だがしかし第4話「ふがしとふがしと…」「グリコとグリコと…」の感想

あらすじ&感想(ネタバレあり)

今回も2本立て。

1本目は利き麩菓の話。

なぜ利き麩菓子をする必要があるかわかりませんけど、

ほたるさんが麩菓子を食べることで

読者サービスのつもりなんでしょうか。

あんまりエロくは感じませんでしたけどw

でも麩菓子もいろいろな種類があるのですね。

静岡限定のあのピンク色の麩菓子、

さくら棒でしたっけ?

一度食べてみたいです。

2本目はグリコ。

こっちはうんちく全開でしたね。

グリコのキャラメル1個で

300m走るだけのエネルギーを

補給できるなんて知りませんでした。

まあこんなうんちく知っていても

役に立つか微妙ですけど。

あとどんだけサヤ師の喫茶店遠いのでしょうか。

丘を越えて、

海沿いの岩場を越えなければいけないなんて。

それと最後のオチはちょっと当たり前すぎて

イマイチでした。

もうちょっと捻って欲しかったですね。

他の作品のオマージュやエロいが無くなって

パワー不足になっている感がありますけど、

これからの挽回を期待したいです。

今回のまとめ三行

・利き麩菓子で放置プレーw

・グリコのキャラメルのメインはおまけ

・胸の大きさの恨みは怖い

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする