エルドライブ【ēlDLIVE】 第2話「スーパー・クール・スペース・ガール」の感想 「ヒロインの変身シーンが神々しい」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回もAパートは

前回に引き続き説明メインで

後半は美鈴ちゃんの一人舞台って

感じでしょうか?

 

ホントジャンプ系の主人公って

最初情けない意気地がない奴ばかり。

本作の主人公宙太もそれに該当して

美鈴ちゃんじゃないけどイライラさせられます。

 

でも美鈴ちゃんのツンツンしたところが

宙太によって引き出されると思えば

我慢できるかも。

 

 

スポンサーリンク

宇宙刑法の基本理念は更生、でも逆らう者は・・・

 

 

昨日の今日でまだ

エルドライブの一員になったことが

イマイチ実感できない宙太でしたが

美鈴ちゃんから夜勤の話が。

 

美鈴ちゃんとしては

こんなドスケベ野郎なんて

ほっときたいのでしょうけど、

 

同じ捜査課に配属されたうえ

同じ学校に通っている以上

夜勤があることを説明しなければいけないと

思ったのでしょうね。

 

しかしホント間の悪い時に現れるものです。

宙太がまたスケベな言葉を言っているときに

来なくてもw

 

当然美鈴ちゃんの宙太に対する好感度は

さらに低下(まだ下げ幅があるのなら)。

もうゴミ屑を見る目で

宙太を見ています。

 

いいですねえ。

はやみんボイスで

この冷たい目。

これは一種のご褒美ですわ。

 

 

ただ学校の途中で

夜勤とはどうなんでしょう?

こんなの続くと

確実に内申に響くと思うのですけど。

 

 

何やかんや言っても結局

美鈴と一緒に夜勤に行くことにする宙太。

 

ただ転送システムを管理する

シェロニモ巡査の腕がイマイチなので

署に転送されたときに

頭が地面の逆さま状態に。

 

お?

ということはスカートの美鈴ちゃんも・・・

くそー、SAO1期前半のEDみたいに

重力が仕事してねえw

 

それはともかく署に到着した一行。

でも昨日来た時と違い

人の気配ナッシング。

そうこの署内は夜。

だから夜勤なのです。

 

これから暇な夜勤が始まると思ったら

寝ぼけた署長の命令で

大嫌いな宙太に署内を案内してくれる美鈴ちゃん。

 

嫌々案内しているのがわかりますが

それがまたいいですわ~。

 

署内の案内が続き

宙太が留置場に案内されたとき、

宙太は何気に死刑とかあるの?

と美鈴ちゃんに聞いてみます。

 

すると美鈴ちゃんは

宇宙刑法の基本理念は更生、

ほとんどの場合更生施設に送られると説明しますが

ほとんど?

つまり例外もあるという訳ですね。

 

そして宙太は

 

「罪人にもチャンスがあるんだ、いいシステムだね」

 

とポロッと声に出してしまいますが、

この一言が美鈴ちゃんを怒らせてしまいます。

 

「あなたに何がわかるの?」

 

もしかして宙太、地雷踏んだ?

何かトラウマがありそうな物言いをする美鈴ちゃん。

顔が変わらなくても声で怒っているのがわかります。

 

 

そしてその後は当然のお約束、

凶悪犯の脱走です。

まあ、留置場の説明があったり、

宇宙刑法の話があった時点で

この展開読めましたが

ほんとベタベタですね。

 

地球に脱走した凶悪犯の顔面カニの宇宙人。

夜勤中の美鈴ちゃんと宙太が追いますけど、

顔面カニも当然それは想定内。

返り討ちにするために待ち構えます。

 

宇宙刑事らしく

黙秘権等の権利の説明をする

美鈴ちゃんが格好いい一方、

宙太はまた弱気に逆戻りで

視聴者イライラ。

 

ジャンプ系作品ってこんなんばっかり、

どうせ覚醒するのはわかっているから

早くしろといいたいです。

 

でもまあ、今回のメインは美鈴ちゃん。

 

 

 

しっかりと変身して

顔面カニの宇宙人を真っ二つにして成敗。

 

うん、捕まったら原則死刑はないけど、

捕まる前に抵抗したら殺されるんですねw

 

これにて一件落着。

ただし美鈴ちゃんがデレることもなし。

 

早く美鈴ちゃんがデレて欲しいけど、

しばらくは無理そうですね。

まあ原作読んでないのでわからないですけど。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・今日は夜勤

・美鈴ちゃんの変身した御姿は神々しい

・抵抗したら処刑可