無彩限のファントム・ワールド第4話「模造家族」の感想 「玲奈ちゃんの願望がすべての原因の話でしたね」

感想(ネタバレあり)

今回は玲奈ちゃんのメイン回。

いつもかわいい玲奈ちゃん。
でも現実の家族のことで悩みを持っていて、
そこをファントムに付かれたしまい、
ファントムのバスに乗って、
玲奈ちゃんの願望が実現したような世界へ。

そこでは家族仲良く、
みんな楽しそう。
なぜか晴彦と舞パイセンも家族になっているしw

現実の世界の玲奈ちゃんの両親は
固くなで冷たい感じですけど、
こっちの願望の世界の両親は陽気で優しい。
関西弁で話をするから余計そう感じます。
それに兎みたいな容貌ですし。
まさかこれでごちうさ難民の
受け皿になろうとしているとか(そんな訳ない)。

さて、現実世界の両親も願望世界の両親も
ともに声を当てていたのは
立木文彦さんと久川綾さん。

御両人とも
数々の作品で声を当ててきたベテランなので、
声の使い分けもさすがの一言です。

さて、結局最後は玲奈ちゃんが決断して、
ファントムが作りだした
玲奈ちゃんの願望の世界は消滅します。

その結果、
玲奈ちゃんは少しだけ心が強くなったみたいです。

そういえば今回もエロいところがありませんでした。
もしかしてエロい路線は封印したのでしょうか。

今回のまとめ三行

・玲奈ちゃんメイン回
・玲奈ちゃんの願望の世界
・玲奈ちゃんの決断でファントム消滅

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする