機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第45話『これが最後なら』の感想 「ヤマギとシノの友情!!そしてシノ最後の大勝負の結果は・・・」

 

感想(ネタバレあり)

 

アグニカ・カイエルの権威をもって

ラスタル派以外のギャラルホルンを

まとめようとしたマクギリス。

 

しかしガエリオの演説によって

自分の直属部隊と一部の青年将校(革命派)以外の

ギャラㇽホルンが中立化。

 

これにより自分の部隊と

鉄華団の戦力だけで

およそ2倍の戦力を誇る

ラスタル派のアリアンロッド艦隊と

戦うことに。

 

最後の戦い、

そう自分に信じ込ませ

死地に赴く鉄華団。

 

そして

ようやくアトラの気持ちを

受けいれた?三日月ですが

果たしてどうなってしまうのでしょう?

 

スポンサーリンク

ラスタル狡猾過ぎる

 

数で圧倒するアリアンロッド艦隊。

2倍という戦力差は簡単に埋めることができません。

 

そしておそらくアリアンロッド艦隊一番の精鋭、

ジュリエッタの部隊が

鉄華団を狙います。

 

そのしつこさに

三日月さえ

うんざりしているようす。

ジュリエッタの並々ならぬやる気が

感じられますね。

 

ジュリエッタの部隊が鉄華団を抑えている間に

士気は高いけど練度が著しく低い

革命派の艦隊に攻撃を集中させるラスタル。

 

これにより

マクギリス・鉄華団連合軍は

分断されて各個撃破される危機に。

 

 

三日月を抑えるようラスタルから

直々に命令されたジュリエッタは

やる気満々。

三日月相手でも

引けを取りません。

 

自分が弱いことを自覚し

変なプライドを捨てた分

ジュリエッタは強くなっているのかも。

 

 

防衛網が寸断され

直撃を受ける鉄華団の旗艦イサリビ。

さらに2番艦のホタルビに至っては

自力航行もできなくなって・・・。

 

既に圧倒的な優位を確立しているのも

関わらず、ラスタルは手を休めません。

演説、

各個撃破、

に続いて次にやったのは謀略。

 

革命派に潜りこませたいた

ラスタルのスパイが

禁止兵器とされているダインスレイブを

アリアンロッド艦隊に向けて発射したのです。

 

ダインスレイブは

確かイオク君がタービンズ相手に

使った兵器。

 

当然アリアンロッド艦隊は

報復を準備。

そして報復に使われたのは・・・

こっちもダインスレイブ。

 

つまりスパイにダインスレイブを打たせたのは

アリアンロッド艦隊がダインスレイブを使う

大義名分を得るため。

 

自分たちは使いたくなかったけれど、

革命派が先に使ったので

やむなく報復のために使った。

 

たぶんこういう筋書きが

最初に作られていたのでしょうね。

 

汚い、

ラスタル汚い。

 

でも

そう効果は絶大。

 

ラスタルとマクギリス。

どうやらラスタルの方が

一枚も二枚も上手のような感じがしますね。

 

 

 

シノの一世一代の大勝負

 

ダインスレイブの一斉発射により

革命派は艦隊の半数を失い、

さらに劣勢に。

 

また鉄華団関係では

シノの機体が大破。

2番艦ホタルビも満身創痍。

 

どうしてこうなった?

 

完全に余裕のラスタル。

ラスタルは

マクギリスが指揮をとっている

地球外縁統制統合艦隊を攻撃しません。

 

彼らは司令官たるマクギリスの命令に

従っているだけ。

革命派や鉄華団に比べて士気が低いことを

しっかりと看破しているのです。

 

つまりこっちからチョッカイを出さない限り、

本気で戦闘を仕掛けてこないと踏んでいるのでしょう。

 

追い込まれたマクギリス。

優秀な人間ならばここで一端引いて

再起を目指しますが、

愚者だったら・・・。

 

場面代わってイサリビ艦内。

機体は大破しましたが

何とか生きていたシノ。

 

腕を負傷しているようですが

まだまだやる気。

 

 

オルガのため、

みんなのため、

まだ戦うようです。

 

しかし肝心のオルガが弱気に。

後退を考えているようですが

みんなの叱咤激励で

考え方を改めます。

 

 

第2期に入ってから

オルガってかなり慎重になっていますよね。

1期のころの無鉄砲さがなくなったというか

守りに入っているというか。

鉄華団が大きくなり過ぎて

自分でも知らないうちに考え方が

保守的になっているのかも。

 

さて一発逆転を狙って

シノがある作戦を提案します。

 

シノが考えた奥の手。

それは

スーパーギャラクシーキャノンによる

攻撃。

 

このキャノン砲は

アリアンロッド艦隊が使っている

ダインスレイブと同じもの。

 

シノは敵艦隊に突入し、

ラスタルの旗艦だけを潰すつもりのようです。

 

もちろん旗艦の周りは

守りの厳重なはず。

まともな神経を持っている人間なら

こんな生きて帰れるかわからない作戦を

実行しようとしません。

 

でもそれをやろうとするのが鉄華団であり、

シノなのです。

 

出撃する前、

ヤマギ相手に軽口を叩くシノ。

そしてヤマギと約束しますが

これ完全にフラグですよね。

 

フラグはまずいですよ。

オルフェンズは他の番組より

フラグ回収がきっちりされる作品なんですから。

 

 

 

ゴールにたどり着くため、

みんなでたどり着くために。

 

普通は悲壮感でいっぱいになるはずなのに

それがない。

これが鉄華団のいいところかもしれません。

 

 

さて今日は全然良いところ無しの

マクギリスさん。

せめて士気を高めようと

自らガンダムバエルに搭乗して

前線に出てきます。

 

 

でもこれはガエリオの予想通り。

マクギリスが出てくるのを

待っていたようです。

 

しかしガエリオの前に立ちはだかる

マクギリスの側近の石動。

 

かつてマクギリスに裏切られたガエリオは

石動に忠告しますが、

それを跳ね除ける石動。

 

もう自分が捨て石になるのを覚悟しているのでしょう。

 

友であろうとしたガエリオ。

部下として忠誠を捧げようとする石動。

 

この違いが

マクギリスに受け入れられるか否かの

違いになったのかもしれませんね。

 

 

アリアンロッド艦隊中央に

突貫するする鉄華団のイサリビとホタルビ。

当然アリアンロッド艦隊から

集中砲火が来ますが・・・。

 

再出撃の前

シノを心配するヤマギ。

ここら辺、

完全に主人公とヒロイン。

 

主役はシノに交代したの?

と思ってしまいますわ。

 

勝利は確実。

ラスタルもそう思っていることでしょう。

 

でもこのラスタルの油断こそが

鉄華団の狙い。

 

ダインスレイブの一斉発射で

破壊されたと思われたホタルビ。

 

でもホタルビの艦上には

スーパーギャラクシーキャノンを

構えるシノの機体が・・・。

 

これで鉄華団の逆転勝利!!!

 

でも勝利の女神は

鉄華団に

シノに

微笑みかけてくれませんでした。

 

 

ジュリエッタに邪魔をされ、

スーパーギャラクシーキャノンを外してしまった

シノはそのまま特攻をかけます。

鉄華団のみんなのために。

 

そして遠くに見える

モビルスーツが爆発する閃光。

 

 

 

また一人、

鉄華団は仲間を失いました。

でも戦いはまだ終わってません。

 

果たして鉄華団は目指すゴールにたどり着けるのか?

次回も目が離せません。

 

と書いたのですけど、

オルフェンズのWEBラジオ聞くと

パーソナリティやっている

クーデリア役の寺崎裕香さんが

 

「ちょっとホントにシノがどうなったのかと

いうことを最初に知りたいです」

 

と言ってますので

確率低いですけど

もしかして・・・があるかも。

 

まあ包帯が宇宙空間に漂うシーン流して

実は生きていたというのは

さすがにないと思いますけど。

 

 

 

今回のまとめ三行

・ラスタル狡猾

・ゴールを目指して

・シノ戦死