AKIBA’S TRIP 第4話「無線HAMファイターズ」の感想 「無線ファン以外置いてけぼりの話だけどマニアックな話はなぜか面白い」

感想(ネタバレあり)

今回は無線がメインのお話。

もうね、無線ファン以外は

訳分からん話ですよ。

でも意味わからん話であっても

マニアックな話って面白いのですよね。

今回はそういう類のものでした。

スポンサーリンク

その無線のアンテナどうやって資金を捻出したの?

前回塩対応のアイドルに夢中になったと思ったら

今回は無線にハマってしまったタモツ。

何でも以前から無線をやっていたらしく

1級の免許を取ったそうです。

1級って結構むずかしいんじゃね?

でもアキバから外に出らでないのに

どうやって取得したの?

ああ、アキバから出らでなくなる前に

取ったのですね。

そう勝手に思っておきましょう。

小さいことに目くじらたてないのが

ご都合アニメのお約束ですから。

さて無線にハマったタモツにとって

アキバはまさに天国。

アニメなどの占領されていても

まだまだ無線の街は健在。

そして無線の機器を売っている店に

入ってマニア以外わからん話を始めるタモツ。

マニアックな題材がテーマになっているときに

よく見る風景です。

そしてマニアックな話をして

ご満悦なっているタモツでしたが

こんな時に何か起こるのがお約束。

いきなりスマホなどの電子機器が爆発。

外に出てみると秋葉原に謎の電波塔が。

そうこれもバグリモノの仕業。

今回は通信機器を電磁波で潰して

アキバの通信を遮断するつもりのようです。

そしてそれを指揮するのは

お団子頭の眼鏡っ子。

いかにもって感じの幼女ですわw

声やっているのは竹達彩奈さん。

竹達さん+アキバ=俺妹

って思い浮かべる人は私だけでないと信じたいw

さてこのお団子頭の眼鏡っ子、

どうやら博士の知り合いらしく、

つくば市の研究所で一緒に働いた仲だそうです。

一体あなた何歳なのw

そしてお団子眼鏡っ子は

師匠の柳生田博士と共に

秋葉原に第2東京タワーを実現すべく

奔走したが失敗。

それが今回の騒ぎに繋がっているかも

しれないと。

そこで解決策を見つけるため

柳生田博士に連絡を取ろうとしますけど、

柳生田博士は現在ブラジルで金採集に従事中。

そしてアキバでは通信機器は使えない・・・

無線を除いては。

はい、ここでもご都合主義きましたわ。

さらにピザのデリバリーの姉ちゃんのおかげで

柳生田博士と連絡取れて

電磁波を受け付けない物質も発見。

この辺結構強引ですけど、

こうしないと1話完結しませんからねw

電磁波を受けつけない物質を

体に張り付けて電波塔に突貫するタモツ達。

ここまで来れば勝利確実。

アッという間にお団子眼鏡っ子の服を脱がして

一件落着。

どうやら上級バグリモノではなかったので

お団子眼鏡っ子消えませんでしたね。

やっぱり博士の知り合いという設定のおかげでしょうか?

まあ、男性キャラだったら

知り合い設定でも

たぶん消えていた可能性大。

男性キャラに厳しく

女性キャラに優しい作品だと

思いますのでw

最後のシーンは、

タモツがFMラジオ局始めた隣で

お団子眼鏡っ子が

ブラジル渡って柳生田博士と

デッカイ金塊掘り当てた写真を

博士が見ているシーンで終了。

うん1話完結のマニアックな話で終わりました。

まあシリアス目な話より

こんな話の方が気軽に見れていいですわ。

それに繰り返しますが

訳分からんマニアックな話って何か面白いし。

今回のまとめ三行

・今度は無線にご執心のタモツ

・アキバに電波塔がキター

・アルミホイルじかに買った方が安くついたのに

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする