機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第43話『たどりついた真意』の感想 「ガエリオ復活そしてアインの力を得てマクギリスを討つつもりだったのに・・・」

感想(ネタバレあり)

前回、

名瀬とアミダの仇である

ジャスレイを宇宙の塵にして

敵討ちを遂げた鉄華団。

一方地球ではラスタルを糾弾し、

マクギリスがギャラルホルン内の

権力奪取を図ります。

当然ラスタルやヴィダールは

マクギリス討伐に動くはず。

マクギリスと組んで

火星の王を目指す鉄華団。

果てして今回どうなるのでしょうか?

そういえば前回

ジュリエッタに嫌なフラグ立ってましたね。

第1期のアインのようには

ならないで欲しいのですが・・・。

ヴィダールの正体はやっぱりあの男だった

マクギリスが決起する前の話。

テイワズと手打ちをして

マクギリスが何を企んでも大丈夫だと

思っていたラスタル。

ただマクギリスをよく知る?ヴィダールは

独自行動の許可を

ラスタルに貰います。

そして結果は・・・。

ヴィダールの予感は当たり、

ラスタルは不利な立場に。

Aパート

ギャラルホルンの本部掌握に成功した

マクギリス。

さすがに手抜かりはありません。

ただ問題は

ラスタル率いるアリアンロッド艦隊ぐらい。

でも自信満々のマクギリス。

ここでマクギリスの回想シーンへ。

孤児としてロクな生活をしていなかった

マクギリス少年。

それが養父に拾われて立場が一変。

満ち足りた生活を送るようになりましたが

捻くれた性格は簡単に治る訳もなく・・・。

力が欲しい。

そんなマクギリスが欲するのは

アグニカカイエル。

確かギャラルホルンの創始者の名前ですよね?

どうしてマクギリスはそれを欲するのでしょう。

一方三日月は地球にいるようです。

マクギリスを支援するために。

さながら用心棒って感じでしょうね。

マクギリスの決起で

窮地に立たされたラスタルは

アリアンロッド艦隊の終結を

図っています。

ただイオク君だけは蚊帳の外。

そりゃあそうでしょう。

あんな無能危なくて使えません。

でもあんな無能でも

部下には慕われるようで

40人もの部下が助命嘆願を求めているらしいです。

仲間や部下は厚く遇するが

敵には容赦をしない。

そんな感じなんでしょうね。

場面代わって地球。

マクギリスはギャラルホルン本部の最奥に。

そこにあったのは

アグニカカイエルと呼ばれるガンダムフレーム。

え、モビルスーツだったの?

これを手に入れご満悦のマクギリス。

しかしここで邪魔が入ります。

乱入してきたのはヴィダール、

否、死んだと思われていた

かつてマクギリスを友と呼んだ男、

ガエリオ・ボードウィンその人。

まあ、ヴィダールの正体は

みんな声で分かっていましたけどねw

結局アラヤシキシステム頼りかよ

Bパート

マクギリスと対峙するガエリオ。

そしてまた幼い日の回想に。



ガエリオにとってマクギリスは

あこがれの対象。

そして自分が一緒にいるときだけは

マクギリスも心の仮面を外していると

思っていたのに。

親愛が憎悪に変わることはよくあります。

でもガエリオは注意深く

マクギリスが欲したものを

探っていました。

そしてガエリオがたどり着いた結論、

マクギリスが欲したものは

力に変換できるもののみ。

ガエリオとして

ここでマクギリスと決着を付ける

つもりのようだったですが、

マクギリスには強い用心棒が

付いています。

基地上部から侵入する

バルバトス。

ガエリオにとって

かなり不利な状態。

1対1、

ガエリオだけなら勝てない。

でも俺たちなら・・・。

ここで

ガエリオはガンダムヴィダールと

一体化、

いやガエリオはアインの脳をベースにした

疑似アラヤシキと一体化したのです。

また厄介なものが出てきやがった。

この疑似アラヤシキ、

能力的にはアラヤシキシステムと同等。

普通なら脳に異常をきたしますが、

アインの脳をバイパスすることで

ガエリオ自身に対する影響を最小限に。

あららまさかこんな奥の手を持っていたとは。

でもガエリオも予想してなかったことが。

エドモントンでのアインの戦闘データを

蓄積していたのはマクギリスも同じ。

そしてマクギリスも。

ガンダムバエル。

ギャラルホルンの創始者

アグニカカイエルの魂が宿っているモビルスーツ。

マクギリスはこのモビルスーツに乗って

一体化。

どいつもこいつもアラヤシキシステムに依存しすぎ。

またこれを手にしたということで

マクギリスはギャラルホルンの正当性を

内外に示すことができるようになったのです。

でも当然これに反する者が。

シャトルで脱出したガエリオは

自分が生きていたことを世間に示し、

逆賊マクギリス討伐を宣言します。

今回はここで終了。

第1期でガエリオはアインにかなり

執着してましたが

こんな形になるなんて。

あとマクギリス結構やばそう。

何かアグニカカイエルに身体乗っ取られて

最後三日月と戦うような気がしてなりません。

そういえば今回から

次回予告が本放送ではカットされましたね。

次回予告を見たい方はネットで。

今回のまとめ三行

・マクギリスがギャラルホルンの本部を掌握

・ヴィダールの正体はやっぱりガエリオだった

・みんなアラヤシキシステムに身をゆだねる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする