機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第16話「フミタン・アドモス」の感想 「フミタンの死亡フラグは折れなかった」

感想(ネタバレあり)

こうなることは

ある程度予想していましたけど、

現実になるとやっぱり嫌ですね。

死亡フラグを立てまくっていたフミタン。

最期はクーデリアを守って死にました。

ある意味お約束な感じもしますし、

フミタンにとっては

大事な人を守って死んだのだから

本望だったのかもしれませんね。

視聴者としては

死亡フラグを折って欲しかったですけど。

では今回のお話を振り返りましょう。

クーデリア目立ち過ぎ

いなくなったフミタンを探すクーデリア。

クーデリアとしては

フミタンから話を聞きたいようです。

でもコロニーでは

デモ隊の抗議行動が始まります。

デモ隊の首脳陣は過激な行動を取らず

交渉で決着を付けようとしますけど、

ギャラルホルンは一気に武力で

決着を付けるつもりです。

そのとばっちりで

宇宙港に入れなくなったフミタン。

フミタンって結構運がないのかも。

戻ってきたフミタンは

ノブリスの手下に見つかってしまい、

手筈通りするように

脅迫されてしまいます。

そしてフミタンを見つけてしまう

クーデリア。

クーデリアは運が良いのか

悪いのか・・・。

でもクーデリアが

フミタンのところに行く前に

デ今度はクーデリアがデモ隊に

見つかってしまい、

なし崩し的にデモ隊の象徴みたいなものに

祭り上げられます。
あ~あ、って感じです。

こういうパターンだと

ロクでもない事態になるのですよね。

そして都合よく爆発が起こってしまい、

全部デモ隊の責任に。

早くもとんでもない事態にw

あとは混乱と混とん。

ギャラルホルンの思うツボ。

さっさと虐殺を始めてすぐに終了。

証拠を残さずやりたい放題です。

やってること、

ゼータガンダムのティターンズと

あまり変わりませんわ。

クーデリアを守るためにフミタンは・・・

奇跡的にクーデリアは

助かりますけど、

クーデリアの無事な姿が

テレビに映ってしまい、

また危機一髪。

そこに一発の銃声が。

クーデリアを見放したはずの

フミタンが

なぜか戻ってきて、

そしてクーデリアを守って・・・

クーデリアは

フミタンが死んだ事実を理解できません。

三日月の

もうフミタンじゃないという言葉が響きます。

そしてクーデリアの知らないところで

蠢く策謀。

ホント大人は・・・。

テイワズも信用できませんね。

でもまだまだ危機は続きます。

クーデリアと鉄華団の一行は

コロニーを脱出できるのでしょうか。

次回も楽しみです。

あと最後に。

ビスケットの兄ちゃん、

ホントに衝突回避のために

頑張っていたみたいです。

前回ボロクソ書いてごめんなさい。

今回のまとめ三行

・ギャラルホルンによる虐殺

・クーデリアはフミタンの希望

・フミタンの死

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする