【漫画】「秋田妹!えびなちゃん」第14話の感想(ネタバレあり) 『蜜代ちゃんの初恋の相手はゆるキャラ?それとも・・・』

スポンサーリンク

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今日は2月7日。

そう7の日といえば

当然えびなちゃんの更新日です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

蜜代ちゃんはハーフさんだった!!

 

まだまだ続く

えびなちゃんの帰省中のお話。

 

えびなちゃんの友人たちの

パーソナリティが

よくわかるので

結構この進み方好きです。

 

そして今回フォーカスされるのは

蜜代ちゃん。

3人組のムードメーカー的な存在ですが

彼女の意外な一面(秘密?)が判明します。

 

何と蜜代ちゃん、

ハーフだったのです。

 

どうやら蜜代ちゃんのお父さんは

有機農業を勉強するために

ヘルシンキ(フィンランドの首都)から日本に来て、

蜜代ちゃんもそれに同行してきたみたい。

 

一応ハーフと言っているので

お母さんが日本人なんでしょうね。

そしておそらく秋田と縁があったのでしょう。

 

研究のため蜜代ちゃんの家は

田んぼを所有しており、

蜜代ちゃんの要請で

みんなで田植えをすることに。

 

これに異を唱える圭ちゃん。

圭ちゃん曰く

田植え=トラクターでやるものであり、

人力の田植えなんて

学校の行事でやるものだと。

 

圭ちゃんかなり偏った知識持ってますね。

人力の田植えって学校の行事以外でも

普通にやりますよ。

 

圭ちゃんもしかして

〇んのんびよりの

テレビシリーズ第1期を見ていたのかしら。

 

 

圭ちゃんの異論は当然却下。

みんなで楽しく田植えを

行います。

ただし圭ちゃんだけは

服が汚れるのを気にしている模様。

 

スポンサーリンク

初恋の相手はゆるキャラ?

 

さて田植えの途中で小休止。

話は蜜代ちゃんが

秋田に来た時の話に。

 

小学2年生の時に来日したということと

なぜか初恋の相手と出会ったのは

田んぼだった

話す蜜代ちゃん。

 

え?

田んぼ?

 

蜜代ちゃん曰く、

体に電流が走る=恋

ということになるそうです。

 

そういえば以前誰かが

言っていたような。

 

でもなぜ田んぼで?

 

どうやら蜜代ちゃん。

ヘルシンキから来たのはいいものの

友達もなく

家の中で一人で遊んでいたけど

それに飽きて

外に飛び出したみたい。

 

そして田んぼの前で

変な恰好のゆるキャラと遭遇。

その時電流が体に走ったらしいのです。

 

だから田んぼで出会った人物=初恋の相手

という訳。

 

気になるのはその続き。

しかしここで蜜代ちゃん、

田植えで疲れたのか

一人だけ夢の世界へw

 

フリーダムすぎるわw

 

 

でも大丈夫。

蜜代ちゃんが夢を見るというていで

その続きが。

 

実はこのゆるキャラが

蜜代ちゃんに言ったことが

きっかけで

蜜代ちゃんが

えびなちゃんや紺ちゃんと

友達となったのです。

 

このゆるキャラが

蜜代ちゃんに何を言ったのか?

それは

ご自身で確認してください。

サイトにいけば無料で読めますので。

 

そしてえびなちゃんたちと友達になった後、

ゆるキャラが座っていた田んぼ前のベンチをみたら

誰もいない・・・。

 

あのゆるキャラは一体?

 

遠い昔の記憶。

夢でそれを思い出した蜜代ちゃんは

寝ながら笑みを浮かべます。

 

今回はここで終了。

ホントえびなちゃんは良い話が続きますね。

ギャグ漫画を期待している人には

物足りないと思いますが

これはこれでいいと思います。

 

次回の更新は3月7日

次回も楽しみです。