野生児でもトラウマには勝てない『うらら迷路帖』第3話の感想

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり

 

今回は、

前半がお使いに行った先でのハプニング、

後半は千矢ちゃんの

髪にまつわるトラウマの話でした。

 

 

 

スポンサーリンク

紺ちゃんは店員の方が天職じゃね?

 

ニナさんの注文していたうららの道具を

弁天屋に取りに行く4人。

 

でも途中には誘惑がいっぱい。

案の定その誘惑に引き寄せられる

千矢ちゃんと小梅ちゃん。

まあそういうキャラなので

仕方ありません。

 

でもなんとかその誘惑を断ち切り

弁天屋に到着。

 

弁天屋はうららの使う道具を扱う

占もの屋。

 

当然店内はうららの道具でいっぱいですので

今度は紺ちゃんのテンションがMax状態に。

 

でもこんな状態の時って

ハプニングがよく起こるもの。

 

いきなり登場した弁天屋の女主人のせいで

手に持っていた目玉水晶を落として壊してしまう

紺ちゃん。

 

当然弁償しなければいけませんが

なぜか紺ちゃん以外の3人も連帯責任で

弁償するため弁天屋で働くことに。

 

紺ちゃんだけ衣装が違うのは

女主人である古たぬきの趣味なのか

それとも適正を見抜いたのか知りませんが

知識豊富な紺ちゃんは大活躍。

 

店員がしっかりと説明してくれると

お客さんの購買意欲が高まりますからね。

 

その一方残りの3人は・・・。

まあ、力仕事に特化して裏方に徹している

千矢ちゃんはともかく、

小梅ちゃんとノノちゃんは売り子には向きませんね。

 

 

しかしこんなこと続けていても

いつ解放されるかわかりません。

つ~か、古たぬきは

1年間は働かせるつもりみたいですし。

 

で、古たぬきとサイコロで勝負することに。

勝てば目玉水晶壊した件は不問に

負ければ3年間働かされることに。

 

そして結果は・・・。

 

 

まあ、古たぬきはあくまで

紺ちゃんたちの

絶対にうららになりたいという信念

を見たかったのでしょう。

 

そして紺ちゃんたちは

古たぬきの御眼鏡に適ったと。

 

一応めでたしと言ったところですかね。

 

 

スポンサーリンク

野生児でもトラウマがついて回る

 

寝ている間に

千矢ちゃんの髪の毛が

小梅ちゃんの服のボタンに絡まって

一大事。

 

あんまり悩ましい声出すので

となりの部屋で仮眠を取っていた佐久さんが

目覚めて部屋に突入することにw

よくあるシチュエーションですね。

 

絡まった髪の毛が取れない以上、

髪の毛を切るか

ボタンを外すか

二者択一。

 

でもなぜか髪の毛を切ることを嫌う千矢ちゃんと

お気に入りの服のボタンを外すことに抵抗する小梅ちゃんの

利害対立で話が先に進まず。

 

そしてその後、

講義もトイレもお使いも二人一緒にやる

千矢ちゃんと小梅ちゃん。

これはこれで微笑ましいですけど、

当事者たちはたまったものでは

ないでしょうね。

 

おつかいの途中、

どうして髪の毛を切るのか

千矢ちゃんに尋ねる小梅ちゃん。

でも千矢ちゃんは答えません。

 

これに切れた小梅ちゃんは

自分の服のボタンをちぎって

無理やり髪の毛を外してしまいます。

 

まあ小梅ちゃんの気持ちもわかりますけど

友人でも秘密にしておきたいことって

あるのですよ。

だからここの場面は良い話ですけど

なんだかなぁとも思ってしまいます。

 

結局千矢ちゃんが髪の毛を切るのを嫌がる理由は

昔のトラウマのせい。

それを聞いて一件落着と思ったら

最後にオチが。

 

今回はここで終了。

前半の話は紺ちゃんメイン、

後半の話は小梅ちゃんメイン

となるのでしょうかね。

 

そうなると次はノノちゃんメイン?

キャラの性格などを掘り下げるために

メイン回は重要です。

次回以降もどんどんやってほしいですね。

 

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

 

・弁償の代わりに弁天屋で働く4人

・髪の毛がからまり離れられない千矢ちゃんと小梅ちゃん

・友達だからもっと知りたい