千矢の「なでなで」は紺ちゃんに憑りついたお狐様だって魅了する?『うらら迷路帖』第6話の感想

感想(ネタバレあり)

本作の今回で6話目。

丁度折り返しになりましたね。

萌え系+和風ミステリアスという

一見合わなさそうなものを

組み合わせた本作。

今回はこっくりさんという

みんな知っていて

でもミステリアスな感じがするものが

絡んでくるお話があります。

スポンサーリンク

ニナさんの相手はやっぱり佐久さんがお似合い!!

まずは前半のお話。

ニナさんだってお年頃。

恋愛に興味があって

毎日自分の恋占いしても良いじゃない。

まあ外から見ると

ものすごく痛々しく見えますけどね。

そんなニナさんを不憫に思ったのか

可愛い生徒たちは

ニナさんにぴったりの相手を

探すことに。

でも闇雲に探しても

見つかる訳ありません。

そこで小梅ちゃんが頼ったのが

振子占い!!!

小梅ちゃんは

この振子を擬人化して

ユレールちゃん(6歳)という設定を

作ってますw

うん

小梅ちゃんの闇も深いですねえ。

さて振子占いで捜索を始める4人。

それをたまたま見つけた佐久さん。

ほっとけばいいのに

変装して尾行を開始します。

この辺で何となくオチが読めましたね。

その後はすったもんだ会った後、

最終的にぴったりの相手を探しだします。

その相手とは・・・。

うん予想通り。

ホント女性にしておくのが

勿体ないですわw

お狐様すら手玉に取る千矢の手技恐るべし

後半のお話。

今日の授業はこっくりさんについて。

小学生の頃、

大抵の人が聞いたことがある

ある意味日本ではポピュラーな占い。

基本複数人でしますけど、

勉強ばっかりやっていて

友人を作るチャンスがなかった紺ちゃんは

一人でやっていた模様。

紺ちゃんホント不憫な子ですわ。

でも今は大丈夫。

だって一緒にこっくりさんをやってくれる

仲間が3人もいるのですから。

早速4人でこっくりさんに挑戦。

しかしここでハプニング。

占っている途中で

硬貨から指を離すのはご法度であり、

離してしまうと呼び出したお狐様に

憑りつかれてしまうのです。

当然憑りつかれてしまう小梅ちゃん。

さらにノノちゃん→紺ちゃんと

順番に憑りついていきます。

でもなぜか紺ちゃんの体を気に入った

お狐様は紺ちゃんの体に

居座ることに。

さあどうする

残りの3人。

紺ちゃんの危機に

果たしてどうやって立ち向かうのか?

って感じに盛り上がる訳もなく、

千矢のなでなでの前に

あっけなく篭絡される

お狐様w

でも今度は気持ちよすぎて

紺ちゃんの体から出ていくことを拒否。

おいおいって感じですね。

このままだと紺ちゃんが戻ってこない。

今度こそ本気になった千矢は

真面目に書物で解決方法を探します。

そして千矢が取った方法とは・・・

まあここはご自身で視聴されてください。

いかにも日本的な方法です。

最終的に

お狐様も納得して一件落着。

うん、いい話になりましたね。

紺ちゃんホント良い友達を持ちました。

今回はここで終了・・・

といいたいところですけど、

最後にオチが。

棗屋に戻ってくると

ニナさんが夕食の準備をしてます。

でもなぜか献立に

厚揚げやおいなりさんがw

そして

これでオチたと思ったら

最後にもう一つオチがw

2つ目のオチで

本当に今回は終了。

今回も面白かったです。

マツコさんの使い方が上手いですねえ。

ホントそう思うオチでした。

今回のまとめ三行

・ニナさんにぴったりの相手はやっぱりあの人

・こっくりさんに挑戦するが

・お狐様は人形にだって・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする