機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第40話『燃ゆる太陽に照らされて』の感想 「カッコいい生き様を示した名瀬とヘイト集めただけのイオク君、差があり過ぎで辛い」

感想(ネタバレあり)

前回、

鉄華団を目の敵にする

テイワズのジャスレイの策謀で

無能者のイオク君に目を付けられた

タービンズ。

孤立無援になりながらも

鉄華団を守るために

自分からオルガに支援無用と

話した名瀬でしたが・・・。

覚悟を決めた男の顔ってカッコいい。

でも名瀬には守るべき家族がいるはず。

だからできる限り

悪あがきしてほしいところですが。

今回はこの続きからです。

スポンサーリンク

名瀬の覚悟、リーダーとはこうあるべきだが・・・

名瀬は自分がすべての責任をとることで

自分の妻たち(部下たち)だけでも

助けようとするようです。

自己犠牲。

日本人が好きなシチュエーションですけど、

アミダやラフタ達がそれを良しとするでしょうか?

結局大事な家族を

巻き込むことになりそうな感じがします。

一方名瀬から拒絶されたオルガは怒り心頭。

オルガは名瀬の気持ちがわかっているので

やるせないのです。

メリビットさんが言うことが正論だとわかりますけど、

オルガは納得できません。

そして納得できないのは仲間たちも同じ。

オルガは地位が上がったので

簡単に動けませんが

オルガ以外の人間は別。

昭弘とシノは

オルガの黙認の元に

タービンズを側面支援することを

具申します。

鉄華団はやっぱりこうでなくては。

イオク君、無能な上に犬畜生に劣ることを平気でする卑怯者になり下がる

一方地球ではイオク君が

タービンズとの戦端を開くのと同時に

動けるようにマクギリスが準備万端の状態です。

マクギリスはやなり抜け目がありませんね。

タービンズの非戦闘員を逃がすために

タービンズの中継基地に留まる名瀬とタービンズの主要メンバーたち。

そこにイオク君率いるアリアンロッド艦隊が

襲い掛かります。

それを迎撃する主張するラフタとアジー。

でも名瀬は認めません。

あくまでも名瀬だけで時間を稼ぐつもりです。

そしてそれに従うアミダ。

たぶん名瀬もアミダだけは

言っても聞かないとわかっていたのでしょう。

名瀬と一蓮托生。

アミダも覚悟を決めているようです。

名瀬はイオク君に停船要請を出しますが

なんとイオク君はその要請に知らんふり。

そしてモビルスーツ隊は離脱している

タービンズの輸送船を攻撃。

イオク君最低。

ますますイオク君の評判落ちますわ。

最近の作品でここまで

ヘイト溜めるキャラは珍しいです。

輸送船を捨てランチで脱出を図るタービンズ。

でもイオク君は容赦しません。

モビルスーツ隊で追撃し

あくまでタービンズを殲滅する気です。

ラフタやアジーが迎撃しますが

数が違う上にモビルスーツの性能が違いすぎます。

絶体絶命。

でもここで昭弘とシノたちが到着。

かなりヤバかったですけど

ぎりぎり間に合いました。

弾が切れたのに昭弘たちと

戦おうとするラフタ。

そんなラフタに昭弘はこう言います。

俺に背中を預けろ。

昭弘カッコいい。

名瀬とアミダが最後の意地を見せる

でも戦いはアリアンロッド艦隊の優勢のまま。

名瀬は降伏信号を出して降伏しようとしますが

やっぱりイオク君は無視。

覚悟を決めているアミダは特攻。

それに恐怖を感じたイオク君、

ジュリエッタがいるのにモビルスーツ隊で砲撃。

味方がいるのに砲撃するなんて

どこまでヘイト集める気でしょう。

そしてアミダが最後の意地を見せた後に

名瀬も最後の意地を・・・。

名瀬は母船ごとイオク君の旗艦に特攻、

そして見事撃沈・・・と思ったら

角度が悪かったのか

イオク君の旗艦に衝突した後、

そのとなりにいた戦艦に突っ込み、

そのまま道連れに。

最後まで意地を通した名瀬とアミダ。

格好いいけど生きてほしかった。

今回はここで終了。

気が重くなる一方、

無能者のイオク君がどうなったのか気になります。

名瀬の最後の意地で死んでくれてたら

いいのですけど、

たぶん生きているでしょうね。

今回のまとめ三行

・自分を犠牲にして家族を守ろうとする名瀬

・無能者のイオク君、さらにヘイトを集める

・名瀬とアミダの命をかけた特攻でイオク君を仕留めた?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする