二番占の時江さんが占っても見えなかった千矢の母の手掛かり?一体どうなっているのか気になった『うらら迷路帖』第9話の感想

感想(ネタバレあり)

今回は二番占の時江さんと千矢との出会い、

そしてノノを災いから守るため一致団結して

頑張る4人のお話です。

時江さんでも見えなかった千矢の母親

迷子になって

仮面付けた占に難癖つけられている千矢。

そんな千矢を救ったのは

キレイな女性。

このキレイな女性の名前は

時江さん。

上品で綺麗、

まさに美人という言葉が

しっくりくる女性ですわ。

時江さんに自分の身分を明かす千矢。

どうやら現在地からは棗屋は

かなり遠いらしく、

時江さんが棗屋まで送っていってくれるそうです。

途中、

千矢の身なりが気になり、

着物を買ってあげる時江さん。

堅苦しい着物が大嫌いな千矢は

当然嫌がりますが、

身なりがきっちりした瞬間、

周りの評価が180度変わって、

気がづくとタダでもらった食べ物でいっぱい。

貧しい身なりだと

同情して食べ物を恵んでもらうという

話はよく見ますが、

きっちりとした身なりをした結果、

たくさん食べ物を貰うというのは

初めて見たかも。

棗屋に帰る途中、

時江さんに占ってもらうことになった千矢。

二番占の実力は伊達じゃない。

どんどん千矢やその仲間たちのことを

言い当てる時江さん。

これならもしかして

千矢の母親のことをいけるかも?

と思ったら、

時江さんの水晶の中に黒い靄が広がったと

思ったら水晶が破裂!!

二番占をもってしても

占うことができない千矢の母親。

一体どんな謎があるのでしょうか?

ただ水晶が破裂瞬間、

時江さんはちょっとだけ

見ることができていました。

以前登場した

黒い動物のような姿の者を。

ノノちゃんを助けるために一致団結

寄り道しながらようやく

棗屋に到着した千矢と時江さん。

ここで時江さんが

紺ちゃんのお母さんであることが明らかに。

こんな美人なのに

紺ちゃんみたいな大きな子供の母親だなんて。

どれだけ美容にお金使っているのでしょうか?

そっちの方も興味があります。

さて時江さんは迷子になった千矢を

棗屋に連れてきましたが

実は時江さん自身も棗屋に用事があったのです。

その用事とは

今日の寝の刻、

ノノちゃんに災いが降りかかるということ

知らせることでした。

それを聞いて一番ショックを受けるニナさん。

ショックのあまり頭を打って気絶することに。

おいおい。

まあニナさんはノノちゃんを溺愛する

シスコンだから仕方無いか。

さて当然ノノちゃん以外の3人は

手をこまねいて見ているようなことはしません。

ノノちゃんに災いが降りかからないようにするため

あらゆる手段を用いてノノちゃんを守ろうとします。

一緒に勉強してきた大事な仲間。

この行為はある意味当然ですね。

そしてとうとう時刻が寝の刻に。

ああ、ノノちゃんの運命はいかに?

そして予言の時刻が過ぎて

ネタばらし。

ノノちゃんに災いが降りかかるという話は

全部嘘。

時江さんとニナさんがでっち上げたことで、

でっち上げた理由は

今回の嘘を聞いて

4人がどういう行動をするか見るためだったのです。

そしてこれこそが

九番占の昇級試験の予選

一応4人とも合格となり

本選を受験で切ることになります。

結果オーライですけど、

酷い話ですわ。

すべてが終わって

お酒を飲みかわすニナさんと時江さん。

九番占試験が近いということは

4人の旅立ちも近いということ。

早く巣立ってほしいと思う一方、

寂しく思う気持ちが

ニナさんから伝わってくるようです。

次回は九番占昇級試験の本選。

他の茶屋で修行してきた十番占たちとの

死闘が見られるかもしれませんね。

今回のまとめ三行

・二番占でもわからない千矢の母親

・時江さんは紺ちゃんのお母さん

・昇級試験の予選合格

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする