AKIBA’S TRIP 第11話「真夏のアキバフェス開幕!」の感想 「仮面の少女の正体は?そしてタモツとキスしたのは?」

感想(ネタバレあり)

毎回ちょっとおちゃらけたムードで

いつの間にか気付いたら

バグリモノを倒している

タモツ達。

ところが今回は

いつもと違いちょっとシリアス。

さらに話が終わらず

次回に続くなんて。

まだアイドル活動してたの?

秋葉原は政府主催で開催される

アキバフェスの準備でどこもてんてこ舞い。

でもタモツ、

いやタモツPは

真剣な眼差しで

彼がプロデュースしている(つもり)の

『まにあ~ず』の歌のリハーサルを見つめています。

つ~か、

まだアイドル活動やっていたのですね。

あれって4話限定の話と思っていたのに。

予想以上の完成度に

本物のまにあ~ずのP、

紅影さんも大満足です。

特にまとめは

歌っている時恋をしているような

顔をしていたらしく

紅影さんもそこをかなり高評価している

ようですね。

でもそんなこと言ったら

まとめは・・・。

ツンデレキャラなので

全力で否定しますわ。

まあ正確には、

気になる男性いるの?

タモツの顔を思い浮かべる

顔が真っ赤

全力否定

だったのですけどね。

直後に笑うにわかちゃんと有紗が

すべてを物語っていますわw

そんなやりとりを

遠くから眺める一人の少女。

前回の最後でも登場したこの仮面の少女は

一体になにものなんでしょうか?

と言いたいところですけど、

運営スタッフさん、

さすがに放送前に

ツイッターで譲歩流すのはどうかとw

名前とCVで

まとめの関係者だとモロバレですよw

つ~か、

高橋さんも自重してw

まあこれが今作のノリなんですけどねw

電気マヨネーズの偽物が暗躍

アキバフェスの準備を銃帳に進める

タモツ達の前にやってくる中央通り自警団の面々。

なんとタモツ達に

ある容疑がかかったようです。

その容疑とは

タモツたちがアキバの平和を乱したというもの。

・昭和通りの街路樹を根元から切り倒した

・カプセルトイ(ガチャ)の中身だけ盗んでカプセルを放置した

・虎の穴で売っていた同人誌が自由帳にすり変えた

・イヤホンズのフィギュアをこんにゃくと入れ替えた

・ポテチのおまけカードの袋はさみで切って中身を持っていった

などありとあらゆる

悪さをしたことになっているタモツw

こりゃあ特別法廷wで裁かれても仕方ありませんわ。

ちなみに日本では

特別法廷は禁止されています。

詳しくは日本国憲法第76条2項と

それを説明した記事などを参照してください。

ググれば出てきますのでw

でもどれも

電気マヨネーズと書かれた犯行カード以外

証拠がありません。

もう然と反論するタモツと有紗。

でも実は確固たる証拠があったのです。

それが監視カメラの映像。

うん、どこからどうみても

偽者だわw

しかし後ろ姿のまとめだけは

ちょっと似ている?

結局自分達で

犯人を捕まえることになったタモツたち。

でもどうやって捕まえる気でしょうか?

と思ったらすぐに

次の犯行してくれたおかげで

簡単に偽者を撃破。

最終的には逃げられましたが

博士の年代物のカメラで偽者たちの

写真を撮っており

すべて一件落着。

この時はそう思っていました。

タモツとまとめがキス?

アキバフェス当日。

そのトップバッターとして

ライブを行う

まにあ~ず。

さあライブ開始というところで

驚愕の情報が入ってきます。

アキバフェスの中止。

さらに劣悪なオタク産業を排除するための

アキバ禁止法の成立と施行。

ナイスジャパン政策を推進していた

政府の手のひら返しキタ――(゚∀゚)――!!

これにより一気に非合法化されてしまった

秋葉原。

意気消沈するタモツに

まとめからSOSが。

万世橋でまとめを発見した

タモツはまとめの近くに急ぎます。

そしてまとめを抱き起こした時・・・。

まとめにキスされたタモツ。

かなりデイープで

舌で舐めるようなキス。

そしてそれは

タモツから

何かを吸い取るようなキスでした。

直後青い光が覆い、

タモツは気を失います。

その後、

本物のまとめが

タモツの元に来た時には。

気を失ったまま

川に落ちたタモツ。

果たしてタモツの運命は?

今回はここで終了。

いつも1話完結だったのに

良いところで終わりやがった。

ああ、今回のEDはこの方たち、

i☆Risです。

しっかりとEDまで聞きましょうね。

今回のまとめ三行

・アキバフェスでまにあ~ずのライブが

・偽物のクオリティが低すぎる

・タモツとまとめ(偽者)のキス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする