AKIBA’S TRIP 第8話「秋葉原大武闘会」の感想 「あくまで武闘会です。決してプロレスではありません(嘘)」

感想(ネタバレあり)

今回のタイトルは

「秋葉原大武闘会」。

視聴する前はきっと拳法メインだなと

期待してましたが・・・。

これプロレスじゃんw

あと今回は有紗メイン回でもあります。

ようやく

コスプレ要員兼オチ要員

にスポットライトが当たることに。

スポンサーリンク

感動の再会?

タモツの実家から送られてきた補給物資。

何とそれは米俵(こめだわら)3俵w

このご時世に米俵って

逆に貴重だわ。

でもこれは考えようによっては嬉しいですよね。

かなり食費が浮きますから。

でもここで重大なことが発覚します。

炊飯器がない!!

まとめも博士も外食派だったのね。

仕方がないので

みんなで炊飯器を買いに電器店へ。

その途中、

有紗は旧知の人物を見かけます。

それは中国でお世話になった有紗の師匠。

でも師匠の方は有紗に

気付かなかったようです。

でもなぜ師匠がアキバに?

まあOP見ればこの師匠も敵なのは

モロバレなんですけどね。

そこから少しだけ有紗の生い立ちの話に。

有紗は

飛び級でアルティメット大学を

卒業したあと、

自分探しのために

世界を巡っているらしいです。

ちなみに日本に来たのは

オタクを極めるためw

さて電器店の炊飯器売り場に到着した一行。

でもなぜか炊飯器だけ全部売り切れ。

これが爆買というやつか。

もうちょっと古いけど。

落胆する一行。

でもその目に炊飯器の箱を

たくさん頭の上に乗せて移動している男の姿が

飛び込んできます。

その男はさっき見た有紗の師匠。

ありがちな展開ですわ。

師匠の前に立ちはだかる有紗。

そして全員の前にグラマーな女性が。

この女性はリサ・マクマホワイト。

世界的に有名なプロモーターにして

師匠の雇い主。

どうやらこのおばさん、

免税店で外国人に炊飯器を爆買させる

定価で日本人に売り付ける

小売市場を混乱させる

混乱に乗じてアキバを支配する

以上のような計画を立てているらしいです。

うん、いろいろとツッコミどころ満載ですけど

タモツ達も計画のアラにはツッコまないので

ここはスルーするのがいいのでしょうw

ここから戦闘シーン突入。

ここ数回タ

モツ達の俺強え展開ばっかりだったので

今回もそのパターンか?と

思ったら師匠強い!!

タモツ達が束になっても勝てません。

万事休すか。

と思ったら、

店舗の店員さんの一喝で

戦闘終了。

一番強かったのは店員さんでしたとさ

というオチ。

そういえばこの店員さんの声やっているのは

あの落合福嗣さん。

イヤホンズが出ているアニメで

落合さんが店員役。

うん、同じような作品が

2年ぐらい前にあったようなw

武闘会です。あくまで

なぜか決着を武闘大会でつけることに。

でもこれのどこが武闘大会?

リングあるし、

どうみてもプロレスなんですけどw

う~ん、

見る人が見ればたぶんネタ満載なのでしょうけど、

プロレス素人の私には

まったくわからん。

この疎外感、

ものすごく悔しいw

まあこの辺簡単にまとめれば

師匠の名前は師匠で、

師匠は家族をバグリモノの人質にされているので

従っていた。

そして有紗が優勢になったら

リサがまとめとにわかちゃんを捕らえて

有紗が反撃できないように。

そして・・・

って感じです。

この辺は是非ご自身で視聴してください。

プロレスファンならネタにクスッと

くるかもしれませんから。

あと、

もちろん最後は有紗が勝ちましたよ。

終わりに

ED見てびっくりです。

まずはED歌っていたのがミルキィホームズ。

さらに今回のバグリモノの親玉

リサの声やっていたのが

まさかのしょこたんw

https://twitter.com/shoko55mmts/status/834412587424976897

しょこたんかなり上手かったです。

先入観なく見て

ほとんど違和感ありませんでしたから。

次回はどうやらカードゲームがメインみたいですね。

予告見れば今ルール変更で阿鼻叫喚状態の

あのカードゲームみたいですけどw

次回荒れそうですわw

今回のまとめ三行

・有紗メイン回

・武闘会で師弟対決(プロレス)

・今回の武闘会入場料とったら転売より儲かりそう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする