この素晴らしい世界に祝福を!第3話「この右手にお宝(ぱんつ)を!」の感想 「冒険者→パンツを盗む変態→キャベツ泥棒」

xx5

あらすじ&感想(ネタバレあり)

前回の続き。
女騎士ダグネスが仲間に入れて欲しいと
カズマのところにやってきますが、
カズマの危険センサーが反応して、
何とか断ろうとするカズマ。

うん、どうみてもダグネスからは
足を引っ張るオーラが出ています。
ただでさえお荷物が2人もいるのに
これ以上増やすことはできません。

次の日、
昨日のダグネスが
友人の盗賊を連れて一緒にきます。
盗賊の名前はクリス。
カズマは行きがかりで
このクリスから盗賊スキルを習うことに。

盗賊スキルを習得したカズマは
クリスと勝負することになり、
クリスに対してスティールのスキルを使ってみます。
まさに冒険者っぽいイベントで
ノリノリのカズマ。

そしてカズマがクリスから盗んだのは・・・ぱんつw
また凄いものを盗みましたね。
さすが運が高いだけのことがあります。

グリムガルでもパンツの話が出た同じ週の話で
パンツで被るなんてw
偶然だったら凄ですね。
偶然でしょうけど。

まあ、そのパンツと交換で
大金をクリスからせしめたのですけど、
ダグネスとクリスがそのことを
大衆の前で暴露したために
周りはドン引きw
カズマの評判ガタ落ちw

女騎士ダクネスだけが
その鬼畜の所業を羨ましく思っているだけ。

酷いわ。
ホント酷いわ。

それだけに飽き足らず、
めぐみんにもスティールのスキル使ったら、
めぐみんのぱんつ盗むしw
でもめぐみんって黒いパンツなんですねw

その一連の話で
ますますカズマのパーティーに興味を持ったダグネス。
カズマはパーティーに入ると危ない話をしますけど、
余計にダグネスのどMの心に火をつけてしまった模様w
もう何やっても無駄な用です。

そんな時、街全体に鳴り響く鐘の音。
どうやら緊急クエストが発令。
何とキャベツが攻めてきたのですw

どうやらこの世界のキャベツは空を飛ぶようで、
そのキャベツを捕まえるクエストが発令されたみたい。

それも1個捕まえると報酬が1万エリスw
おいおい、前回のジャイアント・トード
1匹倒すと5000エリスだったのに。
この世界の価値観絶対におかしいw

さて討伐のさなかキャベツの襲来を身体もって耐えるダグネス。
鎧が弾かれ、
服も破れていく中、
冒険者たちの視線が集中し、
どんどんダグネスのどM心が満たされていきますw
怖いよ、どM。
どM怖いよ。

そしてダグネスがいるのに
爆裂魔法をぶっぱなすめぐみんw
もうこのパーティーダメだw

ちなみにこの時アクアは宴会芸スキル「花鳥風月」で
地味に役に立っていたし、
カズマはスティールのスキルでキャベツを盗みまくっていたようです。
それで後からキャベツ泥棒の二つ名を貰っていましたけどw

すべて終わって夕食時、
捕まえたキャベツを食するメンバーたち。
普通の野菜炒めみたいですけど美味しいみたいです。

なんやかんやで
なし崩し的にダグネスがパーティ―に加わり、
またカズマの気苦労が増えるみたいですね。

次回どうなるかまったくわからん。
でもこのノリ嫌いじゃないので
次回を楽しみに待つことにします。

今回のまとめ三行

・パンツばっかり盗むスキル?
・宴会芸スキル「花鳥風月」も結構役に立つ
・役に立たない上級職3人+下級職1人のパーティ―が完成

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする