おそ松さん第14話「風邪ひいた」「トド松のライン」「チョロ松先生」の感想 「十四松ってホント何者?」

あらすじ&感想(ネタバレあり)

今回は3本構成でした。
まず一本目は「風邪ひいた」
六つ子のうち
5人が風邪を引き、
残った一人が看病するという
コント風のお話。
何気に寝ているトド松が可愛いです。

まず看病するのはおそ松。
この人の場合は看病するためと称し
残り5人の財布をもって
買いだしに行くといって、
パチンコ行って擦ってきたゲス野郎ですけどw
当然他の5人に復讐されて
風邪にかかってしまいます。

次はトド松。
この人も看病ではありませんね。
あれは消毒ですw
でっかいバルサンもどきを部屋に撒いて、
5人が寝ている布団の周りに石灰を敷く。
トドメは火炎放射器w
過激ですわ。

3人目は一松。
一番不安でしたけど、
氷で冷やしたおしぼりで
全員に言うことを聞かせる
どS仕様。
キャラ通りでしたw

4人目はカラ松。
みんなからスルーされてましたw
みんなのカラ松への対応ブレませんねw
ちなみに最後は
簀巻きにされて隔離されてましたw

5人目は十四松。
はい異次元です。
治ったら分身の術使って
数万数十万?のミクロサイズに。
そのミクロサイズのまま
他の兄弟の身体に入りこみ
風邪の細菌を駆逐。
でも駆逐しすぎて
全員十四松みたいになってしまいまいたとさ。

あれ?チョロ松って看病するところあったっけ?

二本目は「トド松のライン」。
自分のことを何も言わないトド松。
ジムに通い始めたことも、
囲碁クラブに行っていることも、
そして富士山に登ったことも、

何も話さない末弟にお兄さんたち激おこ。
説教しますけどトド松はどこ吹く風。
素で悪いと思っていないところが
現代っ子って感じがします。

それでどこまで自分のことを話すべきかという
そのラインを引く場所の話題に。
何気にお菓子を食べながら喋っていて、
「だかしかし」を意識しているのかと思いましたw

まあ、結局トド松が逆切れして
全部包み隠さず話すようになり、
トド松がへそのシワフェチということが明らかに。
ディープ過ぎます。

そして次は兄弟の好きな人順位まで明らかに使用として
他の兄弟が降伏w
トド松策士ですわw

でもこれで終わらないのがおそ松さん。
最後の場面、みんなで銭湯に行こうとしますけど、
十四松だけいない。

何と十四松、株をやっていたようですw
で、十四松が買っていた銘柄が
粉飾決算でストップ安にw
慌てて十四松はどっかへ。

うん、やっぱり十四松が一番謎ですw
でも小野Dのイケメンボイスいいわ~。

そしてED明けに三本目。
トド松が若い先生、
チョロ松が教頭役をやるコント。
これに関しては
チョロ松役の神谷さん楽しそうに演技している
というのが感想でしょうかw

今回もしっかりとツボを押さえた良回だったと思います。
次回も楽しみです。

今回のまとめ三行

・ローテーションで風邪が治る六つ子
・トド松より十四松の方が謎が多い
・教頭がハイテンションすぎるw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする