い者を立てる必要があるようで、

ラジェンドラはダリューンに

依頼するみたいですね。

 

ダリューンは並ぶものがいないほどの

豪傑ですから

依頼するのは分かりますけど、

自分の部下から選びなさいよラジェンドラ氏。

これでダリューンが勝利しても

国のメンツ丸つぶれと思いますけど。

 

さて来週は神前決闘メインになりそうですね。

果たしてダリューンはどうなるのでしょうか?

 

 

小説版のお話を少し

 

ここからは下は本当にネタバレですので、

TV版しか見たこと無い人は覗かないように。

 

小説版だと

このあとダリューンは神前決闘に臨み、

何とか勝利して

アルスラーンとの絆が深まるのですけど、

その後どうなるのでしょうかねえ。

 

前々回アルスラーンを守って死んだバフマンは、

小説版だとこの神前決闘の後に死ぬのですけど。

 

う~ん、テレビ版だと

かなりボリュームダウンしないと

1部は終わりませんから、

小説版と比べて

どんどん端折っていきそうですね。

その分テンポよく進むので

すべて駄目という訳ではありませんけど。

 

ただこのペースで進んでも

小説版の第1部がすべて終わるのは絶望的。

どこまでアニメ化するのでしょうか?

そっちの方も気になります。

 

今回のまとめ三行

・ジャスワント報われない
・戦象部隊無双だったけど・・・
・決着は神前決闘