【アニメ】このすば2 第5話の感想「破滅願望がある変態(バニルさん)討伐でようやくカズマさん借金完済?」

この記事は約6分で読めます。

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今回のメインはバニルさん討伐戦。

前回に引き続きダクネス大活躍です。

 

でも悪魔相手なのですから駄女神がもっと活躍しなきゃいけないところですけど、ホント使えないわ。

 

 

スポンサーリンク

元凶はやっぱり駄女神

 

街の周辺にモンスターがいっぱい。

前回その討伐にめぐみんが駆り出されましたが、それでもモンスターが溢れかえっているようです。

 

では何が原因なのか?

セナさんが調べた結果、モンスターはどうやらキールダンジョンから召喚されている様子。

 

キールダンジョンと言えば前々回カズマと駄女神が潜ってダンジョン主であるキールを浄化させたばかり。

 

ではなぜモンスターが召喚されているのか?

 

まあ当然原因は駄女神さまでした。

駄女神さまが作成した魔法陣が関係していたのです。

 

駄女神を締め上げてそれがわかったカズマさん。

自らキールダンジョンに潜って証拠隠滅を図ります。

 

これ以上借金増えるの絶対に阻止しなければいけませんからね。

このままだとカズマさんは駄女神の共犯されてしまう可能性があるので。

 

カズマは駄女神と共にキールダンジョンに潜ろうとしますが、駄女神は断固拒否。

 

前々回「カズマが駄女神を置いていこうとしたこと」がトラウマになっているようです。

 

まさかあれがフラグになっていたとは。

仕方がないのでカズマさんはダクネスと共にダンジョン内へ向かいます。

 

破滅願望のバニルさん登場

 

依然来た時は薄暗かったキールダンジョン。

 

でも今回は明かりがついており前回と雰囲気が一変してます。

 

そしてダンジョンの最奥には粘土みたいなものをコネコネしてモンスターを作り出している仮面の男が。

 

そう彼こそ魔王軍の幹部の一人、バニルさんその人だったのです。

 

 

でもこの人前口上長すぎ。

 

しかしなぜ魔王軍の幹部がこんなダンジョンの奥に潜んでモンスターを召喚していたのでしょうか?

 

 

実はバニルさんには壮大な(破滅願望の)夢があり、それを叶えるためにゆくゆくは自分のダンジョンを作ろうと思っていたのです。

 

そしたら主のないダンジョンを見つけたので、これ幸いと自分のものにすることに。

ただそうなると元から住みついている魔物が邪魔なので自分の手駒のモンスターを召喚して魔物を一網打尽にする。

 

それがバニルさんがモンスターを召喚した理由。

モンスターがダンジョンから抜け出し、街の周辺まで行ったのは想定外だったようですがね。

 

バニルは魔王から頼まれた命令よりも自分の夢の方が優先。

ホントこの世界の魔王って舐められ過ぎじゃね?

 

それはともかく、腐ってもバニルさんは魔王軍の幹部。

 

カズマの言う通り、ここは一端退却するのが常道ですがドMさんが言うことを聞きません。

 

一応エリス教徒が悪魔を目の前にして逃げる訳にはいかないとかもっともらしい理由づけしてますけど、どうせドMの血が騒いでいるのでしょw

 

結局ダクネスとともにバニルさんと対峙するカズマさん。

 

何でも見通せるバニルさんに思っていることを全部バラされて赤面状態。

まあ何を思っていたかはご自身で視聴して確認してください。

 

まあ童貞(以下略)。

 

バニルの本体は仮面です

 

さあ戦闘開始です。

バニルさんに切りかかるダクネス。

その一方バニルさんの甘い言葉に心が乱され続けるカズマさん。

 

隣に魔法陣のある部屋でご休憩でもして帰ればよいという言葉に…。

 

全くロリマさんという二つ名があるくせにお姉さん系にも欲情するとは、〇リ好きの風上にもおけん奴め。

 

それはともかくダクネスとカズマのコンビネーション(結果的にそうなった)でダクネスの剣がバニルさんにヒット!!

哀れバニルさん、泥になってジエンド…と思ったらバニルさんの本体は仮面

その仮面がダクネスの顔に張り付き、バニルさんはダクネスさんの体を乗っ取りに掛かります。

 

何かリゼロでスバルがペテ公に体を乗っ取られたときを思い出しますね。

 

あれはスバル役の小林裕介さんがペテ公の声も出していましたが、「このすばではダクネスが声を出す時は茅野さん、バニルさんが声を出す時は西田さん」としっかり二人で演じ分けしてます。

 

これはこれで結構大変そうですね。

 

それはともかく、ダクネスの体を乗っ取り中のバニルさん。

ダンジョンの外に飛び出します。

 

目標は魔法陣を作ってバニルさんの壮大な夢の邪魔をした駄女神さま。

駄女神さま危ないと思ったら…。

 

ところどころ優秀さを醸し出す駄女神さま。

これがずっと続けばカズマの苦労も8割方軽減されるのに。

 

でも駄女神さまの活躍で一件落着といかず、打つ手がなくなったカズマたち。

 

カズマがスティール撃つと見せかけて別の魔法で攻撃するという小手先の技使ってもあんまり意味なし。

 

 

残された手は頭のおかしい爆裂魔法マニアの爆裂魔法だけ。

でも依然と比べてパワーアップしている爆裂魔法にダクネスの体が持つかどうか。

 

そして…。

 

 

終わりに

 

魔王軍幹部を倒したことで魔王と繋がっているという容疑が晴れたカズマ。

 

今回の功績で借金も完済しさらに4000万プラスに。

これでカズマを縛るものは何もありません。

 

 

ようやくカズマさん、屋敷でのんべんだらりする生活ができそうですね。

 

まあ、また何か起こってそれに駆り出されるでしょうけど。

 

 

ああ、最後に書いておきますけどダクネスは無事でしたよ。

無償ではありませんでしたが。

さすが体だけは頑丈です。

 

第6話の感想記事を読みたい方はこちらのリンクをご利用ください。

【アニメ】このすば2 第6話の感想 「死んでめぐみんに泣かれるカズマさんホント果報者と思った」

 

 

今回のまとめ三行

  • 証拠隠滅のためキールダンジョンへ
  • 魔王軍幹部のバニルさん登場
  • 借金完済して自由の身に