AKIBA’S TRIP 第6話「メモリがいっぱい」の感想 「ぴゅう子を見たらヒロインって外見だけではないと思わざるを得ない」

感想(ネタバレあり)

今回の題材はパソコン。

秋葉原らしい題材ですけど、

ちょっとホロッてくるお話でした。

パソコンのOSもAIを積む時代なのか

愛用のパソコンが

ブルスクばかり出るようになったので

新しいパソコンを買いに来たタモツ。

そんなタモツが入ったお店は

モフマップw

断じてソフマッ〇ではありません。

似ていますけど別のお店です。

このモフマップ、

某局の看板番組「アースの目覚め」で

取り上げられるくらい

今注目を浴びているパソコンショップ。

アキバ在住の人に激安でパソコンを

売っているのです。

社長の名前はローリーバーバラ。

なんか縮めて読むといけない名前な気がしますw

値段は安いけど

人と同じものが

ちょっと気に食わないタモツ。

そしてら自作したら?

と話し掛けてきたのは

知り合いのかげさん。

その話に乗って自作することにした

タモツ。

タモツの後ろにいたモフマップの店員さんの

顔がどんどん悪くなっていますわ

さてパーツを買いまくる

タモツとかげさん。

そんな時、

かげさんがある人物を見つけます。

この人物はパーツハンターと呼ばれる人物。

パーツの販売価格を比較して

安いパーツを買う達人であり、

他の店舗と比較するために

見つけたお得なパーツを他のパーツの

下に隠す習性があるのです。

それを知っているかげさんは

パーツハンターが隠したパーツを

横取りw

タモツはちょっと躊躇しますが

かげさん曰く、

自作PCは組むか組まれるか、

弱肉強食の世界だからね」

らしいです。

でもPC組むのとパーツを買うのは

別のような気がしますけどw

アキバの名物みたいになっている

ケバブ食べて英気を養ったタモツは

PCの組み立てへ。

ここからが楽しいところ・・・

と思ったらすぐに完成w

良いところカットしやがって。

でもやっぱりタモツが組んだパソコン。

肝心のOSを入れるの忘れてますw

ではどのOSを入れるべきか?

タモツ的にはウイン窓ズは嫌みたい。

そりゃあ前のパソコンがブルスクばかりになったの

ウイン窓ズをアップデートしたからと

冒頭で言ってましたね。

そこに唐突に現れる博士w

博士は自分で作ったOS「ラトゥックス」

を勧めてきます。

何とAI搭載の自立型らしいです。

そんなもんOSに組みこむ必要あるの?

と思いますけど、

タモツはそのラトゥックスをインストールすることに。

果てしてどうなりますやら。

ぴゅう子こそ真のヒロインです

ラトゥックスのインストールが終わり、

PCを起動させると

当然OSの起動画面が出ると思ったら

古臭いPCグラの女の子が。

どうやらこのOS、

音声ナビゲーション機能も搭載しており、

タモツの音声にも反応するようです。

博士に促されてぴゅう子という

名前を付けてあげるタモツ。

ちょっと博士が言う通り、

昭和チックな名前ですね。

名前を付けて愛着がわいたタモツは

それ以来ぴゅう子に首ったけ。

まるで恋する童貞男子みたいにw

それを見ていた

前ヒロインのまとめちゃん。

完全にぴゅう子に嫉妬中w

ほんと分かりやすいですわ。

まとめちゃんはパトロールという名目で

タモツとぴゅう子を引き離そうとします。

まあぴゅう子はあくまでパソコン。

一緒にパトロールできませんからねえ。

と思っていたら

博士がぴゅう子を魔改造。

自立歩行ができるパソコンにw

さすがに小型のままでは無理だったらしく、

体が自動販売機並みになっていますが・・・。

でもタモツと一緒に動けるようなぴゅう子を

タモツをいろいろなところに連れだします。

そしてタモツに教えられたことをどんどん記録

していくぴゅう子。

ホント良い雰囲気ですね。

恋する2人が仲良くデートするようでw

そうするとタモツの後をつけていた

まとめちゃんと有紗は

お節介ババアって感じでしょうかね。

ただ幸せな時間は長くは続きません。

なんとモフマップの社長はバグリモノであり、

激安パソコンは

アキバ支配のための尖兵だったのです。

モフマップに急行し、

モフマップの社長と対峙するタモツたち。

ただこの社長、

ものすごく弱いw

アッという間にタモツ達の勝利。

でも消え去る前に置き土産を

置いていく社長。

モフマップが売ったパソコンが一か所に

集まったと思ったら、

合体して大きなパソコンに。

これはまずい。

この巨大パソコンの前に

有紗もまとめちゃんも敗北。

ヒロインがまさかあんな顔になるとはw

しかしこの巨大パソコン、

バッテリーを積んでいないようで

コンセント抜いたら停止。

かくてアキバの平和は守られた

と言いたいところでしたが

この巨大パソコン、

コンセント抜いたら

個人情報保護のために自爆するように

プログラムされていたのです。

さあどうする、

爆発するまで時間がない・・・。

アキバはタモツの大切な場所、

そう記録していたぴゅう子は

行動をします。

そして・・・。

すべてが終わり、

元の日常が戻ってくるアキバ。

でももうぴゅう子は。

どうせどこかにバックアップあるのだろ?

と思ってCパート期待したのですけど、

結局・・・。

今回はここで終了。

ギャグアニメなのに

しんみりさせられて

しまいましたわ。

それにしてもヒロインって

外見だけ良いだけでは

ダメですね。

やはりヒロインらしい

心意気というか

気持ちを持っていないと。

今回ぴゅう子を見てそう思いました。

ぴゅう子こそ

真のヒロインですわ。

あと今回のED歌うのはevery♥ing!

お二人もそのうち

本編に登場するかもしれませんね。

今回のまとめ三行

・タモツがPCの自作に挑戦

・ぴゅう子爆誕

・ぴゅう子のおかげでアキバは救われました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする