だがしかし第3話「ブタメンとくるくるぼーゼリーと… 」の感想 「パロは無くても水着と透け下着があればOK」

感想(ネタバレあり)

今回もほたるさんが駄菓子について
熱く語るというパターンでしたね。

まず最初はくそ暑い中、
ストーブでお湯話かして食べるブタメン。
別にストーブでお湯沸かさなくてもいいと思いますけど、
熱い中食べるのがいいのでしょうか。
でもブタメンって小さい割に結構値段高いのですよね。
あれ買うぐらいならスーパーでカップ麺買った方が
安い場合もあるのですけど。

しかしストーブのおかげで
ほたるさんの透けブラ見えたのは
眼福でしたね。
直接的なものより何かグッときますw

次はココノツの親友の豆の提案で
プールへ。
3話にしては役もてこ入れの予感w
でもここでもほたるさんの水着がダイレクトの見れないw
ここでも直接的な表現をしないとはw
まあ、サヤ師の方のスクール水着はしっかりと見えましたけど。

最後はなぜ駄菓子が食べにくいのかを
ほたるさんがサヤ師の説明して終わり。

今回パロ・・・
じゃなかった他作品のオマージュがありませんでしたが、
無くてもそれほど変わりませんね。

のほほんとした雰囲気の中で
駄菓子の話に熱くなる。
それが本作の魅力だと思います。

今回のまとめ三行

・熱い中食べるブタメン
・プールの中に駄菓子を入れるな
・ボンタン飴のオブラートは外さない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする