エルドライブ【ēlDLIVE】 第5話「過去からの追撃者・その2」の感想 「やっぱりジャンプ系アニメお約束の展開だった」

感想(ネタバレあり)

ジャンプ系作品のお約束。

それは友情・努力・勝利。

当然本作もジャンプ系作品ですので。

トラウマスイッチ押してからの優しい言葉

宙太のクラスの転校生は

やはり小さい頃の事故で

死んだと思われていたグッチーでした。

幼馴染との再会を喜びたい宙太でしたが

グッチーの表情を見れば

友好的なお話できる状態ではありません。

そう、グッチーは事故の原因を作った

宙太を恨んでいるのです。

あの事故で瀕死の重傷を負ったグッチーは

犯罪組織『デミル』に救助されて

そのうえデミルの幹部にまで昇進。

たぶん適正があったのでしょうね。

でもなんでデミルはグッチーを助けたのでしょうか?

またどうして地球に?

この辺は後々の伏線になってくるのでしょうかねえ。

ともかく今のグッチーは

エルドライブである宙太と敵同士

の立場なのです。

そして

過去のトラウマを呼び覚まし、

宙太の思考を停止させるグッチー。

さすが犯罪組織の幹部ってところでしょうか。

さらに美鈴ちゃんとチップス警部補も人質した

グッチーは

思考停止中の宙太に

甘い言葉を囁きます。

実はグッチーの任務は地球の偵察だけでなく

グルーの収集も任務に含まれていたのです。

もしグルーを差し出せば

あの事故の恨みは忘れる。

恨みをぶつけてからの甘い言葉。

精神的に弱い相手には効果抜群の方法。

デミルの幹部になるだけのことは

ありますわグッチー。

ジャンプ系作品で主人公が悪人に屈することは(ほとんど)ありません

宙太の頭の中。

過去の記憶が走馬灯のように蘇ります。

どれもこれも辛いことばかり・・・あれ?

辛いことばかりじゃないんじゃね?

はい来ました、

ジャンプ系作品特有の覚醒みたいなもの。

いきなりの手のひら返しw

そりゃあデミルの幹部さまもびっくりですわ。

さらに大人しく人質のふりをしていた

美鈴ちゃんがここにきて大暴れ。

グッチーの部下を倒して

グッチーとのタイマンバトルです。

この辺は良く動くし

作画の崩れもなく

作るのにお金かけているなぁと思います。

やっぱりジャンプ系だと

製作費がちがうんでしょうかねえ。

タイマンバトルは

グッチーの起こした爆裂波で

飛ばされた石のかけらが美鈴ちゃんを直撃。

え?

これで勝負ついたの?

美鈴ちゃんが危ない。

宙太の攻撃はグッチーの横腹を貫通。

丁度グッチーの体に埋め込まれた

デミルのチップを破壊します。

そしてここからまた急転。

なんとグッチーさん、

今までの行動はデミルを欺くために

やっていたと言いだします。

またあの事故も

宙太のせいではないとしっかりと明言。

その上宙太に自分の目的を伝えます。

グッチーの目的。

それは自分と一緒に瀕死の重傷を負った

残りの幼馴染たちを見つけ出すこと。

グッチーは残り二人も自分と同じように

救助されてこの宇宙のどこかで

生きていると確信しているようです。

そしてグッチーはデミルの幹部という地位を

利用して探す。

また宙太にもエルドライブの力で探して欲しい。

幼馴染の約束。

なんかいきなり良い話になりましたねえ。

でもグッチーもデミルを欺くために

仕事はきっちりとしなければいけません。

そのためにグッチーは

エルドライブの警察署(母船)への攻撃を始めます。

そういえば前回ジャミング受けて

署と連絡不能になっていましたね。

信号弾で連絡して宙太たちが

署内に戻った時には

攻撃受けている真っ最中。

署の周りには無数の機雷が巻かれており、

その攻撃を防御するだけで手いっぱいの状態ですけど、

宙太のアイデアで

形勢は逆転。

ここで模擬戦闘での猫姉さんのくだりが

生かされるとは。

さらに署長の予測が当たり、

デミルの母船の迷彩を剥ぎおとし、

とどめを刺そうとしていたグッチーの

機先を制します。

この辺が潮時とグッチーは

退却を指示して離脱。

これで戦いは終了です。

戦いの後

グッチーの墓参りをする宙太。

そこでグッチーの母親と対面します。

どうやらグッチーは

生きているということを

さりげなく母親に悟らせるように

手をうったみたいですね。

そして母親からの頼みを二つ返事で

引き受ける宙太。

良い〆です。

グッチーと宙太、

それぞれの方法で行方不明の

幼馴染2人を探すことになりますが

どうなりますやら。

まあ普通にグッチーを助けたのがデミルなので

残り2人もデミルに救助されているのが濃厚と

思いますけどね。

あとあの二人ってどうみても地球人には

見えません。

この辺もいろいろ伏線が張られているように

思えます。

さて実は今回、

ここで終わりではありません。

次回に繋がる話が最後の最後で出てきます。

マザーから送りこまれてきた監察官。

彼らの目的は美鈴ちゃんの逮捕。

一難去ってまた一難って感じですね。

今回のまとめ三行

・トラウマえぐられまくり

・グッチーの目的とは?

・美鈴ちゃんが犯罪者に?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする