信長の忍び 第22話「ツッコミ師参入」 「ツッコミができる人材は織田家で優遇されます」

スポンサーリンク

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は織田家にスーパールーキーが

入ってきます。

そのルーキーの名前は明智光秀。

 

朝倉家よりマシと思って

織田家に転職したものの、

信長と光秀は

悲劇的な結末を迎えることに。

 

スポンサーリンク

将来を誓い合った仲?

 

信長と対面する光秀。

一応朝倉家に滞在する

足利義昭の使者という体(てい)ですが

光秀はこの機会を利用して

織田家に転職しようと思っていたのです。

 

実は光秀は美濃出身。

帰蝶さんの父斎藤道三と兄斎藤義龍が

争ったとき、

道三の方に味方した明智一族は

義龍に攻め滅ぼされ、

難を逃れた光秀は朝倉家を頼って

越前国に落ち延びたのです。

 

だから織田家に仕えるというのは

今でいうところのUターンなんですよね。

 

そして光秀は帰蝶さんの従兄弟に当たり、

小さい頃は帰蝶さんから一方的に

 

「大きくなったら光秀さまのお嫁さんになる」

 

と言われていたらしく、

それを信長の前で

帰蝶さんがバラしてしまいます。

 

いくら小さい頃の話とは言え、

現在の夫の前で言うなんて・・・。

 

帰蝶さん、

光秀のこと全然考えていないだろw

 

さらに帰蝶さん、

光秀のことを

 

「昔から的確なツッコミで有名でした」

 

言って推薦します。

 

いや、そんなこと普通転職の

セールスポイントにはならないから、

普通は。

 

でも織田家って普通じゃないのですよねえ

だって、

帰蝶さん、

千鳥、

猿、

と天然ボケの人材が

織田家には豊富過ぎるのです。

さすがにツッコミが信長だけでは・・・。

 

そんな状況でしたので

光秀の転職は信長にとって

願ったり適ったりなのです。

 

スポンサーリンク

大義名分が勝手に転がりこんだ

 

織田家に転職する当たり、

光秀は手土産を用意していきました。

 

それを聞き、

信長は甘味を期待しますが

残念ながら手土産は甘味に非ず。

 

光秀の手土産、

それは前将軍の弟足利義昭

 

光秀は自分が織田家に転職するにあたり

越前国から義昭を連れてくると

信長に伝えます。

 

おいおい、

もともと光秀が信長のところに来たのは

織田家に義昭の受け入れを打診をするため。

だから光秀とは関係無く、

義昭は織田家に来るつもりだったのです。

 

それをあたかも自分の力で

義昭を織田家に連れてくると言ってのける

光秀って結構あくどい。

 

まあ、

光秀の力にしろ、

義昭の望みにしろ、

義昭が織田家に来たくれるのは

信長にとって好都合。

 

だって義昭がいれば、

織田家が京に攻め上る大義名分を

ゲットできるのですから。

 

一方義昭は

織田家の後ろ盾で将軍職に就くことが

できるかもしれないのです。

 

どっちとも

相手を利用することしか

考えていませんが

利害が一致していれば

相手の思惑なんて関係ありません。

 

スポンサーリンク

人妻を褒めたら旦那さんが嫉妬の目を向けますよ

 

信長との対面が無事終わり、

一段落の光秀。

 

安心したのか

帰蝶さんからオデコが広いと

言われても

ツッコむだけで

それほど怒りません。

 

それどころか

帰蝶さんに

「お美しくなって」

結構危ない言葉を投げかけます。

 

だって帰蝶さんは人妻、

こんな言葉信長に聞かれたら・・・。

 

はい、信長さんしっかりと聞いてましたw

 

さて義昭をゲットし

大義名分を得た信長は

いよいよ京を目指して攻め上ることに。

 

その途中、

愛しい妹が嫁いだ浅井家に寄るつもりのようです。

 

浅井家家中の反織田家の一派が

信長暗殺を計画しているのを知らずに。

 

今回はここで終了。

果たして信長は無事京都を目指せるのでしょうか?

次回も楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・ツッコミできることは織田家に転職する場合に有利

・利害が一致したから受けいれる

・浅井家で危ない動きが