AKIBA’S TRIP 第7話「無理というのはウソつきの言葉」の感想 「ブラックバイトの洗脳過程がよくわかる社会派の話だわ」

 

感想(ネタバレあり)

 

今回タモツがハマっているのは

カメラ撮影。

 

でもメインはカメラでは

なく妹への愛情と

ブラックバイト。

 

よくもこんなもん一つの話に

まとめたと思いますわ。

 

スポンサーリンク

初めは自給に釣られただけだった

 

カメラ撮影に夢中になるあまり、

被写体のフィギュアを壊してしまったタモツ。

そしてそのフィギュアは

タモツの妹にわかちゃんが大事にしてたもの。

 

謝るタモツですが

にわかちゃんは簡単に許してくれません。

だってあのフィギュアはお兄ちゃんとの・・・。

 

 

同じ種類をフィギュアをゲットするため

ネットオークションで入札。

でも運が悪いことに同じフュギュアを

狙っていたアラブの金持ちとの

入札競争になりボンビーのタモツさん敗北。

 

仕方がないので

またマシロさんのところで

バイトを紹介してもらい

面接に向かいます。

 

バイト代に釣られて面接受けたのは

メイド執事居酒屋という

何がメインなのかわからんお店。

 

外には意識高い系の標語が貼ってあるし

見るからにヤバそう。

 

 

さらに面接した社長も

明らかに不気味な感じ。

 

というか社長の声やっているのが

高木渉さんだから

もう今回のバグリモノ決定だわw

 

今まで視聴してきたから

一番ランクの高いゲスト声優=バグリモノ

ということはわかっているので。

 

 

 

あと額に入っている

標語怖すぎw

去る者は追えって・・・

 

雑誌に載るくらいハマってしまったタモツさん

 

採用となって

初めての朝礼

の前に

タモツに優しく話し掛けてくれる

執事の二四時労さんと

メイドの祝日土働さん。

 

うん名前がおかしいよね。

 

 

そして肝心の朝礼も

明らかに変。

 

なんか新興宗教の信者を見ている感じ。

 

それでもお金のために働くタモツ。

そしたらお主人さま(お客さん)から

ありがとうと言われてご満悦にw

 

それを見ていた先輩たちは

こぞってタモツを持ちあげる。

 

ちょろい。

タモツちょろすぎ。

 

あとは書くまでもなく

どんどんブラックバイトにハマっていき、

にわかちゃんたちが

気付いた時には

雑誌のインタビューに乗るまで出世w

 

なんか某チェーンの広告

思い出す人多そうですわw

 

戦闘は付け足し・・・と思ったら

 

にわかちゃんたちは

タモツのいるメイド執事居酒屋へ。

そこでタモツを見つけると

にわかちゃんの愛のこもった一撃、

否、二撃がさく裂w

 

 

さらに不労所得云々の話で

タモツを説得。

 

この説得が効いたのか

正気を取り戻したタモツは

奥から出てきた社長と対峙。

 

予想通り社長はバグリモノだったので

戦闘開始。

尺が足りないのか

今回もすぐ終わりそうな感じ・・・

と思ったら何と

社長がにわかちゃんを人質に。

 

おお、意外と考えているわ

この社長。

 

 

にわかちゃんを人質に取られ

逆らえないまとめと有紗は

どんどん服をはぎ取られて行って

残りは下着だけ。

 

脱がされたら消えるという設定あるのに

いつも下着一枚になっているまとめって

毎週結構綱渡りですね。

 

さあどうするタモツ。

 

まあね、

答えは簡単です。

にわかちゃんを犠牲にすればいいだけw

 

特攻をかけるタモツ。

そして社長の服ともに

服が破けてスッポンポンとなるにわかちゃん。

でもすぐにタモツがメイド服で隠して

リカバリー終了。

 

まとめやタモツと違って

にわかちゃんは裸になっても

何ら問題ありませんからね。

 

これで一件落着。

最後は兄妹が仲直りして

今回は終了です。

 

 

いや~、

ブラックバイトにハマっていく過程が

よくわかる話でしたね。

まさかこんな真面目な話を

本作でやることになるとは。

 

まあ時にはこんな話もいいのでしょうけど、

次回からまたアキバに根ざした

馬鹿馬鹿しい話がみたいですね。

 

そういえば今回のEDは

しょこたんでしたわ。

 

 

毎回ED変わるので

毎回新鮮ですわ。

 

 

今回のまとめ三行

・フィギュアを壊してしまいバイトすることに

・ブラックバイトにどんどん洗脳される

・兄妹は仲直り